『王の運命-歴史を変えた八日間-」ソ・ジソプの悲哀とユ・アインの狂気

korea-1217175_640

『王の運命』に出演したユ・アインのインタビューにも書きましたが、
「ソ・ジソプの目」が印象的な映画でした。

スポンサーリンク

キャスト

監督:イ・ジュンイク
ソン・ガンホ:英祖
ユ・アイン:思悼世子
ムン・グニョン:恵慶官
チョン・ヘジン:暎嬪
キム・ヘスク:仁元王后
ソ・ジソプ:イ・サン(正祖)

パンフレット表紙
IMG_2647

あらすじ

朝鮮第21代国王・英祖(ヨンジョ)は、母親が宮廷で働く賤民だったこと、兄を殺して王位についたという噂があること、というコンプレックスを抱えていた。そのためことさら学問と品位を身に着け、厳しく生きていた。
息子・思悼(サド)にも同じ厳しさを要求した。しかし、芸術と武芸を好む自由奔放な青年へと成長した思悼に、英祖の期待は失望と怒りに転じる。

2人の心がすれ違う中、思悼は心のバランスを崩し、また父子の不仲を利用した陰謀まで起き、父・英祖は息子・思悼を米櫃に閉じ込めて殺してしまう。

映画館の展示
IMG_2644

感想

感想は「王宮に生まれなくてよかった」の一言につきます(笑)。
英祖も
「わしが王ではなく、お前が王の息子でなければ
こうはならなかっただろう」
と言っています。

見どころ

「見てよかった」と思ったポイントをいくつかご紹介します。

記録に忠実に作られた作品

パンフレットによると、
「歴史映画としての考証が厳格になされている」
そうです。
「米櫃事件」は多くのドラマや映画で扱われ、
陰謀説、狂乱説それぞれを膨らませて物語の素材にされていますが、
この映画では、記録にのこる事実が9割だそうです。

ドラマ「イ・サン」を始め、英祖と思悼の確執を扱ったドラマは多くありますが、
実はどういうものだったのか、
改めて知るのによい作品だと思います。

そういうリアリティのためなのか、
女優さんたちがきれいじゃありません。
韓国の女優さんといえば、白く透き通るようなきめ細かいお肌。
それが、茶色く日に焼けて苦労のにじむ肌になっています。

悲哀のソ・ジソプと、狂気のユ・アイン

ソ・ジソプは、なぜあんなに悲しい目をしているのでしょう。
思悼の息子サン(ソ・ジソプ)が成人したところで映画は終わるのですが、
もう、サンの目を見ているだけで涙がこぼれます。

子供時代のサンを演じた子役も、似た目をしていた。
1hira2

子役について

ユ・アインをまともに見たのは、映画『ベテラン』が最初だったので、
狂人のイメージがあります・・・。
『ベテラン』では財閥の息子。
『六龍が飛ぶ』のイ・バンウォンも
『王の運命』の思悼も、王の息子。

身分が高いがゆえに、感覚がおかしくなる
という役が多いですね。
今回も「さすが!」という悲しい狂人ぶりでした。

「おまけ」でもらったブロマイド。ユ・アインとソ・ジソプの二択でした。
折り紙チマチョゴリを教えてくださった受講生の方がソ・ジソプのファンなので。
IMG_2646

ユ・アインが語るソ・ジソプ


映画公開初日のインタビュー。
共演のソン・ガンホ、ソ・ジソプについての感想を
一言ずつ語っています。

スポンサーリンク

監督さんのTシャツ

映画の公式HPを見ていて、びっくりしました。
イ・ジュニク監督の紹介写真。
1hira3
「下北沢再開発反対!」

小学校から20年近く小田急線沿線に住み、
高校時代は下北沢で井の頭線に乗り換えて通学していたので、
下北沢にはことのほか思い入れがあります。

「反対!」という再開発とは?と思ってざっくり検索したら、
下北沢を、自動車でアクセスしやすい街にするとか、
小劇場スズナリをつぶしてしまうとか、
なるほど、「ちょっとまって」という内容でした。

ーーーーーーーーーーーー
私はソン・ガンホが大好きなのですが、今回は、ソン・ガンホの
周辺の人たちが光っていました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る