話題のドラマ『私の解放日誌』登場人物の名前の意味を考えてみました

leaves-gb3ec280d5_640

日本のネットフリックスではトップ10に入ったり入らなかったり、それほど人気ではないのでしょうか。私はおそらく今年のナンバーワンじゃないかと思っています。

スポンサーリンク

放送前からの期待作でした。
なんといっても脚本が「マイディアミスター」の人。

そして主人公を演じるソン・ソックさんが、
韓国内でも人気急上昇。

『私の解放日誌』が人気を呼ぶ理由は、
セリフひとつひとつが、「あ~そうだよな~」と納得できるし、
ひとつひとつの場面が、そのあとのシーンで意味をもつ
という、よく練られた作品だからです。

そんなわけで、前回は、
主人公たちが住む町の駅、
タンミ駅
の名前について深読みしてみました。

今回は、主人公たちの名前について深読みしてみます。

長男チャンヒという名前

『私の解放日誌』の主人公は、
長女 キジョン
長男 チャンヒ
次女 ミジョン

長男チャンヒに
ジョンがついていないのは、
その家系で共通して使う文字
돌림자(巡る文字)
トルリムチャ
が使われているからだと思われます。

まあ、そういうことと関係なしに
ふと思いついた漢字があります。

第14話で覚醒したチャンヒ

チャンヒの幼なじみである
ヒョナ
3 (5)

自由に生きていて、男性遍歴も豊富、
でも、自己肯定感が弱いというか・・・

付き合っている男性(癌の末期)が、
ヒョナはチャンヒの話ばかりしているといって、
チャンヒに電話をかけてきます。

自分の納骨堂を予約した
ヒョナとチャンヒも一緒に入ってほしい
死んだあとも、一緒だと楽しいだろうから。

そんな話をしている時に出てきたセリフ

창희야, 난 즐거운 사람이 필요해.
창희야, 즐거워야 된다.
チャンヒや、私は楽しい人が必要だ
チャンヒや、楽しまなくちゃな

電話口のチャンヒが一瞬、固まります。
その時、私も固まって、
頭に浮かんだ漢字が、

チャンヒ
창희
創喜

チャンヒは、ドラマの最初から、
車が欲しい
とずっと願っていました。
彼女をつくるには、車が必要だと。

14話で、チャンヒは車を手に入れます。
彼女を作るためではなく、
家族を楽しませるために。

スポンサーリンク

長女と次女の名前

長女の名前がキジョン
3 (6)

次女の名前がミジョン
5 (4)

この二人の名前を並べて想起する漢字は、

キジョン
기정
既定

ミジョン
미정
未定

なんですよね。

ドラマで長女キジョンは、
感じるままに感情を表し、
嫌われても、変に思われても、
我が道を行きます。
それゆえに、衝突も多く生きにくい。

次女のミジョンは、
ことばも少なく、感情表現がない。
ク氏と出会って、変わっていきます。

脚本家さんがそこまで考えているかわからないし、
考えていたとしても、これとは違うかもしれません。

でも、それぞれのキャラクターを
よく表している「当て字」ではないでしょうか。

そうそう、ク氏も、
普通に考えれば、
邱氏
具氏
でしょうけれど、

と読む漢字のなかでは
姓で使われない漢字ですが

をイメージします。

今日が最終回ですが、
終わってから、もう一周して見直してみれば、
きっと新しい発見がたくさんありそうです。

よろしかったらお願いします!

韓国語ランキング

自己紹介はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの韓国語の勉強に少しでもお役にたちますように!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

ページ上部へ戻る