映画『人生は美しい』韓国型ミュージカル映画

gingko-7558893_640

昨年(2022年)秋に韓国で公開された映画『人生は美しい』が、2023年11月に日本で公開。公開直前に、シネマート新宿で、韓国大衆文化ジャーナリストの古家正亨さんとK-POP好きの塚地武雅さんのトークつき特別上映が行われるほど、力の入った日本上陸でした。

スポンサーリンク

映画『人生は美しい』

2022年9月韓国公開
2 (4)

監督:チェ・グクヒ(최국희
『国家が破産する日 (국가부도의 날)』の監督さんです。
まったくテイストの異なる作品なので、意外…。

キャスト
カン・ジンボン:リュ・スンヨン
亭主関白な夫。「ムービング」の「不死身のお父さん」です。
オ・セヨン:ム・ジョンア
余命宣告を受けて、初恋の人を探しに行く。

セヨンの高校生時代の親友ヒョンジョン(현정)役に、
これまた「ムービング」に出てきたシム・ダルギが出てきて、嬉しくなりました。

あらすじ
ジンボンの妻セヨンに病気がみつかり、余命宣告を受ける。
それまで、夫と子供たちのためだけに生きてきたセヨンは、人生の最後に
高校時代の初恋を探すことを決意。夫も同行する。

予告編動画はこちら

韓国版ミュージカル映画

登場人物が突然、踊って歌い出すミュージカル映画、
というだけでも、目新しさがあります。

セヨンの初恋物語なので、セヨンが高校生の頃の音楽、
そしてセヨンとジンボンが出会った頃の音楽、
つまり、1980年代90年代の音楽がふんだんに使われています。

「応答せよ」シリーズとか「賢い医師生活」とか、
日本でも80~90年代の韓国歌謡曲に馴染んでいる人々が
結構、増えてきているんじゃないでしょうか。

私が知っている歌はあまりありませんでしたが、
「応答せよ1988」第4話に出てきた
イム・ジョンス임병수の「アイスクリームの恋아이스크림 사랑
が流れてきたときには、テンション上がりました。

「応答せよ1988」ではドクソンがこんなふうに歌っていました。
2 (2)

そんなわけで、いわゆる「懐メロ」でミュージカル、
というだけで、十分に楽しめます。

スポンサーリンク

古いタイプの夫像

韓国では、損益分岐点(観客220万人)を超えられず(117万人)、
興行的な成功は納められませんでしたが、
そこそこ好評だったようです。

ただ、私は馴染めませんでした。
リュ・スンヨンが演じるジンボンが、
妻を家政婦のようにこき使い、
妻が病気になっても思いやりがない、
という姿に、うんざりしてしまったり、

最後に、妻の知らないところで、
妻の病気を嘆き悲しみ、こっそり思いやりを示していた
という映像が出てきますが、
私はそれが言い訳がましく感じたり、

決定的だったのは、
ネタバレになりますが、

セヨンは初恋の先輩と両想いだったと信じていたのですが、
実は先輩はセヨンの親友ヒョンジョンのことが好きだった、
というのが判明した場面で、

ジンボンが、セヨンに対して、
ざまあみろ、いい気味だ、
というふうにあざ笑うんですね。

これがとても不愉快でした。

ジンボンはこれを機に突然セヨンに優しくなり、
ふたりで仲良く旅を終えます。
そして、セヨンのために最後のパーティーまで開いたり。

セヨンの不幸をあざ笑うことで、
ジンボンがセヨンに優しくなるというのが、
なんとも、納得いかなくて…。

歌と踊りのミュージカルという面では
とても楽しめる作品です。

よろしかったらお願いします!

韓国語ランキング

自己紹介はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

ページ上部へ戻る