ドラマ『ザ・グローリー』ハ・ドヨン役のチョン・ソンイル俳優のインタビュー

flower-g226b81f44_640

『ザ・グローリー』に出てくる男性、チュ・ヨジョン:年下のかわいい魅力と、ハ・ドヨン:年上の洗練された魅力のよい勝負ですが、私は断然ハ・ドヨン派でした。

スポンサーリンク

チョン・ソンイルの意外な幼少期

チェピョン建設代表というお金持ちでクールなハ・ドヨン。
演じたチョン・ソンイルさん。

そういえば『秘密の森2」にも、
イ・ヨンジェの会社のパク常務役で出ていて
5 (7)

『私たちのブルース』でも、
シン・ミナの元夫役で出ていて、
6 (5)

いずれも世の中の王道で成功している人たち
という役どころでした。

先日、インタビュー番組유퀴즈(ユークイズ)で、幼少期について語っていました。
1787

幼少期、お母さんが病気で療養に、
お父さんは「自由な魂」の持ち主で家におらず、
2歳年上の姉と、おばあさんとの生活。

6年生の時におばあさんが亡くなり、
お母さんが療養から戻る高校3年までの6年間、
お姉さんが親代わりだった。
お腹が空いて、公園の水たまりの水を飲んだことも!

苦労人なのに、
違和感なく「お金持ち」を演じられるって、
お姉さんが大事に育ててくれたからでしょうか。

スポンサーリンク

囲碁のシーンの撮影秘話

秘話というほどではありませんが。
ソン・ヘギョと碁院(囲碁教室?)で出会うシーン。
ドラマ第4話に出てくるシーンですね。

先ほどの動画の最後のほう15分過ぎたあたりで、
このシーンを撮った時のアン・ギルホ監督の指示などについて話しています。

韓国のトニー・レオンにたいに演じてほしい。
「花様年華」で、トニー・レオンとマギー・チャンが
すれ違うシーンのような場面にしたい。
セリフよりも眼差しや雰囲気で表現してほしい。

양조위=トニー・レオン
화양연하=花様年華

言われて見れば、BGMもそんな感じでしたね。
脚本家のキム・ウンスクさんも、この場面を見て、
悲鳴をあげて喜んだそうです。

よろしかったらお願いします!

韓国語ランキング

自己紹介はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの韓国語の勉強に少しでもお役にたちますように!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

ページ上部へ戻る