韓国ドラマの初体験は「ごめん、愛してる」

daisy-712892_645

私が初めて「韓国ドラマのおそろしさ」を実感したドラマをご紹介します。

スポンサーリンク

韓国ドラマは生活を破綻させる

韓国語学習歴30年ですが、韓国ドラマは授業の教材で使うことになってから見始めました。もともとテレビを見ないというのも理由ですが、実は、もう一つ理由があります。

冬ソナのブレイクが2004年ですから、それから少し経った頃、韓国人の友達から、「本当に面白いよ!」と強力に進められたドラマがありました。
彼女は私が冬ソナにも興味ないし、テレビも見ないと知っているのですが、「絶対、気に入るから!」とDVDを押し付けられました。

借りてしまった以上、ちょっとでも見ないと悪いかな、と再生してみたところ…、
結局、明け方まで見てしまいました。
それが、「ごめん、愛してる」です。
gomen
photo:KNTV

次の一枚で終わりっ!と決心しても、ホント、ドラマっていいところで終わるので、また次の一枚に手が伸び、全17話だから朝になっても見終わりません。
小学生だった子ども達を学校に送り出してから、最後までみてしまいました。

当然ながらその日は一日仕事にならず、韓国ドラマの恐ろしさを実感したわけです。そういうわけで、「韓国ドラマで生活が破たんする。韓国ドラマ、見るまい」と心に誓いました。

 

事必帰正?

それにしても、全17話、一気にみせるほどに、面白かったですね。
しかも、その後の授業で、「ごめん、愛してる」のネタをかなり使わせてもらいました。

初回、登場人物の男性のセリフに、
인과응보, 사필귀정
という言葉が出てきます。

最初にこの言葉が出てきたシーンを探せなかったのですが、
回想シーンで見つけました。
7分44秒あたりに出てきます。

아저씨
눈매가 니 애미랑 많이 닮았다
사필귀정, 인과응보
선조들이 참 똑똑해.
어떻게 그렇게 기가 찬 말을 만들어냈을까?

目元が母親にそっくりだ。
事必帰正、因果応報
先祖はかしこいね。
こんな言葉を作り出すなんて。

인과응보は漢字で書くと「因果応報」。これは知っていましたが、사필귀정は、このドラマで知りました。

사필귀정 事必帰正:すべての過ちは、必ず正しい道理に帰する

日本では「因果応報」はよく使いますが、「事必帰正」は聞きませんね。韓国ではこのふたつをセットで用いるようです。

スポンサーリンク

 

すばらしいタイトル

そして、このドラマのタイトル「ごめん、愛してる」。韓国語では、
미안하다, 사랑한다
です。「ごめん」が미안하다で、「愛してる」が사랑한다です。
「愛してる」には사랑한다とㄴがついています。このㄴは何か。미안하다にはなぜ、ついていないのか。

それは、미안하다(すまない)は形容詞で、사랑하다(愛してる)は動詞だからです。
ていねい形と非ていねい形の対応でみると分かりやすいでしょう。

韓国語には、ていねい形が2種類あります。「行く(가다)」のていねい形、「行きます」は、가요と갑니다となります。

사랑하다で説明すると、
ていねい形(愛してます)は、   사랑해요      사랑합니다
非ていねい形(愛してる)は、   사랑해         사랑한다
韓国語の動詞は、このように「非ていねい形・現在」の形があるのです。形容詞にはありません。

形容詞미안하다だと、
ていねい形(すみません)は、   미안해요          미안합니다
非ていねい形(すまない)は、          미안해             미안하다
形容詞の「非ていねい形・現在」は、いわゆる「原形」と同じ形になります。

初級を過ぎて中級レベルになると、動詞の「非ていねい形・現在」の形が出てきます。その時に、「“ごめん、愛してる”の韓国語タイトルはご存知ですか?」と説明に使っています。内容も素晴らしいけれど、韓国語学習者にとって有益なタイトルをつけてくれて、とても感謝しています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る