2018年最大の話題作『完璧な他人』役者の演技も、ストーリーも秀逸。

monk-458491_640

イ・ソジン、ユ・ヘジン、チョ・ジヌンなどなど、芸達者な面々でスマホをめぐる心理劇、会話劇。面白くないはずがないと期待値が高まりますが、期待を裏切らない作品でした。そういえば『スマホを落としただけなのに』という映画がありましたが、スマホに詰まっている個人情報って、想像以上に危険なようですね。

スポンサーリンク

『完璧な他人』キャストとあらすじ

2018年10月公開 완벽한 타인(完璧な他人)
1

監督:イ・ジェギュ
ソッコ:チョ・ジヌン
(豊胸専門整形外科医。金持ちだが不動産投資で騙されたかも)
6
金持ちなインテリに見えます。

テス:ユ・ヘジン
(弁護士だが飲酒運転で裁判中。同居の母親と妻がうまくいっておらず、セックスレス)
7
神経質な夫に見えます。

チュンモ:イ・ソジン
(あれこれ事業に手を出し、最近若い妻と結婚)
5
質の悪いプレイボーイに見えます。

ヨンベ:ユン・ギョンホ
(離婚後に彼女ができたが、連れてこなかった)
8
いろいろな苦悩が、見えます。

あらすじ
ソッコの家に幼なじみの4人が妻同行で集まる。
夫婦間に秘密がない証しとして、食事中の携帯の通話やメールを公開するゲームが始まり、
カウンセリングを受けていた事実、浮気の事実、同性愛の事実など、仲間外れの事実など、
明るみになり、楽しい食事の席が修羅場と化す。

予告編
画像をクリックすると動画になります。
9 (2)

『完璧な他人』の原作映画『大人の事情』

2016年のイタリア映画です。
原題は「Perfetti sconosciuti(完璧な他人)」で、
邦題が「大人の事情」。

予告編
7 (2)
人物設定や、知られたくない秘密の内容、暴露されたダメージ、
そして、最後の落としどころまで、
韓国版はイタリア版と、驚くほど全く同じです。

スポンサーリンク

最近のリメイク映画

最近は日本原作の「ゴールデンスランバー」が、
カン・ドンウォン主演なのに失敗作だったり、

これも日本原作の「リトルフォレスト」は、
キム・テリ主演で、この上なく爽やかに成功したり、

成功と失敗の違いはなんだろうか、と考えると、
「ゴールデンスランバー」は、
主人公が友達と築いてきた友情の中身を無視した点が失敗でした。
韓国でも男同士の友情は強くあるのに、
原作の「友達から学んだこと」は韓国バージョンにできなかったのか。

「リトルフォレスト」は、
地産地消の食事が、韓国版で魅力的に生まれ変わっていたのが成功かと思います。
食事を大事にするのは、ある意味日本以上の韓国ですから、
原作超えたんじゃないかと思いました。

今回の『完璧な他人』は、
原作イタリア版の設定をそのまま手を加えなかったのですが、
嫁姑問題や、同性愛への偏見や、夫の浮気、妻の欲求不満など、
どれもこれも、「韓国アルアル」と言えるかもしれません。
ローカライズに無理がなかったということでしょう。

『完璧な他人』の感想

4人の男たちが幼なじみなわけですが、
その妻たち3人の女性。特に意味なく、イタリア版と並べてみました。

ソッコの妻イェジン:キム・ジスは、
二十歳の娘と信頼関係ができなくて苦しんでいます。
2

テスの妻スヒョン:ヨム・ジョンアは、
姑問題などのストレスをブログで発散しています。
3

チュンモの妻セギョン:ソン・ハユンは、
獣医師で、元カレの相談にも乗ってあげるいい子です。
4

夫ばかりでなく、妻たちの秘密も暴露されますが、
やはり夫側の秘密の方が、どう考えても質が悪いです(笑)。

女性たちは、傷つきながらも真実を知って、
娘を少し信用したり、
夫婦互いに理解する機会になったり、
浮気症な夫を見限って自立の道を選んだり、

「雨降って地固まる」的な、解決が待っているのかなと期待しました。
でもラストは・・・。

イタリア版原作とラストもまったく同じなのですが、
評価は分かれるかもしれません。

私は「そりゃないだろ」と納得するまで時間がかかりました。
時間かかっても、納得はしたということですね。

よろしかったらお願いします!

韓国語ランキング

自己紹介はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの韓国語の勉強に少しでもお役にたちますように!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • カワトシ
    • 2019年 1月 18日

    お久しぶりです。
    時々お邪魔して記事を読んでいますが、コメントするのは久しぶりですね。
    この映画、知人から勧められてぜひ観ようと思ってましたが、忙しすぎて見逃してしまいました。
    ご感想を読んでVODが出たら今度こそ見逃すまいって思っているしだいです。

      • sokjon2016
      • 2019年 1月 18日

      カワトシさま
      お久しぶりです!
      お忙しそうですね。
      私も、指折り数えて待ちわびていた春休みが、結局仕事で埋まってしまって、
      ついブログが後回しになってしまいます・・・。
      「完璧な他人」ご覧になったらぜひ、感想をお聞かせください~。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る