映画『俳優亀岡拓次』、安田顕さんがすごい俳優だということがわかった

food-734302_640

映画『俳優 亀岡拓次』を見てきました。自分でもちょっと意外なチョイスです。

スポンサーリンク

キャスト

監督:横浜聡子
原作:戌井昭人
脚本:横浜聡子

安田顕:亀岡拓次
麻生久美子:室田安曇
宇野祥平:宇野泰平

ほかに、染谷将太、杉田かおる、三田佳子、山崎努などが、「え??」というところで、出てきます。

ストーリー(ネタバレあり)

なんでもこなせる脇役俳優、亀岡拓次は37歳で、独り身がさびしいとこぼしている。
チョイ役ばかりだけれど、周囲の人たちからは一目置かれている器用なベテラン。
豪華キャストなわりに、ストーリーというほどのストーリーはなく
「亀岡拓次」の日常を切り取りました、という感じです。

その中でも、ロケで訪れた長野の居酒屋で女性に惚れたり
憧れの外国監督の映画のオーディションを受けたり
舞台はやらない、といいながらチャレンジしてみたり
いくつか山場があります。

でも「なにも起こらない系」の映画なので、
女性に惚れても、振られるんだろうな、
オーディション受けても、落ちるんだろうな、
と予想できてしまいます。

最後は、「そして、日常はつづく・・・」という感じ。
poster2

なにも起こらない映画

どこかの解説にも、監督自ら「起承転結のない話」と言っているので、
いわゆる「物語系」が好きな人には、「で?なんだったの?」という物足りなさがあると思います。

あえていえば、「脇役俳優だけど、自分の人生は自分が主役だ!」という「物語」が
あるといえるかもしれません。
まあ、その「物語」も、振られたり、オーディション落ちたり、さえないわけですが。

私も「物語系」が好きなので、それほど満足したわけではありません。でも、
さすが安田顕さんは器用だなあ、とか、
おお!山崎勉か!?とか、
映画の舞台裏ってこんなのかなー、とか、
それなりに楽しんできました

ファン待望の主演?

平日の昼間に行ったのに、40数人席の映画館はほぼ満席でした。
ミニシアターにしてはめずらしく、おもしろい場面で声出して笑う人も多かったです。
けっして、うるさい感じではなく。
きっと安田顕さんのファンなんだろうな、という暖かい雰囲気でした。。

酒と二日酔いと

仕事が終われば飲んでるし、
撮影の遅れで時間があいたら昼間から飲んでるし、
仕事中でも、酒飲むシーンで本当に飲んでるし、
ずーーーっと酒飲んでます

相手役の人に「酒臭い」といわれ、
お腹押されて、げろげろ吐いちゃうし、
それって、プロとしてどーよ!と思いましたが、

そういうアクシデントも、プラスに転じる「神がかり的脇役」ぶりでした。
酒飲みは快哉を叫びたくなるかもしれませんね。

スポンサーリンク

私は、昔、浴びるほど飲んでいましたが、
寄る年波に勝てず、深酒すると翌日の仕事に影響がでるようになって、
ほとんど飲まなくなりました。

だから、酒飲むシーンが続くと、「おいおい、明日の仕事だいじょうぶ?」と
いらぬ心配をして、落ち着かなかったり(笑)。

それで思い出した韓国映画

酒ばっか呑んでんなあ、と思いながら見ていたら、
数年前に、「マイナーな外国映画特集」みたいな企画でみた韓国映画を思い出しました。

「昼間から呑む」
原題:낮술(昼酒) 2009年

これも「なにも起こらない系」の映画です。
とりあえず、「失恋を癒す旅」に出て、ずーーーっと酒のむシーンが続きます。

探せばあるものなんですね。
日本語字幕つきの予告編が出てきました。

そういえば、何度か女性とのからみもありましたね、ほとんど記憶にのこっていません。
予告編の最後のほうにもありますが、

若者
저는 속이 좀 안 좋아서
腹の具合が悪くて

おっさん
정력에도 좋고
精力にもいいし、
진짜 이거 속 푸는 데도 좋다니까
ほんとこれ、腹にもいいんだって

若者
그럼 한잔만
じゃあ、一杯だけ

これは「酒飲み、あるある」でしょうねえ。
「なにも起こらない系」映画で、酒飲みの「内輪ウケ」映画という、
ストライクゾーンのきわめて狭い映画です。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る