コチュジャン・カルボナーラというものを作ってみました

herbs-631570_640

うどんで作るカルボナーラ、というだけでうさんくさいのですが、おいしいです。

スポンサーリンク

由来

10年近く前ですが、友達の家に行ったとき、本人は不在でテレビがついていました(友達は母親と同居)。彼女の帰りを待ちながらつけっ放しのテレビを見ていて覚えた料理です。

メモをとったわけでなく、記憶もおぼろで、
なんとなく、こんな感じ
で作っているので、もともとのレシピとはかなり違うかもしれません。

材料(一人分)

うどん 1玉
ゆでておく必要があればゆでておきます。
スーパーで最もポピュラーな「ゆでめん」は、そのままでOKです。

ベーコン 適量
アレンジで、豚肉にしてみたり、ハムにしてみたりしましたが、
やはりベーコンが一番おいしいような気がします。

コチュジャン 適量
好みで量を変えられます。

にんにく 1かけ
たくさんいれてもおいしいです。
スライスしておきます。

オリーブオイル 適量
たまご 1個
パルメザンチーズ 適量
すりごま 適量
コショウ 適量

スポンサーリンク

作り方

どんぶりに、
生卵、パルメザンチーズ、すりごま、コショウ
をいれておきます。
1hira2
パルメザン、すりごまは、大量に投入するとおいしいです。
この写真、すりごまを入れ忘れています・・・。

フライパンを熱して、
オリーブオイル、スライスしたにんにく、ベーコンを炒めます。
1hira1

にんにくとベーコンに火が通ったら、
水をいれて、コチュジャンを溶きます。
1hira3
コチュジャンの量はお好みで。
この写真の量だと、結構からいです。

コチュジャンを溶いたら、うどんを投入。
1hira4
袋からだしたうどんをほぐすために、水は多めがいいです。
うどんがほぐれたら、強火で水気をとばします。

あつあつのうどんを丼にいれて、手早くまぜて出来上がり。
1hira5
あ、すりごま入れるの忘れていました・・・。

自分一人で食べるなら、丼で直接まぜてると洗い物が減ります。
見た目を考えると、本来的には、
ボールでまぜて、きれいな器にもりつけ、
するべきでしょうけれど。

フライパンで炒める時に、玉ねぎやキノコ類いれても
美味しいと思います。
いろいろアレンジできそうなので、ぜひお試しください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る