イ・ジョンソク主演ドラマ『死の讃美』もとになった実在の人物について

boot-1699221_640

2018年11月から12に月にかけて、全3話で放送された『死の讃美』。イ・ジョンソクが主演ということで楽しみにしていました。韓国での放送後、すぐにネットフリックスで配信されびっくり。本当にすごい時代になりましたね。さっそく見てみました。

スポンサーリンク

ドラマ『死の讃美』キャストとあらすじ

1
2018年11月27日から12月4日
韓国SBS放送 全6話(70分基準で全3話)

キャスト
キム・ウジン:イ・ジョンソク
ユン・シムドク:シン・ヘソン

あらすじ
朝鮮初のソプラノ歌手であるユン・シムドクと、劇作家キム・ウジンは1926年8月3日、下関から釜山に向かう船の上から身を投げて命を絶った。 二人が出会い、死を選ぶまでの物語。

タイトル『死の讃美』は、ユン・シムドクが出したレコードのタイトル曲で、歌詞をユン・シムドク自身が書いたと言われています。
歌詞の一部は、こんな感じ。


광막한 황야에 달리는 인생아
荒野を走る人生よ

너의 가는 곳 그 어데냐
お前はどこへ行くのか

삶에 열중한 가련한 인생아
ひたむきに生きる哀れな人生よ

너는 칼 위에 춤추는 자도다
お前は刃の上で踊る小さな刃だ

スポンサーリンク

1920年代前半の女性たち

ドラマ『死の讃美』について、韓国でのレビューをいくつか見たところ、
「これはユン・シムドクじゃない!」という批判がありました。

ドラマでは、家族のために、自分の意志を曲げざるを得ない、
と苦悩していたユン・シムドクでしたが・・・

ドラマのユン・シムドク
3

ざっくり調べてみると、実際のユン・シムドクは、こんな人のようです。

ユン・シムドク:1897年生まれ、1926年没(29歳)
背が高く、自信に満ちた立ち居振る舞いで、
当時「夫のため、子どもためでなく、自分のための人生」を主張した
「モダンガール」「新女性」の象徴的存在だった。

なんとなく、平塚らいてふの「元祖女性は太陽であつた」とか、
伊藤野枝の自由恋愛論など、「青踏」の時代の女性たちを連想します。

伊藤野枝:1895年生まれ、1923年没(28歳)
ちょうど、時代も重なります。

青踏の女性たちが、保守層から批判の嵐だったように、
韓国でも、ユン・シムドクら「モダンガール」たちは、
モダンガール=모던걸(モドンゴル)をもじって、

모단걸(モダンゴル)=毛断ガール
못된걸(モッテンガール)=ダメなガール

などと揶揄されたとか。
女性らしい長髪をばっさり切った「毛断ガール」
異性関係がハレンチな「ダメなガール」

本物のユン・シムドク
2
(韓国나무위키ナムウィキより)

ドラマと現実のギャップ

ドラマのユン・シムドクは、モダン(毛断)ガールじゃないことからして、
本物のユン・シムドクとはかなり違う描かれ方だったことが想像できます。

ドラマは、イ・ジョンソク演じる劇作家キム・ウジンが中心だったこと、
また、悲恋モノとしてまとめられていたこと、
などの理由から、ユン・シムドクの「自由恋愛」の部分は扱えなかったのでしょう。

また、ユン・シムドクとキム・ウジンの心中事件は、
すでに映画や舞台で数多く扱われてきているので、既存の作品との違いを出す必要もあったと思います。

ドラマはドラマとして、イ・ジョンソクを中心に楽しめたので、よかったです。
4

それ以上に、
ドラマをきっかけに、韓国の1920年代、新女性・モダンガールの登場
ということを知ることができたのが、多きな収穫でした。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る