『ミセン』のチャン・グレは「コネ入社」、韓国語では「落下傘」

dandelion-319939_640

先日の市民講座で、「落下傘」が話題になりました。

スポンサーリンク

『ミセン』第一話

ドラマの第1話は、主に登場人物紹介になりますね。
動画の前半は、チャン・ベッキは、ハイスペック・インターンとして、
上司に気に入られている様子です。

ハ代理がチャン・グレに目を止めて、話題にするのが、1分40秒から。
1hira1
아, 저기 친구가 그 친군가 보네.
오과장네 인턴이요. 누군지 모르겠는데 낙하산.
ああ、あいつがあれか。
オ課長のところのインターン。だれだか知らないけど、落下傘

それを聞いて、チョン課長がエピソードを紹介。
1hira2
옛날에 뭐 명문대 총장한테 편지 써서 합격한 애가 있었거든.
꼭 입학해야 하는 절절한 이유가 총장 마음을 움직였지.
그래서 어떻게 된 줄 알아?
한 학기 다니고 자퇴했어. 왜? 다라가질 못 하니까.

昔、名門大学の総長あてに手紙を書いて合格した奴がいた。
切実な事情が総長の心を動かしたんだろう。
どうなったかというと、
結局、一学期で退学したよ。ついていけなかったから。

スポンサーリンク

落下傘はパラシュート

小学館の「朝鮮語辞典」で「낙하산」をひくと、
落下傘、パラシュート
としか、出てきません。

韓国国立国語院の「標準語大辞典」は、立派なイラストつきです。
1hira3
1番目の意味に「パラシュート」。
2番目の意味に、
채용이나 승진 따위의 인사에서, 배후의 높은 사람의 은밀한 지원이나 힘을 비유적으로 이르는 말.
採用や昇進などの人事で、高い地位の人が背後で支援することを比喩的にさす言葉。

例:낙하산 인사(落下傘人事)
낙하산을 타고 부장이 되다.(落下傘に乗って部長になる)

チャン・グレは専務のつてで、会社に入ったので、
まさに「落下傘インターン」です。

日本のリメイク「HOPE~期待ゼロの新入社員~」は見ていませんが、
この낙하산(落下傘)はどう表現されているのでしょう。
「コネ入社」かな。

日本語の落下傘

日本語で「落下傘」が比喩的に使われるのは、主に選挙の時です。
ウィキペディアにも出ていました。

落下傘候補(らっかさんこうほ)とは、
主に地方区制の国政選挙や都道府県知事選挙で、その土地に地縁、血縁の無い人間が立候補すること。 またはその人本人を指す言葉。

日本語だと、地縁・血縁がない人間が落下傘で降りてくるけれど、
韓国語だと、地縁・血縁に乗っかかった人間が落下傘で降りてくる。

日本語は「コネがない」象徴で、
韓国語は「コネそのもの」の象徴になるんですね。
意外な場所に突然登場する、というのだけが共通点です。

それにしても、耳慣れない「落下傘」が比喩で使われるというのも不思議です。
パラシュート候補
パラシュート・インターン
とは言わないんですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る