【私の場合】国際結婚から10年、そして離婚へ

bloom-1868466_640

2016年12月現在、引っ越し準備をしています。22年過ごした静岡を離れ、横浜へ引っ越します。やはり22年という時間に、多少センチメンタルな気分になっております。

スポンサーリンク

引っ越しの多い人生

幼少期、父の会社の社宅に住んでいました。父は転勤がなかったのですが、より広い社宅ができたと聞くと引っ越していました。4,5回、引っ越したと記憶しています。

結婚するとき、東京から横浜に引っ越し、「子供の父親」の就職に伴い静岡に引っ越しました。静岡でも3回引っ越しました。
子供が二人になったため、より広い家への引っ越し。
離婚に伴い、私がアパートを借りての引っ越し。
父子家庭から母子家庭になるための引っ越し。

断捨離という言葉がはやって久しいですが、引っ越し=捨てる作業なので、
捨てるの、大好きです。

離婚理由

結婚してから3年間、「子供の父親」は大学院生でした。
奨学金はもらっていたものの、YMCホテルの仕事をそのまま続けていました。

結婚して引っ越しましたが、東京から横浜への移動ですから、
仕事や人間関係に変化はありませんでした。

ところが、「子供の父親」の就職が決まり静岡に引っ越すと、
私は無職になり、人間関係もゼロからスタートです。
引っ越した年の9月に第2子を出産したので、
思うように活動範囲を広げることもままならず、

静岡では夫に依存して生きるのか??

という不満がふつふつとわいてきました。
夫の就職を祝う一方で、
自分自身のキャリアがゼロになったというヒガミ
のようなものもあったと思います。

今だから、キャリアだのヒガミだのと言葉になりますが、当時は、
「よくわかんないけど、腹が立つ」
という状態でしたので、家庭内は険悪でした。

国際結婚による文化・習慣の衝突は、さほど感じませんでした。
日本で暮らしていたということと、
「子供の父親」が結婚当時からすでに日本の生活が長かったので、
彼が私に合わせてくれていたのだと思います。

離婚にあたっては、やはり子供たちに苦労を掛けたと申し訳ないのですが、
特に、
「韓国語を聞くとケンカしているように聞こえる」
という、韓国語に対する偏見を与えてしまったのが悔やまれます。
そして、韓国語でケンカ表現を駆使していたあの当時が、
もしかしたら、私の韓国語会話力のピークだったのかもしれません。

スポンサーリンク

引っ越しと言えば

韓国語に집들이(チプトゥリ)という言葉があります。
引っ越すと、新居に友達を招いてお祝いの食事会みたいなことをします。

『ピノキオ』の第19話で、アン・チャンスが집들이してましたね。
1hira2

アン・チャンスが、ハミョンらを집들이に誘うときに、
마음은 가볍게 손은 무겁게
心は軽く、手は重く
と言っていたセリフ、自分の집들이の時に使おうかと思っています。

ハミョンらが집들이に持参した手土産
1hira1
洗剤やらトイレットペーパーなど生活雑貨。
アン・チャンスは不満そうでしたが。

確かに、お祝いの食事は豪華そうでした。
この日のメインはカルビ。
1hira3

そんなわけで、今までの人生を振り返りながら、ぼちぼち引っ越し作業を始めています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る