映画『華麗なるリベンジ』詐欺師という義賊への期待が止まない

daisies-54663_640

やっと見てきました「華麗なるリベンジ」。

スポンサーリンク

韓国語原題:검사외전(検事外伝)
監督イ・イルヒョン
脚本イ・イルヒョン

ファン・ジョンミン:ピョン・ジェウク(元検事)
カン・ドンウォン: ハン・チウォン(詐欺師)
イ・ソンミン:   ウ・ジョンギル(悪い上司)
パク・ソンウン: ヤン・ミヌ(検事)

政治家と暴力団体の癒着を捜査していたピョン・ジェウクは、取り調べ中の容疑者が突然死亡したことで逮捕、収監される。それが上司の罠だったと知り、刑務所内でしりあった詐欺師ハン・チウォンの協力を得て、復讐を始める。

予告編


冒頭「特別映像」として、ハン・ジョンミンがカン・ドンウォンの頭をはたく映像が続きます。

みどころ

カン・ドンウォンは文句なく格好いいです。ファン・ジョンミンも安定の名演技。役者さんたちの魅力炸裂です。
1hira3

特に、イ・ソンミンが、とても悪い人になっています。でも『ミセン』のオ課長のイメージが強くて、「お酒飲んだらいい人になるんじゃないか」とつい、くだらない期待をしてしまいつつ、「悪人の表情」を味わいました。
1hira2

ストーリーも、邦題がネタバレしている通り、華麗にリベンジ成功しますので、すっきり感も保障されています。

詐欺師への期待

市民講座の受講生の方が「韓国のドラマも映画も詐欺師ばかり」とおっしゃっていました。
この『華麗なるリベンジ』も詐欺師がリベンジします。
人気のドラマ『青い海の伝説』もイ・ミンホは詐欺師です。
書類を偽造したり、社会ルールを無視しているけれど、
標的は、不正を働く金持ちや政治家です。

私が好きな『ヒーラー』の「闇の便利屋」『シティーハンター』も、違法行為をしまくっていますが、企業や政治家の不正を暴くためでした。
みな、いわゆる義賊です。

映画『ベテラン』,『弁護人』,『国選弁護人ユン・ジンウォン』も「悪をあばく」内容で、主人公は詐欺師ではなく刑事や弁護士という合法的存在でしたが、それぞれ組織での「はみ出し者」でした。

企業・政治家・警察検察など社会の上層部に対する不信や不満がとても強くて、破格のヒーローが待ち望まれているということなのでしょう。

スポンサーリンク

不正に対して不正で立ち向かうのか

ただ、気になるのは、正義を実現させる手段が暴力や違法行為でいいのか、ということです。映画『弁護人』や『国選弁護人ユン・ジンウォン』の弁護士たちはさすがに法律という手段をつかっていましたが、詐欺師や闇の便利屋、シティハンターは、結構な違法行為や暴力を行っています。
不正に対して不正で仕返し・・・というのはいかがなものか、と思ってしまいます。

『華麗なるリベンジ』の場合

元検事ファン・ジョンミンは、現役時代に取り調べで暴力を振るっていました。出所したカン・ドンウォンが、敵の手ごわさに「十分恩返ししたから手を引きたい」と言ったとき、ファン・ジョンミンは引き留めるために暴力を使いました。

映画の最後でファン・ジョンミンは、「現役時代の暴力について悔いている、冤罪による収監でその罪を償った」ということを言っていたので、気にはしているようですね。

『シティハンター』の場合

「人は殺さない」主義のユンソクと、「殺された仲間のために殺すべき」という父ジンピョが対立していました。
一方、あくまで法律で解決しようとする良心的検事がいましたが、検察も権力と結託しているので、組織内・法の範囲内では解決しきれないという現実に直面します。

「検察も権力と結託している」という厳しい現実があってはじめて、シティハンターの違法行為がやむを得ず、認められるということだったのでしょう。
しかし、殺人を繰り返したジンピョは、「してはいけないことをした」人物として、最終回に死んでしまいました。

『ヒーラー』の場合

闇の便利屋『ヒーラー』も「人は殺さない」というルールがありました。でも数々の違法行為は「悪いこと」と認識されていたため、最後は「ヒーラーをやめる」でした。ただ、途中、警察のPCをハッキングするために、恋人ヨンシンが犯罪に協力する場面があり、「だって面白いじゃない」というセリフがあったんですね。これはまずかったのではないか、とニワカのモラリストは思います。

『The K2』の場合

チ・チャンウクのドラマ『The K2』は、悪者vs悪者という構図で、不正が不正をつぶし合う話でした。実に多くの殺人が行われたのが、ドラマに入り込めない理由の一つでもありました。最後、人を殺した人たちは死んでいきましたが、悪者が悪者に対して制裁を下しても、なんだかなあ、なんですね。

『華麗なるリベンジ』のファン・ジョンミン
1hira1

現実の不正・腐敗は、本当にきれいごとでは解決できないレベルだし、フィクションの映画やドラマだから、面白くする演出として多少の違法行為や暴力もアリなのかもしれませんが、やはり違法行為や暴力を「是」として描いては欲しくないな~と思うのです。

『華麗なるリベンジ』のファン・ジョンミンは、冤罪晴れて、出所後、どうするのでしょう。検察内部の腐敗を目の当たりにして、検事に復職するふうでもありませんでした。カン・ドンウォンと組んで二人組の詐欺師、というのもフィクションなら楽しそうですけれど。

だけど、カン・ドンウォンに詐欺をさせていたのは、冤罪を晴らすためだったし、カン・ドンウォンに「詐欺やめてまっとうに生きろ」と言っていたのですから、やはり詐欺業を「是」とはしていません。
かといって、検察という組織を出たら、犯罪と一線おいて何ができるのでしょう。『華麗なるリベンジ』の続編もあり?というインタビューをみましたが、見てみたいですね。

1hira4
写真は公式HPより。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • NICO
    • 2016年 12月 16日

    すみません…リンクがうまく貼れてないですね。
    アドレスは合っているようなんですが…。
    스포츠투데이の2016.02.09 22:02(最終修正2016.02.10 01:41)の記事で
    タイトルは
    설 극장 상영 영화`검사외전`이 오마주한 이 영화..절묘해[홍정원업앤다운]
    という記事です。

      • sokjon2016
      • 2016年 12月 17日

      NICOさま、
      リンク、読みました。
      『ショーシャンクの空に』がとても愛されている作品だということがよくわかります。
      トムとジェリーには笑ってしまいましたが。
      まだ見ていないので、必見ですね。
      ご紹介、ありがとうございます。

    • NICO
    • 2016年 12月 16日

    こんにちは(´∀`)

    私もこの映画、字幕なしですが観ました。
    来週、時間が合えば待望の字幕付きを映画館へ行こうと思っているのですが…。
    (しかも『弁護人』と2本立てで行こうとしています( ̄∀ ̄))

    実はこの映画は、韓国で公開される前から見ていた予告編でも思っていたことなのですが、
    実際に映画を観た時に思った第一のことは、『ショーシャンクの空に』を思い浮かべてしまう…ということでした。
    『ショーシャンクの空に』が大好きなだけに、ちょっと複雑な思いで観ていました。
    内容的には全然違うんですけど、所々でそれを感じるシーンがあるんですよね。
    あと、アラン・ドロンの『太陽がいっぱい』とか…(´艸`)
    私だけがそう思っているのかと思ったのですが、韓国での記事にもそんなことを書いているのを当時読みました。

    確かに、この手の韓国のドラマや映画では、法は?というような常識破りなことも多いですね。
    でも最近の作品では、悪いことをする人たちと同じことをすると、結局は同じ部類の人間になってしまう、
    という抑制しているようなものも出てきたかな~?とも思います。
    『ベテラン』では、最後の方で、ドチョルがテオを公衆の面前で殴ろうとして、CCTVを気にして殴るのを我慢する、というシーンもありましたよね~
    うまく法を使うなりして、正当な方法で悪を倒してくれると、どんな作品もものすごくスッキリした気分で観終れるような気がします(´艸`)

    ちょっと違うかもしれませんが、『君の声が聞こえる』では、スハがミン・ジュングクの挑発に葛藤し、
    その葛藤に打ち勝って、そしてさらに法の裁きも受けようとしたことが、ものすごくよかった気がするんですよね。
    人としてどうするべきか、というのが何の曇りもなく受け入れられたというか…。

    この映画にしてもそうですが、集客や視聴率が取れそうな作品は特に、
    常識破りはほどほどに、悪に正で立ち向かってスッキリさせてくれるといいですね(´∀`)

    先程の記事です↓
    http://stoo.asiae.co.kr/news/view.htm?indxno=2016020921414558042

      • sokjon2016
      • 2016年 12月 17日

      NICOさま
      コメントありがとうございます!
      この映画が『ショーシャンクの空に』を彷彿させるという記事、私もどこかで見ました。
      私は『ショーシャンク~』の映画も舞台も、見ていないんですね。
      サインの真似をするシーンは、確かに『太陽がいっぱい』を思い出しました。
      リンクしてくださった記事、読みました。
      トムとジェリーというところで笑ってしまいました。

      復讐という面では『君の声が聞こえる』で強調されていた、
      「目には目を、歯には歯は不毛である。憎むことに時間を費やすのはもったいない」
      というメッセージがとてもよかったですね。
      登場人物たちの役割も明確で、説得力もありましたし。改めて名作だったと思います。

      法をつかさどる裁判所ですら、権力と癒着している現実があるから、
      闇で解決するというのも、理解できるし、結構好きなので、映画を見終わった後はすっきり爽快感なのですが、じわじわと「それでいいのかなぁ」という疑問がわいてくるんですね。

      それでもエンターテイメントとしてとても楽しめる高水準な作品だと思います。
      字幕付き二本立て!楽しんできてください!

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る