ドラマ『不可殺 -永遠を生きる者-』最終回まで見ての感想ーネタばれ含むー

1787

ネットフリックスで放送されていたドラマ『不可殺 -永遠を生きる者-』が最終回を迎えました。人気トップ10にも入るほど、そこそこ楽しめるドラマでした。でもいろいろ不満、というか「え?あれはどうなったの?」という消化不良なまま終わってしまいました。

スポンサーリンク

ドラマ『不可殺 -永遠を生きる者-』

あらすじや予告編などはこちらに。

韓国での視聴率は、初回が一番高くて6.3%、
その後徐々に下がり、後半は持ち直して5%で最終回。

目が赤くなるプルガサル・ファルが格好良くて好きでした。
3 (4)

不可殺(プルガサル)という設定は面白くて、
ストーリー自体は面白かったし、
血縁のない人々が「家族」を作る、
というお話も、好感もてたのですが、

視聴率がふるわなかった原因を考えてみると、
いろいろ出てくる謎が、回を重ねてもなかなか解けなくて、
最終回に一気にどーんと解き明かされるので、
いらつく展開が良くなかったのではないかと。

スポンサーリンク

ミン・サンウン(クォン・ナラ)。
元プルガサルというだけで、一緒に出掛ければ転んでけがするし、
いらつく展開の原因でもあったキャラでした。
5 (3)

解明されなかった謎

そして、謎の解明を最終回までひっぱってしまったせいか、
解明されなかった謎もいくつか残ってしまいました。

いろいろありますが、どうしても気になるのは、
次の3点ではないでしょうか。

1.なぜミン・サンウンは双子で生まれたのか。
2.預言者(ヘソクおばさん)は
 「魂は必ず主人のもとに還る」って言ってたはず?
3.プルガサルは生まれ変わらないのに、
  なぜタン・ファルは生まれ変わった?

600年前は預言者だったヘソクおばさん。
7 (2)

タン・ファルが生まれ変われた理由

解決しなかった3つの謎のうち、
1と2は本当に謎のまま残ってしまいますが、

3番の「タン・ファルが生まれ変わった理由」は、
なんとなくですが、理解できる気がします。

プルガサルがプルガサルである特徴として
人の血を食らう
ということがありますが、

タン・ファルは、養父との約束を守り
人の血を食らわなかった
という「違い」が強調されていました。

つまり「人間」に近かったと言えます。
「お父さん」の血も、噛みついて飲んだわけではありませんでしたし。
あとは閻魔様につかみかかってお願いした効果?(笑)

生まれ変わったタン・ファル。
うーん、清潔なファルもいいけれど、私は赤い目が好みです。
6 (4)

ドラマ『不可殺』、
刺したり刺されたり、流血シーンが多いので、
苦手な方も多いかと思います。
『不可殺』で流血シーンの免疫をつけて、
『今、私たちの学校は』(ゾンビもの)に進もうかなと思っています。

よろしかったらお願いします!

韓国語ランキング

自己紹介はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの韓国語の勉強に少しでもお役にたちますように!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る