韓国語で「会う」は보다(ポダ)か、만나다(マンナダ)か

8 (2)

単語集、入門ドリル、フレーズ集と仕事が続き、今は「歌詞やセリフで学ぶ学習書」を作っています。学習書を作る場合、通常は、使用語彙について「検定試験に出てくる単語を」とか「日常生活で使用頻度の高いものを」と意識しますが、今回はむしろ日常会話では使わない語彙が並びます。楽しいです!

スポンサーリンク

韓国語の「会う」は2種類

主にK-POPの歌詞を例文サンプルに使うので、
BTCやらエクソやらビッグバンやらセブンティーンやらGfriendやらの
歌の歌詞を片っ端から見ましたが、
よく出てくるのは、

보고 싶다 ポゴ シプタ=会いたい

でしょうか。

そういえば、私の初BTCソングは、Spring Day(봄날)でした。
この歌に、보고 싶다が何度も繰り返し出てきます。

学生さんに強力に勧められて聞いたのですが、いい歌だったので、その後、
希望表現 고 싶다
を学ぶときに授業で使っています。

ただ、このSpring Dayの歌詞をもう少し見ていくと

보게 될까
만나게 될까
会えるだろうか(会うようになるだろうか)

という歌詞が出てきます。使われている動詞は
보다 ポダ
만나다 マンナダ
両方とも「会う」の意味なんですよね。

辞書(国立国語院標準国語大辞典)の説明をみると、

만나다:누군가 가거나 와서 둘이 서로 마주 보다.
(誰かが行くか来るかして二人が互いに相見る)
보다:사람을 만나다
 (人に会う)

意味は同じってことでしょうか。

ただ、
보다は、もともと「見る」の意味なので、
その人が「視界に入る」という場合にも使います。
そう考えると、
만나다は、その人に会うことを目的として会う
というニュアンスを感じます。

先ほどの歌詞、
보게 될까
만나게 될까
のように、並んで出てくると、
日本語訳に違いを反映させるのは、難しいですね。

スポンサーリンク

보다の意味は広い!

「会う」の意味をもつ動詞の보다ですが、一般的には、
보다=見る
というふうに学びます。
教科書でも、早い段階で登場する動詞です。

영화를 보다
映画を見る

でも、教科書には
신문을 보다
新聞を見る→新聞を読む

という例文も出てきます。
보다は、日本語の「見る」より広い意味で使われます。

どれだけ広いかというと、

을 보다
を見る(守るの意味)→ 留守番をする

을 보다
仕事を見る(処理するの意味)→ 仕事をする

손자를 보다
を見る(迎えるの意味)→ 孫を得る

손해를 보다
損害を見る(被るの意味)→ 損害を受ける

시험을 보다
試験を見る→ 試験を受ける

을 보다
市場を見る→ 買い物をする

을 보다
見合いを見る→ 見合いをする

을 보다
便を見る→ 大便をする

実にいろんなものを「見ます」ね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る