『応答せよ1988』第4話で2度登場するイム・ビョンスの「アイスクリームの恋」

rose-3028519_640

『応答せよ1988』の韓国での放送がちょうど2年前(2015~2016)だったんですね。今年の正月は『応答せよ1988』一色で過ごしています。

スポンサーリンク

『応答せよ1988』第4話「Can’t help ~ing」

オリジナルの全20話バージョンの第4話です。私が見た全42話バージョンだと第8話になります。全20話バージョンは、それぞれに副題がついていました。

高校2年生の4人はドクソンの姉ボラ(ソウル大生)から勉強を教えてもらうために集合しています。


勉強が苦手なドクソンとドンニョン。
数学も物理のまったくゼロ、せめて英語は?と思ったけれどやっぱりダメで。
1
「知ってる単語は?」と聞かれて、「I,my,me,mine」とか言っているし。

ドンニョンが「ドイツ語も知ってるよ!」と自慢。
2
der des dem den・・・

3
優等生のソヌが受けてくれたところで、全42話バージョンは終わっていました。

オリジナルバージョンは、この後、ドクソンが「私はスペイン語もできる!」と張り合います。動画の46秒から
4
スペイン語!といって、歌いだした歌が
임병수(イム・ビョンス)の아이스크림 사랑(アイスクリームの恋)

길을 걸으면 밝은 햇살이
外を歩くと、明るい日差しが

흘려내려와 나를 부르네
注いで、君を呼ぶよ

Chiquilla mia Somos
찌키야 미아 소모스

como el temporal
꼬모 엘 땜뽀랄

que arrastra todo y no
께 아랄스타 또도 이 노

le importa donde va
레 임뽀르타 돈데 바

Nuestro carino es un
누에스타 카리노 에쓰 운

barco en alta mar
바르꼬 엔 알타 마르

Navega libre Sin temor a naufragar
나베가 리브레 씬 때모르 나우프라가르

Carino mio, somos dos
까리노 미오 소모스 도쓰

Y tu y yo lanzamos el amor
이 뚜 이 요 란싸모쓰 엘 아모르

Y tu y yo directo al corazon
이 뚜 이 요 디렉토 알 코라쏜

al corazon eres carino mio
알 코라쏜 에레쓰 까리노 미오

사랑스러운 나만의 그대여 언제까지 곁에 두고파
かわいい僕だけの君、いつまでもそばにいて

나의 마음을 흔들어놓은 입맞추고픈 영원한 나의 사랑아
君の心を振るわすキスをしたい永遠の愛

スポンサーリンク

イム・ビョンスは、韓国生まれの南米育ちの歌手です。
スペイン語部分、日本語で言うところの「カタカナ英語」みたいに、
「ハングル・スペイン語」になっているんだろうな、という感じです。

囲碁で負けたテク


そして、負け知らずのテクが囲碁の試合で負けてしまいました。大人たちは「そっとしておきなさい」というけれど、ドクソンたちは構わずテクの部屋へ。

ジョンファン
5
어유, 너 완전 깨졌다며? 잘한다.새끼야! 동네 창피해서 어디 다니겠냐?
負けたんだって?恥ずかしくて外歩けないな!

ドクソン:이 언녕!テク、アンニョン
ドンニョン:택이 졌다며?テク負けたって?

ソヌ:야! 너 발렸다며? 그래 이때쯤 한번 질 때 됐어, 요때쯤 한번 딱 질 타이밍이거든.
やられたって?そろそろ負けるタイミングだったよ。

どんどん表情が硬くなって泣きそうだったテク
7
실수야
ミスだった

8
ドンニョン:실수같은 소리하고 있네. 천재 바둑기사가 실수를 하면 쓰나!
天才囲碁選手がミスなんかしちゃだめだろ。

テク:난 맨날 이기냐?
勝ち続けろって?

9
넌 맨날 이겨애 돼. 져서도 안되고 징크스도 안되고 슬럼프도 안되고 똥도 싸면 아! 똥은 싸라, 대신 남새가 나면 안돼.
勝ち続けるんだ。負けるな、ジンクスもダメ、スランプもダメ、ウンコもダメ、いやしてもいいけどくさいのはダメ。

思わず笑ったテクに
ジョンファン:야! 지금 웃을 때냐? 욕을 해! 차라리 욕을! 욕해봐, 이런 씨발 좆같네!
笑ってる場合か?いっそ吐き出せ!このクソ野郎!

(悪口)の講習会となり、あきれたドクソンがテレビをつけます。
12
おお、本物のイム・ビョンスが映り、「アイスクリームの恋」が流れます。

普段、踊り担当はドクソンとドンニョンですが、この時はソヌにジョンファンやテクまで踊りだすというなんとも幸せな場面で終了。

天才のテクが自らにかけているプレッシャーを、幼なじみたちが解除してあげるところ。なかなか、ここまで人の心に踏み込むことはできません。
日本だと干渉と感じるだろうことが、韓国だと温かい配慮になる。
私はこういう配慮をするのも苦手、受け取るのも苦手なので、ただただ羨ましいです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る