映画『ハッピーログイン』久しぶりのチェ・ジウ

lily-of-the-valley-1693516_640

市民講座の教材が『二度目の二十歳』になったので、期間限定で上映されていた映画『ハッピーログイン』を見てきました。

スポンサーリンク

キャスト

監督:パク・ヒョンジン
イ・ミヨン:チョ・ギョンア
チェ・ジウ:ハム・ジュラン
キム・ジュヒョク:チョン・ソンチャン
ユ・アイン:ノ・ジヌ
カン・ハヌル:イ・スホ
イ・ソム:チャン・ナヨン

1hira5
公式HPより

あらすじの前に

映画が始まってすぐのシーンで、最近知った単語が飛び出しました。

主人公の一人、チャン・ソンチャンのレストラン。
1hira1

プロデューサーのナヨンが客で来ていて、ソンチャンと親しそう。
ソンチャンに結婚まじかの彼女から電話がかかってきますが、
1hira2

そこに近所のおばさんが飛び込んできて、
1hira3
おばさん:차키 하수구에빠뜨렸어, 손님이 기다리시는데.
車のキーを下水溝のおとしちゃって、お客さんまっているのに。

ソンチャン:(電話)오분 있다가 다시 전화할께, 아이 러브 유.
あとで掛けるね、アイラブユー!

ナヨン:저, 오지라퍼. 여친한테 버림 받아봐야 정신차리겠지.
やだ、おせっかい。カノジョに捨てられないとわからないのね。

「ミセン」に出てきて調べたことわざ由来の新語です。

오지랖이 넓다(前身ごろがひろい)で「でしゃばり、おせっかい」の意味で、
오지랖(前身ごろ)にerをつけて오지라퍼

実際に使われているのを聞いて、「お!!」とうれしくなりました。

スポンサーリンク

あらすじと感想

予告編やチラシでは「SNSを通じた悲喜こもごも」ということでしたが、
見てみると、SNS=フェイスブックは、物語上、あまり重要なツールではありません。普通のラブコメでした。

やたら豪華なキャストも、3組のカップルが絡み合うわけでなく、それぞれ別々のエピソードでしたし。

有名脚本家(イ・ミヨン)と韓流スター(ユ・アイン)

1hira6
脚本家イ・ミヨンは、ユ・アインがブレイクする機会を作ってくれた人で、かつて「一晩の過ち」があり、ユ・アインは逃げるように入隊したらしい。
除隊後、イ・ミヨンはシングルマザーになっていた!

料理店主キム・ジュヒョクと客室乗務員チェ・ジウ

1hira4
キム・ジュヒョクが新婚生活のために借りた部屋のオーナーがチェ・ジウ。
しかしキム・ジュヒョクは恋人にふられ、チェ・ジウは詐欺にあい、妙な縁で同居することになった!

冬のソナタでは、27歳で高校生を演じていたチェ・ジウも、今年41歳なんですね。映画では、年齢をネタにした「おばさんだから」「この年で」というセリフが多く出てきていましたが、じゅうううぶんに美人でした。

難聴の作曲家カン・ハヌルと駆け出しプロデューサーのイ・ソム

恋愛経験のないカン・ハヌルはキム・ジュヒョクの店でイ・ソムと出会い、付き合い始める。中途失聴なので、耳は聞こえないけれどしゃべることができるので、聞こえないことを打ち明けられずにいた。

有名な役者さんが総出場ですが、一番なじみのあるのが、カン・ハヌル。
「相続者たち」の先輩役と、「ミセン」のチャン・ベッキ役をみて、
芸達者な印象をもっていましたが、今回もさすが!でした。
お気楽なラブコメ映画だけど、カン・ハヌルのシーンで泣きました。
ちょっと惚れます。
1in2

耳が聞こえなくても作曲はできる、というのは映画「FAKE」で知っていたので、この設定に違和感もたずにすみました。

最後に映画タイトルなど

映画のタイトル「ハッピーログイン」の原題は、좋아해줘(好きになって)。
SNSでつかう「いいね!」の「좋아요!」と関係しているのかと思ったら、全然関係なく、歌の歌詞のようでした。
フェイスブックは韓国語で、페이스북ですが、通常は略して
페북(ペブッ)です。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • NICO
    • 2016年 11月 23日

    こんにちは(´∀`)

    私はまだ字幕つきでは観ていないのですが、この映画、とてもいい作品でしたね~
    ユ・アインさんは実際にイ・ミヨンさんが理想のタイプと以前から公言していたそうで、
    制作報告会でもとても嬉しそうなアインさんでした(´艸`)
    『六龍が飛ぶ』もよかったですけど、この映画の等身大のようなアインさんもよかったですね♪

    チェ・ジウさんと付き合おうとする医師?役の方が、先日のMVのハ・ソクジンさんですよね?
    『2度目の二十歳』も楽しく観ましたが、ドラマもこの映画も、
    ジウさんの役はホントに色々と共感してしまうシーンが多かったです。
    バラエティの『三食ごはん』や『花よりおじいさん』などに出演した時の、
    素のジウさんもとても明るい方で、若い頃より今のジウさんの方が好感がもてる気がします(´艸`)

    そしてカン・ハヌルさんは、まだ若いのにとてもいい俳優さんですよね~
    私もハヌルさんのシーンで泣きました。
    ハヌルさんはすごく演技の引き出しの多い俳優さんで、この映画のような純情さを演じても上手だし、
    悪い役をしてもとても上手だと思います。
    映画『ドンジュ』や『純粋の時代』の演技も好きでした。
    あと、今月初めに放送終了したドラマ『月の恋人-歩歩驚心 麗』の演技もとてもよかったですよ(´∀`)
    ハヌルさん、舞台がしたいけど、なかなかさせてくれる事務所がないそうで、
    それをさせてくれるファン・ジョンミンさんの事務所に籍を置いています。

    『ハッピーログイン』韓国でのタイトルで、一度は捨てられたタイトルが、結局邦題になりましたね。
    変な邦題がつくよりマシだったかな?とも思います。

      • sokjon2016
      • 2016年 11月 23日

      NICOさま
      コメントありがとうございます!
      ユ・アインは、「六龍が飛ぶ」、「王の運命」、「ベテラン」でしか見ていないので、
      いずれも常軌を逸した役なんですよね。ユ・アインが普通の人を演じるのを見たい、というのも
      この映画を見る動機のひとつでした。

      そうそう、ハ・ソクジンさんでしたよね。
      あのお医者さん、本気でチェ・ジウに惚れていたのなら、気の毒ですよね。
      「二度目の二十歳」も御覧になっているのですね。
      市民講座の教材になったので、しばらく「二度目~」関連で書くと思いますので、
      またよろしくお願いします。

      カン・ハヌルは、特に好きも嫌いもなかったのですが、映画やドラマに、とってもよく出ているんですね。
      先日、バラエティ番組に出ているのを見たのですが、「怒ったことがない」と言っていて、
      インタビューの受け答えも、誠実で穏やかで、驚くほどいい人で、さらに惚れました。
      「月の恋人」にも出ているんですね。ユーチューブがおすすめしてくるので、そのうち見てみようと思っていました。
      いつもありがとうございます。

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る