映画『スウィンダラーズ(原題:꾼 クン)』またまた天才詐欺師の物語

paint-2985569_640

ヒョンビン主演の、またまた「盗まれても警察に申告できないような悪者を狙う詐欺師」のお話です。イ・ミンホの「青い海の伝説」も、チャン・グンソクの「スイッチ」も、義賊的詐欺師でした。

スポンサーリンク

キャストとあらすじ

2017年11月公開(日本での公開は2018年7月)
5
公式HPより

監督:チャン・チャンウォン
ヒョンビン:ファン・ジソン(詐欺師)
ユ・ジテ:パク・ヒス検事
ペ・ソンウ:コ・ソクドン(詐欺師)
パク・ソンウン:クァク・スンゴン

あらすじ
稀代の詐欺師、チャン・ドゥチルが死亡した。しかし実は、権力者たちがチャン・ドゥチルを庇うための偽ニュースではないか、つまり彼はまだ生きている!?という噂も出回る。
ドゥチルを捕まえるために、詐欺師たちとパク検事が手を組むが…。

予告編

モデルになった実際の事件

チョ・ヒパル事件をモチーフにした作品です。
大きな詐欺事件を起こして逃亡し、死亡したはずが、いまだ生存説が根強くある人物です。
そういえば、映画『マスター』もチョ・ヒパル事件をもとにした映画でした。
チョ・ヒパル事件について。

『マスター』は、ずばりチョ・ヒパルと思われるチン・ジンピョ(イ・ビョンホン)を中心のお話ですが、
『スィンダラーズ』は、チョ・ヒパルに該当するチャン・ドゥチルは出てこなくて、彼の背後にいる権力者と詐欺師のお話です。

スポンサーリンク

タイトルの邦題と原題

映画タイトルの「スウィンダラーズ」、耳慣れない横文字ですが、
swindler詐欺師
の複数形です。

韓国語原題は、(クン)。
2
最近、詐欺師のドラマや映画が多いので、よく耳にする
사기꾼(サギックン):詐欺師
の「師」を意味する

原題の(クン)は、
いろんな方面(偽造、盗聴、誘惑等々)に長けた人々
という意味で、詐欺師も含まれますが、もっと広い意味ですね。

辞書には、
それを職業としている人。またはある事柄を一時的または習慣的に行なう人。
と出ています。

사기(詐欺)につくと사기꾼(詐欺師)。
장사(商売)につくと장사꾼(商売人、商売の上手い人)。
낚시(農業)につくと낚시꾼(釣り人、釣りの上手い人)。

そういえば、ドラマ『ヒーラー』でチ・チャンウクが演じたヒーラーは
闇の便利屋:밤 심부름꾼
심부름は「お使い」なので、심부름꾼は「お使いをする人」です。
(夜)の심부름꾼(お使いをする人)が「闇の便利屋」になったんですね。

ネタバレなしの感想

相変わらず、ヒョンビンは格好いいです。
3

でも一番印象に残ったのは、ユ・ジテ。
4
ドラマ『ヒーラー』に出ているユ・ジテしか知らなくて、その時は「いい人」だったので、最初は暴力的な検事の役にとまどいました。
でも、「追い詰められる悪い検察官」が結構、似合っていて…、つまり、演技がとても上手だったということですね。

ストーリーは、「ああ、また詐欺か」という若干食傷ぎみ、さらに多分、こういう「騙しあい」に慣れている人は、途中で結末の予想がついてしまうかもしれません。でも「騙しあい」に慣れていない人は「えー!!!やられた!!」となるでしょう、きっと。
ぜひ「ネタバレ厳禁」で見てください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る