映画『パラサイト(寄生虫)』を見て考えたこと(ネタバレなし)

wedding-2700495_640

世の中夏休みの真っただ中。大学の授業はありませんから私も夏休みではありますが、半分は自営業なので「休み」って基本、ありません。そして自営業で休みがないというのは、仕事があるという意味ですから、ありがたい訳です。「夏休みに見よう!」と思っていたドラマや映画も、見切れないまま…。

スポンサーリンク

映画『パラサイト』

2019年5月公開(韓国)
4 (2)

カンヌでパルムドールを取った『パラサイト(기생충寄生虫)』。
ポン・ジュノ監督といえば、『殺人の追憶』『グエムル』『オクジャ』など、
社会性が強く、笑いながらも深く考え込んでしまう作品が多いです。

キャスト
父親ギテク:ソン・ガンホ
長男ギウ:チェ・ウシク
長女ギジョン:パク・ソダム
金持ちムングァン:イ・ソンギュ

あらすじ
家族全員が定職にありつけないでいるギテク一家。
長男ギウが、友だちの紹介でパク社長の娘の家庭教師を始める。
ギウは、さらに息子の家庭教師や、運転手、家事手伝いなど、
自分の家族に仕事を作ってやるが…。

なくならない社会の格差

テーマは、格差社会。
ポン・ジュノ監督に限らず、韓国ドラマでも貧富の格差は、
多くの作品の背景に描かれています。

『美しき日々』『相続者たち』などの典型的シンデレラストーリーも、
貧富の格差が大前提です。
4
SBSホームページより

室長さん(실장님)
代表さん(대표님)
社長さん(사상님)
肩書で呼ばれる男性たちは、お金はあるけど孤独で、
貧乏な女性は、お金はな「いけど愛がありました。
貧富の格差に「愛」が立ち向かいます。

『華麗なるリベンジ』『インサイダーたち』などの復讐ものでは、
金持ちは、不正によって富を蓄えた悪者たちで、
社会格差を生んでいるのは、財閥や金持ちによる搾取が原因だ、
だから、奪われたものを取り返す!
貧富の格差に「知恵と力」が立ち向かいます。

『インサイダーたち(내부자들)』
5
予告編(서울신문)より

さて『寄生虫』は、
お金持ちは、孤独ではないし、不正を行っているわけではありません。
確かに、ギウやギジョンたちの「知恵」が活躍しますが、
貧富の格差に「立ち向かう」のではなく「寄生」します。

ギウたち「貧しい者」が立ち向かったのは・・・
ギウたちが戦った相手というのは・・・

スポンサーリンク

貧富の格差は、
「愛」や「知恵」で克服したりひっくり返したりできる時代は終わり、
いったん落ちたら、這いあがれないという、
残酷な時代になってしまったのか。

前年にカンヌでパルムドールを取った日本の『万引き家族』も、
血縁ではない繋がりの「家族」を描きましたが、
彼らも、貧富の「貧」に落ちた人たちでした。
さらに、社会制度(戸籍や住民票)からはみ出た人たちでした。
いったんはみ出ると、そこから這い上がるのは、ほぼ無理です。

『万引き家族』も『パラサイト』も、
ネット上にも多くの解説が出ています。
いくつか読みましたが、いろいろな視点があって興味深いです。
日本公開が楽しみです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る