映画『マンハント』日中韓のチラシを比較しながら

dove-2497585_640

ハ・ジウォンの弟さんが亡くなったニュースで、「ハ・ジウォンは映画『マンハント』の宣伝に出られなくなった」と言っていたのを見て『マンハント』という映画の存在を知りました。

スポンサーリンク

キャストとあらすじ

2018年2月公開
5
写真をクリックすると公式HPに飛びます。

監督:ジョン・ウー
(「レッドクリフ」や「男たちの挽歌」の監督)

チャン・ハンユー:ドゥ・チウ
(殺人の濡れ衣着せられる弁護士)

福山雅治:矢村聡
(冷血そうに見える刑事)

チー・ウェイ:遠波真由美
(製薬会社勤務だった婚約者を失った女性)

ハ・ジウォン:レイン
(製薬会社所属の殺し屋)

國村隼:酒井義廣
(製薬会社の会長)

あらすじ
製薬会社の顧問弁護士をつとめる男ドゥ・チウは、パーティの翌朝、死体の横で目を覚ます。突然、殺人犯に仕立て上げれ、やむを得ず逃亡を図る。刑事・矢村は、何度もドゥ・チウを取り逃がすが、次第にドゥ・チウの無実を確信する。そしてともに製薬会社の違法行為を調べ始め・・・。

予告編

有名監督に有名俳優

ジョン・ウー監督は、『レッドクリフ』を見ています。格好良くて印象的でした。それより、韓国ドラマを見るようになってからは、『男たちの挽歌』(韓国語タイトル:英雄本色영웅본색)の監督という印象の方が強くなりました。
6

『応答せよ1988』でもテレビに映っていましたし、『相続者たち』でもキャンプでパロディしていましたし。

ハ・ジウォンは、最近見ていませんが『シークレット・ガーデン』で十分に魅力を知っていますし、福山雅治は特にファンではありませんが『ガリレオ』シリーズでその格好良さは知っています。

とりあえず、見てみようかなと思わせる話題性は十分です。

スポンサーリンク

中国のチラシ

4
日本のHPの写真と、えらく雰囲気が違います。
ジョン・ウー監督といえば、「白い鳩」なんだそうです。

予告編にも白い鳩の場面が出ていますね。
7

白い鳩、二丁拳銃、ストップモーションが、
ジョン・ウー監督の決まり事らしいです。たしかに3つともありました。

1976年高倉健さん主演の『君よ憤怒の河を渉れ』という映画のリメイクだからか、外国の監督さんと舞台の大阪という組み合わせのせいか、なんだか現実離れした不自然な感じ。

ジョン・ウー監督のファンは「過去作を切り貼りしただけ」と手厳しい評価でした。

日本のチラシ

2
もう一人の主人公を演じたチャン・ハンユーという俳優さん、格好良かったです。
あれだけ雨あられの銃弾を浴びせられながら、福山雅治とチャン・ハンユーは決して死にません。福山は刑事ですが、チャンは弁護士なのに。
途中から、これはマンガだと思わずにはいられないほどの、不死身っぷりでした。

韓国のチラシ

3
当然、ハ・ジウォンがはいります。
でも、ハ・ジウォンを出したくて無理やり作った役?というくらい重要度が低いというか、他の登場人物との絡みも少なくて、残念でした。

そんなわけで韓国では興行的にも振るわなかったようです。

ハ・ジウォンは、2016年の『パーフェクト・プロファイラー 命がけの恋愛』、2014年『朝鮮美女三銃士』と、なかなかヒット作にならず、今回の『マンハント』も不評で、失敗続きと言われています。
でも、ドラマ『病院船』は二けたの視聴率がとれたのでよかったです。

天神製薬の新薬

これは余計な話しなのですが、天神製薬が開発していたのは、人間に投与すると怪力をもち、本人の意志に関係なく他人を攻撃するようになる、という「人間兵器」を作る薬でした。

これって・・・バナナフィッシュ?
私がこよなく愛するマンガの「バナナフィッシュ」(吉田秋生)も、同じような薬をめぐるお話です。

なんと、アニメ化だそうで。バナナフィッシュ公式サイト。
8

映画『マンハント』の原作「君よ憤怒の河を渉れ」(1974年の小説、1976年映画化)を知らないので、もともとどういう新薬なのかわかりませんが、まあ、「外国に売ってお金になる薬」といったら、発想するものは同じなのでしょうか。

そんなわけで、「バナナフィッシュ」が読みたくなる映画でした(笑)。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る