映画『リトルフォレスト』日本の作品のリメイク、韓国らしさがいい感じに成功

nature-3201211_640

原作は日本の漫画で、日本で映画にもなった作品です。大自然の田舎で、自給自作の料理が主人公なのは日韓ともに同じです。

スポンサーリンク

キャストとあらすじ

2018年2月公開(韓国)
2

監督:イム・スンレ
ヘウォン:キム・テリ
ジェハ:リュ・ジュンヨル
ウンスク:チン・ギジュ
ヘウォン母:ムン・ソリ

あらすじ
ヘウォンは、高校3年生の時に母が家出をし、ソウルの大学に通っていたが、教員採用試験に落ちて、いったん故郷に帰ってきた。短期間の帰郷と口で言いながら、作物を作り、食べ物を作り、幼なじみと過ごす時間は楽しく、4季節を過ごすことになる。

予告編

みどころ

なんといっても、食べ物です。
3

수제비:すいとん
쑥갓 튀김:春菊の天ぷら
크렘 브륄레:クリームブリュレ
밤조림:栗の甘露煮
곶감:干し柿
떡볶이:トッポギ
などなど

監督さんが菜食主義者だそうで、登場する食べ物は肉っけがありません。

スポンサーリンク

感想

韓国でもおおむね、好評だったようです。
リュ・ジュンヨルの農民姿が、とっても魅力的。

都会での生活は、組織での仕事は自分に決定権はなく、
時間に追われ、コンビニ弁当で済ますしかない食生活。
避難所で自給自足生活をしながら、
自然の恵みを教えてくれた母親への感謝と理解を取り戻し、
試験に落ちた現実を受け入れていく。

若者の成長・ヒーリング物語、美しい映像に観客も癒されます。

でも・・・
高校3年生はもう子供じゃないとしても、
だまって娘を置いて出て行ってしまう母親?
いくらムン・ソリが演じていても、やっぱり理解できません。

娘ヘウォンも、恋人に無言のままソウルを離れ、友達に挨拶なしで田舎を離れ、
やっていることは母親と同じ。

チーズスライサーやブリュレのガスバーナーなど
おしゃれな料理に必要な高度な道具がそろっている田舎の家。
やっぱり敷居が高いです。

それほど気になるわけではなく、
私には、「疲れた時にちょっと帰る場所」なんてないなあ、
というヒガミかもしれません。
まあ、20代の若者を描いているので、世代ギャップもあるでしょう。

それでも、今度の週末は、ゆっくり時間をかけて手の込んだ料理でも作ってみようかな、という気になります。
銀杏や栗の殻を割ったり、薄皮はいだりする作業って、肩こりそうなのに、意外とストレス解消になるんですよね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る