映画『今、会いにゆきます』ソ・ジソプとソン・イェジンでリメイク

plant-3162517_640

この手の映画は興味ないのですが、ソ・ジソプとソン・イェジン出演ということで、2004年の日本版まで「予習」のために見てしまいました。もとは小説だと知り、日本版映画を見るより「予習」なら大本の小説読めばよかったと少し後悔。

スポンサーリンク

キャストとあらすじ

azalea-1436344_640
監督:イ・ジャンフン
ウジン:ソ・ジソプ
スア:ソン・イェジン

あらすじ
ウジンの妻、スアは亡くなる前に、息子に絵本を描いて残した。雨の季節に戻ってくるという内容。雨の季節にスアは夫と息子の元に戻ってくるが、生前の記憶は亡くなっていた。

日本版の予告編

韓国版の予告編

ソ・ジソプが父親に

ソ・ジソプ、初めての父親役で、最初は「父親役には不自然ではないか」と一度は断ったそうです。確かに、これまでの男臭い役柄とは異なる、家庭的な父親役です。

バラエティ番組のインタビューでは、笑いながら、
ball-1786430_640
とても楽だったので、これからこういう役をたくさん演じたい。
アクションは疲れるので(笑)。

スポンサーリンク

日本版と比べると

2004年の日本版ともとの小説では、男性主人公は元陸上選手という設定でしたが、韓国版では、元水泳選手でした。
この設定変更は、もちろん!ソ・ジソプが水泳選手だったという経歴に合わせてかと思いますが、実際は、キャスティングより先に台本が完成していたので、ただの偶然のようです。
でも、映画での水中シーンなど、スタントを使わず、ソ・ジソプ本人が演じているそうです。

また、日本版ともとの小説では、男性主人公は陸上選手という経歴とは関係のない普通の事務員として働いていましたが、韓国版では室内プールで働いています。

そして日本版でも韓国版でも「職場の同僚女性」が男性主人公に好意を寄せるのは同じですが、韓国版ではそれ以上の登場はありませんでした。日本版では亡くなった妻から「あの人をよろしく」なんて頼まれたりしていましたが。

それから、日本版の男性主人公(中村獅童)は、脳の障害があって、日常生活に若干の不便がありましたが、韓国版ではそれはなく、代わりに水泳選手時代の事故で、走るなどの激しい運動ができないことになっています。

ソン・イェジンと息子役
begonia-flower-1708935_640

日本映画のリメイク

ここのところ、日本映画の韓国リメイク作品が続いています。
『ゴールデンスランバー』(カン・ドンウォン主演)
『リトルフォレスト』(キム・テリ主演)
など。

今回の『今、会いにゆきます』は、もともと梅雨の湿気を含んだ、じっとりした雰囲気の日本版に比べると、韓国版はやはり「笑って泣いて」です。お笑い要素がどうしても入ってきます。好みの問題ですが、私は中村獅童が好きということもあって、日本版の方が良かったと感じました。
韓国版は、どこが悪いというわけではないのですが、今一つ物足りないというか…。でも、韓国では260万人を動員し、損益分岐点も超えて興行的にも成功しています。

『ゴールデンスランバー』は、カン・ドンウォンが主演したにもかかわらず、興行的に振るいませんでした。

『リトルフォレスト』の日本版は見ていませんが、予告編を見る限りでは、日本家屋の薄暗さに対して、韓国版はからっと明るく、かなり印象が異なっていました。面白かったです

『今、会いにゆきます』と『ゴールデンスランバー』はいずれも、日本版に忠実な作りだったのが、物足りなさの原因じゃないかと思います。
日本の『鍵泥棒のメソッド』のリメイク、『LUCK-KEY(ラッキー)』くらいに、原作からかけ離れて「韓国化」させたほうが、面白くなるんじゃないかと思いました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る