映画「ハッピーエンドの選び方」の感想(ネタバレあり)

man-1050530_640

「ハッピーエンドの選び方」は、イスラエル映画だそうです。

スポンサーリンク

あらすじ

監督:シャロン・マイモン、タル・グラニット
言語:ヘブライ語

happyend

エルサレムの老人ホームに暮らすヨヘスケルはユニークなアイディアでみんなの生活を少しだけ楽にするような発明が趣味。
ある日、彼は望まぬ延命治療に苦しむ親友マックスから、「安らかに死ぬための機械」を発明してほしいと頼まれる。
妻レバーナは猛反対するが、お人よしのヨヘスケルは親友の頼みを聞いてあげたい。
ついに、「死にたい本人が自らスイッチを押すと苦しまずに最後を迎える装置」が完成。
マックスは、自らの意志で安らかに旅立つ。

しかし、秘密だったはずのその発明がうわさになり、周囲の人からの依頼が舞い込んでしまう。
そんな中、愛するレバーナに認知症の兆候があらわれ始め…。

感想(ネタバレあり)

「安楽死」という重苦しいテーマを扱いながら、気の利いたユーモアで、笑って泣いて、良い映画でした。
いろいろな映画評をみても、映画としての作りも優れていて、だいたい絶賛のようです。

お年寄り同士の友情がほほえましくうらやましく、さらに同性愛まであって、
「年を取っても楽しそう」という雰囲気がとてもよかったです。

物語の核は、主人公ヨヘスケルの妻レバーナの立場の変化です。
親友マックスの安楽死を手伝った時は、「殺人よ!」と非難していました。
が、自分の認知症が進むと、レバーナ自身が安楽死を望むようになります。

スポンサーリンク

認知症について

二人は老人ホームで暮らしているのですが、このホームでは、認知症のケアができないので、看護婦さんから認知症専門の施設を紹介され、見学に行きます。

ヨヘスケルは、妻が認知症施設に入ることを拒否し、
妻も、認知症が進むと「自分じゃなくなる」と恐れます。

実は、映画が始まる前に流れた予告編に、
「ゆめのほとり~認知症グループホーム福寿荘~」
というのがありました。
hotori

認知症の人は、何もわからない人、ではありません。本人なりの思いや願い・できる力を秘めている人です。グループホーム福寿荘で暮らす人々の、生き生きした心をスケッチしたドキュメンタリー」だそうです。

ヨヘスケルと妻が、認知症をとても否定的にとらえていたのと対照的です。

もちろん、「安楽死賛成」「認知症で生きること反対」ということではなく、
自分の生の終え方を「自分で選ぶ」ということが主題だとは思うのですが、
映画では、認知症が安楽死を選ぶ原因だというのが、ちょっとつらかったです。

安楽死がすべての答えではない

親友マックスが安楽死を望んだ時は、ヨヘスケルは葛藤しながらも、
「これがいいのだ」と信じて手を貸します。

でも、妻のレバーナが死を望んだ時には、
「なぜ、死を選ぶのだ」と荒れ狂うんですね。

ここらへんはとても共感しました。
旅立つ人:苦痛から解放されたい。愛する人に苦労かけたくない。
見送る人:愛する人と別れたくない。苦痛からは解放してあげたい。

当事者の希望を聞かずに、無条件、延命治療されるのも嫌ですが、
いざ、「選んでください」と言われても、簡単に選べるものでもない。
どうにか選んだ結果についても、あとあとまで、その選択が正しかったかどうか、悩むでしょう。

映画公式ホームページの監督コメントに、
「私たちは映画で、論争になるような現代社会の問題をあつかうようにしています」
と書かれています。

確かに、論争になりそうです。
親の介護をしている人、最近近しい人を亡くした人、病気を抱えている人、
それぞれ、見方や感想が違うと思います。

論争というより、それぞれの立場で、
自分とは違う受け止め方がある、というのが一番大事だと思いました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る