映画『スポットライト 世紀のスクープ』の感想

flowers-1209075_640

少し前ですが、アカデミー賞で作品賞と脚本賞を受賞した実録ドラマ『スポットライト』を見てきました。

スポンサーリンク

キャスト

監督:トム・マッカーシー
マーク・ラファロ:マイク・レゼンデス
マイケル・キートン:ウォルター・ロビンソン
レイチェル・マクアダムス:サーシャ・ファイファー
リーブ・シュレイバー:マーティ・バロン
ジョン・スラッテリー:ベン・ブラッドリー・Jr.

マイケル・キートンといえば、アカデミー賞受賞作『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の記憶が新しいですが、
賛否分かれた作品でしたね。私は否でした・・・。
1hira2
写真は公式HPより

あらすじ

2002年、アメリカの新聞「ボストン・グローブ」が、「SPOTLIGHT」と名の付いた新聞一面に、神父による性的虐待と、カトリック教会がその事実を看過していたというスキャンダルを白日の下に晒す記事を掲載した。
社会で大きな権力を握る人物たちを失脚へと追い込むことになる、記者生命をかけた戦いに挑む人々の姿を描いた作品。

予告編

感想(ネタバレあり)

新聞などでさんざん話題になっていたので、やはり見ておきたいなと思いました。
「ボストン・グローブ」に来た新しい編集局長が、カトリック教会のタブーに挑もうと提案。
すでに被害者の会もあり、告発を受けて動いている弁護士もいて、
「ボストン・ブローブ」でも記事にしている事件。
しかし、もっと病根は深いはずだということです。

新しく来た編集局長のマーティ。過激な方針を打ち出す割に寡黙。
1hira3

被害者に声を上げさせない仕掛け

神父による性的虐待事件ということ自体も衝撃的なのですが、
描かれているのは、
それをとことん隠そうとする教会の体質、
権力者に圧倒的に有利な司法その他の制度、
信仰によって成り立っている地元社会、
というものです。

被害者の証言を集めた記者のサーシャ
1hira5

一番泣けたのは、被害者たちの「信仰」につけ込む犯罪手口。
被害を受けた子供たちは、

特別な存在である神父様が特別扱いしてくれているんだ、
神父様と二人だけの秘密なんだ、
ゲイである自分を神父様が受け入れてくれたんだ

などなど、被害者であるにも関わらず、
子供たちに加害者神父を悪者と思わせないような、
たくみな「仕掛け」に、果てしなく悲しくなりました。

「信仰」って何だろう

本来は、人を救ってくれるはずの「信仰」ですが、
教会が大きくなり、力を手にしてしまうと、
その力=既得権益を守るために、誘惑が生じるのかもしれません。

スポンサーリンク

韓国映画の『トガニ』は、
障碍者施設で起きた、施設の長や職員による暴行事件を描いたものですが、
加害者は、熱心なカトリック信者であり、教会に高額な寄付をしていました。
この事件が告発され、裁判になったとき、
教会の信者たちが、告発した人たちを非難する場面がありました。

1hira4
「トガニ」の感想は書いていないのに、「運命のように愛してる」でも引用しましたっけ。

苦しむ人を救うはずの教会が、なぜ弱者をここまで苦しめるのだろうかと
とてもつらいシーンでした。

神を信じる者が、悪いことをするはずがない、
という思い込みなのか、
信仰を持つ者同士の世界に、よそ者が土足で踏み込んできた、
という排他的感情からなのか、
宗教、教会、信仰というのは、やっかいなものです。

タブーを破ると

偏屈の弁護士の信頼を得たり、
古い資料から神父たちの足取りを追ったり、
慎重に記事にまとめて、ついに新聞が発行されます。

若くて熱いマイク
1hira6

発行されたその日、新聞社の電話が鳴り続けます。
「自分も被害者だ」という共感や告発の電話でした。

自分の信仰心との葛藤や、保守的な土地のしがらみ、
絶大な権力をもつ教会組織への恐怖などなど、
口を開くより、黙っていた方がいいと、思わせるのが「タブー」。

教会だけでなく、タブーに押し殺されている「声」が、
ほかにもたくさんあるのだろう・・・
見ごたえのある映画でした。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る