ネットフリックス映画『20世紀のキミ』初恋への強いこだわり『二十五、二十一』のデジャヴ

easter-eggs-g6f8bba7c0_640

タイトルだけ見て、SFモノと思って見始め、数分でSFではないと分かったけれどせっかくなので最後まで完走しました。いろいろモヤモヤしたので、あれこれ考えたことをつらつら書いてみます。

スポンサーリンク

『20世紀のキミ』

2022年10月21日 ネットフリックス公開
原題:20세기 소녀(20世紀少女)
3 (5)

監督・脚本:パン・ウリ
(これが長編デビュー作)

キャスト
ボラ:キム・ユジョン
(主人公の高校生)
ヨンドゥ:ノ・ユンソ
(ボラの親友、心臓手術のため海外へ)
ヒョンジン:パク・ジョンウ
(ヨンドゥが一目ぼれした相手?)
ウンホ:ピョン・ウソク
(ヒョンジンの親友)

あらすじ
ヨンドゥは、心臓の手術のために韓国を離れる直前に
ヒョンジンに心奪われる。
ユンソが海外にいる間、ボラはヒョンジンに関する情報を集めて
ヨンドゥに書き送る。
ボラは、ヒョンジンのそばにいるウンホが気になりだし、
一緒に映画に行く約束をしてうきうきしていた時に、
無事手術を終えたヨンドゥが帰国し・・・。

予告編
(画像をクリックすると動画になります)
3 (8)

初恋による初恋の物語

映画を見た後、予告編をみていたら、
初恋のための、初恋の物語
というフレーズを発見、とても納得しました。

初恋=かなわないもの

かなわないからこそ、忘れられないし、
どんどん美化されて、
その後のどんな恋愛にも勝る存在になるのかも。

うーん、私にはそういう「初恋」がないので、
初恋モノへの共感が難しいのです・・・。

若手俳優さんたち

主演のキム・ユジョンさんは
文句なしにかわいいですね~。

親友のヨンドゥ役のノ・ユンソさん、
「私たちのブルース」で、高校生妊婦役で注目されました。
3 (10)

「ザ・初恋」といってもいいほどさわやかなイケメンさん
ウンホ役のピョン・ウソクさん
どこでみたんだっけ…と記憶をサルベージしたら、
5 (7)
パク・ボゴム主演のドラマ「青春記録」に出ていましたね。

他の作品で好感もった役者さんが出てくると、
なんとなく見てしまう・・・というのも韓ドラの沼です。

スポンサーリンク

初恋はかなわぬもの(ネタバレあり)

ボラとウンホは、ウンホの海外移住で離ればなれになり、
しばらく連絡とりあった後、音信不通に。

15年後、ウンホはなくなっていたことがわかります。

この展開に、連絡とれなければ
ウンホの親友ヒョンジンだって心配するだろうし、
ウンホの父親は韓国にまだいたらしいのに、

さらに、死因が明らかにされないのも納得いかない。
などなど、いろいろ釈然としないまま終わりました。

釈然としないなりに考えてみると、
『20世紀のキミ』は、青春王道映画です。
初恋は青春そのもので、
青春の二大要素は友情と恋。

そして初恋はかなわぬもの、つまり、
最初の恋は、すなわち初めて経験する別れなんだ、
ということが重要で、
なぜ別れるのか(=なぜ死んだのか)
を考えるのは無意味なことなのでしょう。

ここらへん、
キム・テリ&ナム・ジュヒョクの『二十五、二十一』と同じですね。
(ナ・ヒドの夫はだれなんだ?を考えるのは無意味?)

『20世紀のキミ』のパン・ウリ監督は、あるインタビューで
次のように語っていました。

結末についてとても悩んだ
周りの人に、初恋の相手と再会したいか尋ねたところ
会いたくない、という答えだった。
このエンディングは、青春は二度と戻らないということを意味する。
幼い二人は、きちんとした別れができなかったので、
大人になったボラが、ビデオの中の当時の姿のウンホと再会して
きちんとお別れをする、というエンディングにした。

また、
死は別れの隠喩
とも語っていました。
死因を明らかにすると、
「死」が強調されて、「別れ」が薄まってしまう、
つまり、
病気にならなければ、事故に会わなければ、
ということに気が向いてしまう、
ということなのでしょう。

私は、初恋といえる具体的な人物はいないけれど、
青春という時期はありました。

もし「青春の当時に戻りたいか」と聞かれたら、
「戻りたくない」と即答します。
だから、監督インタビューの、
「初恋の相手と再会したいか」の質問に
「会いたくない」という回答が多かったというのは、
ものすごく共感、です。

若者向けの作品だなあ、と思ってみていましたが、
「昔の若者」にも十分見ごたえのある作品、といえそうです。

よろしかったらお願いします!

韓国語ランキング

自己紹介はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの韓国語の勉強に少しでもお役にたちますように!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2023年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー

ページ上部へ戻る