【ちょっとひと息】市民講座の受講生から頂いた韓国旅行のお土産、プラス・ソウル最新事情

summer-still-life-785231_640

市民講座の受講生の方々は、本当によく韓国を旅行されます。私はここ数年、旅行できていないので、ソウルの最新情報などお土産話がとても楽しいです。

スポンサーリンク

先日、ソウルを旅行されたAさんが、講座のみなさんにお土産をくださいました。
Aさんは、年に何回も、時には今月2回行った?というくらいの「ソウル旅行マスター」です。

そのAさんからの各種お土産をご紹介します。

お土産その①「ストール」

ハングル模様(といっても訓民正音(훈민정음)のころの旧字体のようですが)のストール。
私は写真のオレンジをいただきましたが、グリーン、グレー、ピンクなど各色ありました。

1hira3

これを受講生14名分買ってきてくださったというので、ものすごい散財されたのじゃ・・・と気になってしまったのですが、さすが、「旅行マスター」であり「買い物マスター」でもあるAさんです。南大門市場で、なんと1枚2000ウォン(190円くらい)!!
さらに、お店のおじさんに「14枚買うから負けてくれ」と交渉したそうです。さすがに「それじゃ利益がでない」とまけてくれなかったそうです。

そして、受講生の方から衝撃発言がありました。
「それと同じものを、新大久保で2000円で買った」と。

お土産その②「五味子茶」

漢方五味子茶、教室で配っていただいた時に、まだ冷え冷え状態でした。

1hira2

五味子茶は、5種類の味のお茶という意味で、
甘味、酸味、塩辛い味、苦味、辛味がすべて含まれていて、人によって、体調によって、
味が変わるとか。先ほど検索したら、

苦味・・・心臓の機能が低下しており、貧血気味で栄養たっぷりの血液が不足
甘味・・・脾臓の機能が低下しており、老廃物がたまっている
酸味・・・ストレスがたまっている
塩味・・・下半身が冷えている
辛味・・・気管支が弱っていて、体のエネルギーが不足

らしいです。
今回、甘く感じました。老廃物だわ・・・。

そして、Aさんから衝撃発言がありました。
「この五味子茶と、ハングルストールは同じ値段です」
いやはや、ものの値段の不思議ミステリーです。

パッケージに書いてある「梧桐堂」を調べてみました。
ソウルNOWという情報サイトの紹介ページ
ビューティークリニックもやっているようですね。行ってみたい!

スポンサーリンク

お土産その③「お土産話」

Aさんは、本当に頻繁にソウルに行かれるのですが、いく度に、
「前に行ったお店がなくなっていて」と、
その変化の早さを強調されます。

私は、『ハングル最速レッスン』のために写真を撮りに行ったのが、
最後のソウル訪問で、それが4年前。
「4年前だったら、仁寺堂ですら、まったく別の街ですよ」
だそうです。むむむ。

スイスイ読めちゃう!ハングル最速レッスン [ 石田美智代 ]

価格:1,080円
(2016/4/17 11:00時点)
感想(1件)


↑ソウルで撮ってきた看板などのハングルを読んでみよう!という本です。
カタカナ語はすぐに読めるし、漢字語も意外と規則性があるのです。

そして、Aさんが見せてくれたのが、梨花堂(이화동、イファドン)の観光地図です。
「路上美術館」「壁画の街」として有名な観光地ですが、
なんと、「制服を着て街めぐり」というイベントがあるらしく、
制服やチマチョゴリのレンタルコーナーがあるそうです。
外国からの観光客より、地元韓国の人々がレンタルを利用していたそうで、
「きれいなチマチョゴリを着ているのに、足元みると運動靴」
という人もいたそうです。
観光地で、観光客観察するのも楽しいですよね。

こちらが梨花堂の写真。大学路の近くです。
こんな感じの壁画が見られます。
1hira1

1hira4

写真は鐘路区のHPから。鐘路区のHPで、あといくつか写真が見られます。

受講生の方々がソウルへ旅行されるたびに、私も一緒に堪能させていただいています。ありがとうございます~~。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る