『コーヒープリンス1号店』第16話 好感もてる男女関係の描き方

cactus-1578954_640

GYAO!で配信されている『コーヒープリンス1号店』、大人気作なので、今回見てみました。気が付けば、韓国での放送から10年たっているんですね。

スポンサーリンク

男装の少女モノ

9
(写真:韓国語ウィキより)

あらすじ

お金持ちの男性(ハンギョル)がコーヒー店を経営することになり、男の子と間違われた女の子(ウンチャン)が、そのまま男性として働き始める。
ハンギョルとウンチャンは惹かれるものの、ハンギョルは自分が同性愛者なのかと悩む。
ウンチャンが女性だと分かり、最初は騙したのかと怒ったけれど、すぐに恋愛成就に喜ぶ。

ハンギョルが同性愛者かも?と悩むところは、「同性愛=異常」という前提なので、LGBTへの差別をなくそうという流れからは、好ましくないかな~、10年前の作品だからな~、と思いながら見ていました。

ところが、男女の恋愛になってから、「自立した対等な関係」が描かれていて一気に好感度アップしました。

『コーヒープリンス1号店』16話

ハンギョルの祖母が倒れ、祖母の古い友人であるコーヒー店のホン社長がお見舞いに来た場面です。

いつも汚い恰好をしているホン社長がスーツを着て現れたので、
0
字幕:この暑い中、スーツまで来てご苦労さん。
セリフ:그렇게 챙겨 입고 오느라고 애썼다 야.
直訳:そんなふうにちゃんと着て、頑張ったね。

ホン社長はネクタイを手にもって、
1
字幕:ブランド物ですよ。
セリフ: 이게 제예요 제!!
直訳:これ、製ですよ、製!!

と濃音で発音されています。
昔、留学中に、미국제(アメリカ製)、중국제(中国製)、프랑스제(フランス製)などの제(~製)だと教えてもらった記憶があります。

字幕は「ブランド物」となっていますが、ホン社長の年代からみて、
海外製品(舶来モノ)を有難がる古い世代
だということを表すセリフじゃないかな、と思います。
今どき、海外製品を自慢する人もいませんからね。

このホン社長は、古臭いようでいて、
結婚なんて、男女が依存しあってるだけで、
意志薄弱な人たちがするもんだ。
もっと自由に生きるのがいい、
なんてことを言う、なかなかイカしたやつです。

スポンサーリンク

フェミニストっぽい?せりふ

売れっ子美人画家のユジュとめでたく結婚したハンソン氏ですが、
5
字幕:僕は仕事や飲み会で家に帰らないときもあるのに、
セリフ:나는 밤새 술 마시고 작업할 거 다하면서
直訳:僕は朝まで酒飲んで仕事しておきながら、

3
字幕:ユジュが徹夜で仕事していると辞めさせたくなる。
セリフ:유쥬가 집에 안 들어오고 밤새 작업하는 거 보니까 일 포기하란 말 여기까지 나온다.
直訳:ユジュが家に帰らないで朝まで仕事しているのを見ると、仕事やめろという言葉がここまで出てくる。

4
字幕:だから女は結婚を嫌がるのか。
セリフ:그래서 여자들이 결혼하기 싫은 건가?

おお!そうだ!そうだあ!!!
膝を打って同意した人も多いのではないでしょうか。

6
字幕:自分の女になった瞬間、思い通りにしようとする。
セリフ:여자가 내 여자가 됐다 싶은 순간 그 여자가 내 뜻대로 살기 바라는 거야.
直訳:俺の女になったと思った瞬間、その女性が自分の意のままに生きてほしいんだよ。

7
字幕:愛する人の人生を自分の好きにしていいのか。
セリフ:내가 여자를 찜했다고 그 여자 인생을 마음대로 할 수 있나?
直訳:この女だと決めたからってその女性の人生を意のままにできるか?

8
字幕:好き勝手にしたいぜ
セリフ:마음대로 하고 싶다, 진짜.
直訳:意のままにしたいよ、まったく。

若い男性の、古い価値観VS新しい価値観の葛藤が、
正直に語られていて、ふふっと苦笑しました。

セリフのピンク色の部分、

=意味、意思、気持ち
마음=心

대로が「~通り、~のまま」なので、ここでは、
뜻대로마음대로も、同じ意味「意のまま、心のまま」で使われています。

は「(言葉などの)意味」で使われている方がなじみがあるかもしれません。
무슨 뜻이에요?どういう意味ですか?)など。
뜻대로は、文脈によっては「(その単語の)意味通り、文字通り」という意味にもなります。

さて、本題の男たちの本音トークですが、
男が望むような女性。
家で自分の帰りを待っていてくれて、
束縛させてくれて、
秘密を持たずに、自分のいうことを聞いてくれる女性。

でも、この二人の男性は、そういう女性だったら物足りないんでしょうね。
自分の思い通りにならない女性だからこそ、好きなんでしょうし。

それに、相手に自分の希望を聞いてほしいのは、男に限らず、ですよね。
私が望む男性。
家事全般やってほしいけれど、私の好きな方式で、
構ってほしいときだけ構ってくれて、
それ以外は、スイッチオフにできるパートナー。

あ、これは、恋愛相手ではなくて、単にお手伝いさんがほしいということでしょうか(苦笑)。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る