コン・ユとパク・ボゴムの共演!映画『ソボク』面白かったけれど、ちょっとモヤモヤ

sunflower-3536155_640

コン・ユとパク・ボゴムですから公開前にすでに話題沸騰でした。2020年最大の期待作だったのに、コロナ禍のあおりをもろに受けました・・・。

スポンサーリンク

映画『ソボク』

2

監督:イ・ヨンジュ
(「建築学概論」の監督さん)

キャスト
ミン・ギホン:コン・ユ
(前職情報局要員。脳腫瘍で死に直面しているところ、ソボクの護衛を依頼される)
ソボク:パク・ボゴム
(人類初のクローン。利用したい人間と抹殺したい人間たちに翻弄される)

予告編
画像をクリックすると動画になります。
3 (2)

この予告動画の一番最初のセリフ、
字幕と実際のセリフを比べてみてください。

字幕;遺伝子操作により生まれた・・・
台詞;이 아이는 줄기세포 복제와 유전자 조작을 통해서 만든
直訳;この子は幹細胞の複製と遺伝子操作を通じて作った・・・

文字数制限により、前半が省略されています。
そしてソボクはクローンですが、
このクローンは、予告編には出てきませんが、韓国語で

복제인간
複製人間

といっています。

『ソボク』は不死身なのか

複製人間=クローンは死なない。
クローンを使って永遠の命を手に入れる。

という映画の設定なのですが、
ソボクって、注射打たないとすぐに死んでしまうんですよね。

ソボクが「永遠に死なない」ためには条件があります。
注射を打ち続けること。
つまり、研究所の中にいる限りは死なない。

そのソボクが、人間の争いによって「外」の世界を知ります。

自分でも永遠に生きると思っていたソボクが、
注射を打てない環境で出会う「限りある命の人間たち」

市場の中で会った老夫婦、コンビニで会った不良少年たち。

ソボクの目にどう映ったのか、
もっと語ってくれると思ったのですが、
映画の主題はそこではないのか??
と、ちょっと肩透かしでした。

その代わり、ソボクは疑問を投げかけます。

なぜ自分は危険なのか?
なぜ自分を狙う人がいるのか?
なぜギホンは僕を守るのか?
なぜギホンを信用していいのか?

それに対して、ギホンが答えます。

俺の命がお前にかかっているからだ。

ここで、人間の欲望とそれに伴う犠牲について、
なんらかの議論があるのかと思いましたが、
ここでも、ちょっと肩透かし?でした。

スポンサーリンク

『ソボク』はアクション映画なのか

クローンをつくる過程で生まれた副作用
超能力
をソボクは持っています。

ソボクを狙う勢力に襲われたとき、
相手を投げ飛ばしたり、
爆発させたりすることができます。

当然、CGなのですが、
それがいまいち迫力ないというか・・・

最近のCG映画といえば、
スペース・スウィーパーズ (승리호)

ストーリーはイマイチでしたが、
映像はとても見ごたえありました。

宇宙アクション映画と比べるのもどうかと思いますが、
それでも、『ソボク』のアクションシーンは、
物足りなさを感じます。

『ソボク』のみどころ

『ソボク』はイマイチ
という感想を書きつらねてしまいましたが、

映画を見終わった直後は、満足感がありました。
なんといってもパク・ボゴムの魅力は満載。

純粋無垢な子鹿のようなまなざしと
6 (3)

相手を攻撃するときの冷たい目
5 (2)

ボゴムのクローンだったらいくらでも作ってほしいし、
あの顔で、
誰かの何かになりたかった
なんて言われたら、抱きしめたくなります。

そしてコン・ユも魅力的でした。
裏切られて、絶望して、ちょっと汚いコン・ユ。
多分、コン・ユの得意分野って、
格好良くて能力ある人間が見せる「弱さ」なんだろうな、
と思いました。

鑑賞直後は満足!だったのですが、
帰り道に
この映画は何を言いたかったのか
と考えながら、いろいろ反芻するなかで、
ちょっと物足りない、とちょっと感じたのでした。

よろしかったらお願いします!

韓国語ランキング

自己紹介はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの韓国語の勉強に少しでもお役にたちますように!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る