『PMCザ・バンカー』主演ハ・ジョンウは動かないのにアクション映画?

tunnel-237656_640

コロナウィルスの感染危険度を見ると、映画館は密閉空間で人混みだから避けるべきかと悩みます。しかし昨今の映画館、残念ながら人混みじゃないです。広いスクリーンで前後左右に人がいない、飲食しない、前後に手を洗う、という対策とって、映画館に行ってきました。

スポンサーリンク

『PMCザ・バンカー』

2018年12月公開(韓国)
4 (2)
監督:キム・ビョンウ
(同じハ・ジョンウ主演「テロ、ライブ」の監督さん)

キャスト
エイハブ:ハ・ジョンウ
(グローバル軍事企業(PMC)のキャプテン)
ユン医師:イ・ソンギュン
(北朝鮮の軍医。名前はあれど作中「北朝鮮」と呼ばれる)
マック:ジェニファー・エル
(CIAの指揮官。エイヘブたちに命令を下した人)

あらすじ
グローバル軍事企業(PMC)ブラックリザードのキャプテン、エイハブ(ハ・ジョンウ)はCIAから、南北対立で作られた秘密地下通路(バンカー)を使って北朝鮮の要人を拉致する作戦を任された。しかしアメリカ(大統領選挙前)、中国、北朝鮮各国の罠が入り乱れ、仲間内の裏切りまで発生し、エイヘブたちは見殺しにされそうになるが・・・。

予告編

『PMCザ・バンカー』の前評判

予告編にもあるように、セリフは英語だし、
ハリウッド規模のアクション映画、という触れ込みでした。

それから使っている武器の種類の多さなど、
軍事オタクからの称賛の声もありました。

ネガティブな評価も結構あって、
戦闘シーンをリアルに移すために、画面の揺れが激しい、
各国の思惑が錯綜しすぎて、理解しにくい、
イ・ソンギュンのセリフがまるで聞き取れない、
最後に「南北友好」のメッセージが押しつけがましい、

というレビューが目につきました。

映画見た後、正直、これらネガティブな評価はうなずけるものでした。
あ、イ・ソンギュンのセリフは、日本語字幕があるので気になりませんでしたが。

ありがとう、北朝鮮

予告編でも、
危険な状況で仲間を守れるか、とか
日本語版のチラシでも、
4 (3)
俺が絶対守る、とか、

キャプテン・エイハブと彼の10数名の部下との物語かな
と思っていましたが、
エイハブと、北朝鮮の軍医とのお話でした。

作戦が「北朝鮮の要人を拉致」ですので、
要人が死んでしまってはならいので、軍医の助けが必要。
そこから、エイハブと軍医との友情が芽生える、というお話です。

作中、エイハブは軍医を
북한プッカン(北韓=北朝鮮)
と呼び、
軍医はエイハブを
남조선ナムチョソン(南朝鮮)
と呼びます。

もちろん自己紹介なんかする暇ありませんから、
お互いの名前を知らないのは仕方ないにして、
また、軍医は国の指導者の側近ですから「北朝鮮」を代表してもいいですが、

エイハブのPMCメンバーたちはほぼ不法移民ですから、
「国」に見捨てられた流れ者。
「国」というものに、複雑な感情を抱えている人たちだと思います。

エイハブだって元韓国軍の英雄なら恩給で暮らせないのかしら?
好きでPMCやってるわけじゃないでしょうから、
十分保障しない韓国に不満はないのかしら?

という疑問が渦巻くので、エイハブが「南朝鮮」と呼ばれて、
この二人の友情を「北朝鮮と韓国の握手」に例えることに、
非常に無理を感じてしまいます。

ラストシーンで、監督はこれを撮りたかったのかなと、
プンプン臭うシーンがあります。

エイハブが命を懸けて救出した軍医が、無事助かって、目を開けた時、
ありがとう、北朝鮮고마워, 북한 コマウォ プッカン

ぜんぜん感動できませんでした。

スポンサーリンク

動かないハ・ジョンウ

とりあえず、アクション映画と言われていますが、
エイハブ(ハ・ジョンウ)は動きません。
過去にパラシュート事故で足を負傷しているからです。
さらに、映画冒頭で足を撃たれて、大動脈まで負傷しますから、
立ち上がることさえ困難に。

なので、エイハブ(ハ・ジョンウ)は司令塔として
たくさんのモニターを見ながら、出口や敵の位置を指示します。

アクションは主にエイハブの部下たちが担当するのですが、
それぞれのキャラ説明もない上に、
そもそもエイハブと部下たちの友情がメインではないので、
部下たちのアクションは目立ちません。

指令室から動かないハ・ジョンウ・・・
『PMC』の予告編にあるこのシーン
4 (2)
なんか、既視感あるな、と思ったら、
同じ監督の「テロ、ライブ」です。

同じ監督の作品『テロ、ライブ』

キム・ビョンウ監督の2013年の作品
「テロ、ライブ」予告編

国の犠牲になったのだから大統領の謝罪を求める、
というテロ犯と、
謝罪をあくまで拒む国、というお話でした。
対立が分かりやすくて、
メッセージも押しつけがましく感じませんでした。
私は、『PMC』よりこちらの方が楽しめました。

この作品でハ・ジョンウは、イヤホンに爆弾を仕掛けられて、
動いたら、爆発する
という理由で、ラジオのスタジオから動けなくなります。

密室モノが好きな監督さんのようですね。

「テロ、ライブ」の原題は、
더 테러 라이브 The Terror Live
テロは테로じゃなくて、테러なんですね。

よろしかったらお願いします!

韓国語ランキング

自己紹介はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの韓国語の勉強に少しでもお役にたちますように!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

ページ上部へ戻る