『応答せよ1988』ボラを通じて描かれる当時の学生運動について

flowers-806328_640

映画『1987』が公開されたタイミングでドラマ『応答せよ1988』を見たせいか、ドラマで描かれる学生運動にもつい目が行ってしまいます。

スポンサーリンク

ボラ当時の一般的な大学生

映画『1987』で描かれる6月民主化闘争によって「民主化宣言」を勝ち取ったものの、直接選挙で選出されたノ・テウ大統領も元軍人で、民主化勢力に対する弾圧はその後も続きました。

1988年の大学生たちも、デモにでかけるのが普通でした。ソウル大学生のソン・ボラもそういう環境にいたわけです。しかし、テレビにボラの顔が映ってしまい、家族の知るところになり・・・。
7

いつ民主化が実現するかもわからない当時、
「運動歴」は就職に際して不利だし、
何より警察に捕まれば拷問される危険があるし、

親は当然、心配なゆえに反対します。
ボラは、親から厳しく叱られ、部屋に閉じ込められますが、すきをついて外に出たところ…。

警察に見つかってしまいます。
8
字幕:ソン・ボラだな
セリフ:성보라, 맞지?

9
字幕:総学生会連合のチョ・ホンを知っているな。
セリフ:너 조홍 알지? 서총련 의장 서울 대학교 총학생 회장 조홍,

映画『1987』では、朴鐘喆の拷問死が取り上げられていますが、朴鐘喆が拷問されたのは手配中のほかの学生の居所を聞き出すためでした。だから、ソン・ボラも、チョ・ホンの行方を聞き出すために連行されたら・・・と、本人は相当恐怖です。

厳重注意で釈放

警察に連行されますが、心配して駆けつけてくれたご近所さんたちにお父さんが説明したところによると、
10
字幕:厳重注意で釈放されます。
セリフ:훈방조치 된다고 하더만

警察に名前と顔までチェックされていたことを考えると、厳重注意で帰されるというのは、あまりに拍子抜けな感じです。
もちろん、ここでボラが拷問!となると、ドラマのテーマが変わってきてしまいますが。

ボラの学生運動に、火を吐くほど反対していたお父さんですが、「きつく叱ってやれ」というご近所さんに対して、娘をかばう発言をしてくれます。
11
字幕:うちの娘は悪いことをしたわけじゃないんだ。
セリフ:야, 이 사람아, 뭐라고 혼을 낸당가. 나쁜 짓을 한 것도 아닌디

頭では学生たちの民主化運動への理解をしているけれど、かといってそのために我が娘が社会的に不利益を受けることになるのは困る、
ということでしょうね。親心。

スポンサーリンク

先輩の連行・逮捕

その後、ボラが先輩から車を借りてきた場面があります。

5
字幕:この車どうしたの?
セリフ:이거 어디서 나왔노

4
字幕:先輩がよそへ行っている間、借りたの。
セリフ:선배 꺼. 잠깐 어디가서 내가 몇달 쓸거야.

6
字幕:行先は刑務所か。
セリフ:깜빵. 깜빵

当時、学生運動で連行→拷問、という時代だったことを考えると、こんな軽いやりとりはあり得ない!と思ってしまいます。
行先を、刑務所じゃなくて、旅行とか兵役とかでもよかったのに。

当時の社会状況のリアリティを保ちながら、ドラマのテーマである家族愛がボケないように、バランスをとったのでしょう。

『応答せよ1988』に、ドはまりしているがゆえに、細かいところが気になってしまいました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る