シム・ウンギョン『新聞記者』見てきました。

cake-2611488_640

来週が終わればようやく夏休みです。今年は特に疲れてしまって、風邪が2週間も続いて、最後は声が出なくなるという初体験をしました。回復記念?に話題の映画『新聞記者』を見てきました。

スポンサーリンク

映画『新聞記者』

2019年6月公開(日本)
4
原作:望月衣塑子「新聞記者」
シム・ウンギョン:吉岡エリカ(新聞記者)
松坂桃李:杉原拓海(エリート官僚)

予告編

シム・ウンギョンのキャスティング

今年の連休に赤坂ACTシアターでお芝居を観たのですが、
ばたばた忙しくてなんら予習できずに見に行ったら、なんと、
シム・ウンギョンが出てきた!!!
という驚きがありました。

その後、この『新聞記者』の映画のチラシを見て、
あら、シム・ウンギョンは日本の芸能事務所と契約でもしたのか???
と思っていました。

シム・ウンギョンのウィキペディアで確認したら、
もちろん、そんな事実はありませんでした。

でも・・・
舞台で見たシム・ウンギョンの日本語は、上手とはいえ、
やはりどう見ても「非ネイティブ」なんですね。
映画『新聞記者』の主人公は日本語ネイティブですから、
大丈夫なんだろうか、と心配でした。余計なお世話ですけれど。

5
(映画予告編より)

そうしたら、ウィキペディアにキャスティングの経緯が書かれていました。

アベ政権の不正を暴露する政治映画であるため
候補に挙がった女優(宮崎あおい・満島ひかり)が出演を断ったために、
シム・ウンギョンが主人公としてキャスティングされた。

なるほど。
そのあと、おまけとして、

本人が出演希望したとしても、下手すると右翼の標的になる可能性があるので
事務所が出演させなかった可能性が高いだろう。
そういう中でもう一人の主演・杉原役を引き受けた松坂桃李の勇気は大したものだ。

たしかに。
6
(映画予告編より)

キャスティング経緯に関する出典がリンクされていたので、
韓国・中央日報の芸能欄も見てみました。

シム・ウンギョンが主人公になったので、
「吉岡」のキャラクターが、当初の設定から、
新聞記者だった日本人の父親と、韓国人の母親の間に生まれた、
アメリカ育ちの人物
というように変更された。

だそうです。
これらの記事の出典はアサヒ芸能インターネット版、
検索したら日本語の情報ありました。こちらですね。
韓国語ウィキペディアから、ずいぶん、遠回りしてしまいました(笑)。

スポンサーリンク

ざっくり感想

映画のレビューは、すでにネット上でもたくさん出ているように、
日本で政権批判の映画はめずらしい、あっぱれ、
というものにほぼ同意です。

映画で、内閣情報捜査室(内調)がツイッターを使って
情報操作をしている場面があります。
さすがにフィクションなのでしょうが、
内調の部屋で、一人が複数のアカウントを使い、
伊藤詩織さん事件で、
「誘ったくせに」「ハニートラップ」「野党の陰謀」
などと書き立てていたものです。

この映画のレビュー「まとめサイト」をみると、
アンチの感想が並んでいて、おもわず
内調か!?
と笑ってしまいました。

映画で内調のボスが言っていたセリフ、
この国の民主主義は形だけでいいんだ
多くの政治家や官僚の本心なのでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る