チョン・ヘイン×キム・ゴウンの映画『ユ・ヨルの音楽アルバム』

hand-1549399_640

ドラマ『トッケビ』で、キム・ゴウンの初恋の相手だった「テヒオッパ」のチョン・ヘイン。この二人が主人公です。とても楽しみにしていました。ネットフリックスで公開されています。

スポンサーリンク

映画『ユ・ヨルの音楽アルバム』

2019年8月公開(韓国)
4 (2)
監督:チョン・ジウ
(キム・ゴウンのデビュー作「ウンギョ」の監督さん)

ミス:キム・ゴウン
(血のつながらない姉のパン屋で働く学生)
ヒョヌ:チョン・ヘイン
(少年院にいた過去をもつ青年)

あらすじ
少年院から出てきたヒョヌは、通りかかったパン屋でアルバイトを始める。
パン屋の娘のようなミスとお互い「いい感じ」になるが、
ヒョヌが軍隊にはいったり、ヒョヌの昔の仲間が邪魔したり・・・。
10年を経て、ようやく結ばれる。

予告編

90年代を懐かしむ映画

1994年から2005年くらいまでのお話で、
90年代という時代を描こうとしているのでしょう。
映画タイトルの「ユ・ヨルの音楽アルバム」も、当時のラジオ番組です。

時代ごとに「〇〇の音楽アルバム」とDJを担当する人の名前がつく番組。
ユ・ヨルさんは、1994年から2007年までを担当しました。
だから、この映画のタイトルだけ見ても、
「あ~、私の学生時代!」とか「あ~、ちょうど恋愛していた頃!」とか、
懐かしい記憶がよみがえる人々が多くいるのでしょうね。

そういう背景を共有していない私は、
ただただ、主人公たちの恋の行方に注目・・・。
そうすると、正直、あまり満足できませんでした。

スポンサーリンク

出会いも再開もすべてが偶然

二人の最初の出会いは、
少年院から出てきたヒョヌが、ミスの「パン屋」に入ってきたからですが、
なぜパン屋に来たかというと、
「豆腐」を買うため。
(韓国では刑務所から出ると豆腐を食べる、という文化があるのです)

映画のしょっぱなから、「え?」となりますね。
パン屋に豆腐が売ってるわけないじゃん!

ヒョヌの昔の仲間たちに軍隊に邪魔されたり、
ヒョヌが軍隊にはいったりして、二人が会えなくなるたびに、

おばあさんを家に送り届ける途中に偶然、ばったり再会したり、
ミスの仕事場の2階にヒョヌが仕事で出入りしたり、

あまりに都合よく偶然が起きます。
まあ、映画だから、それもアリかなと思うのですが。

出会いから10年間、
二人とも、ずーーっとお互いを思っていた、
というのは、現実にはあり得ないのではないか、と。

だって、「チョン・ヘイン」クラスのイケメンさんが、
10年間、キム・ゴウン一筋だ、というのは、
都合よすぎというか、私たちのファンタジーというか。

というわけで、ストーリーにはまったく没頭できないどころか、
あまりに陳腐な作品じゃないか、と毒づきたくなるほどでしたが、

チョン・ヘインの笑顔とキム・ゴウンの可愛らしさ
この二人のラブラブシーンを見るだけで、そこそこ満足してしまいます。

いいなぁ~。
4 (3)

この映画を作った目的も、時代背景云々より、
愛らしいこの二人を見せる
というのだったのかもしれません。

よろしかったらお願いします!

韓国語ランキング

自己紹介はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの韓国語の勉強に少しでもお役にたちますように!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る