サブ病、ソブピョン、脇役に惹かれるドラマ『スタートアップ』の魅力

plant-5643271_640

ネットフリックスで放送中の『スタートアップ』がめちゃくちゃ面白いです。ストーリーでもきっちり笑わせてくれて、泣かせてもくれます。そして何より、登場人物たちがそれぞれに魅力的で、中でもキム・ソンホ演じるジピョンが格好いいんです。

スポンサーリンク

『スタートアップ』

起業をめざす若者たちの物語。
7 (2)

女性主人公が、スジ演じるソ・ダルミ。
(両親が離婚し、高卒で起業を目指す。子どもの頃の文通相手ドサンが初恋だが、手紙を書いていたのは実はジピョン)

男性主人公が、ナム・ジュヒョク演じるナム・ドサン
(数学の天才だが、経営センスのない典型的工学男子。ジピョンに頼まれて文通相手のフリをしたが、ダルミに惚れてしまう)

男性準主人公が、キム・ソンホ演じるジピョン。
(投資会社のエリート。高校生の時にダルミの祖母に頼まれて文通をしていた)

サブ病とは

男性主人公より、恋敵となる脇役男性(サブ主人公)と女性主人公が結ばれることを願う人々を
서브병
ソブピョン
サブ病
といいます。

基本的には、男女主人公が結ばれるわけで、
脇役男性の想いは叶わない、と分かっているため、
余計、切なく、感情移入してしまいがち・・・ですよね。

「チーズインザトラップ」では、パク・ヘジンより断然ソ・ガンジュン。
「宮」では、シン君より、ユル君でした。
「相続者たち」では、キム・タン、チェ・ヨンド。
「キルミーヒルミー」では、チソンよりパク・ソジュン。
「彼女はきれいだった」では、パク・ソジュンよりチェ・シウォン。

古いところでは「秋の童話」でも、
ソン・スンホンより、だんぜん、ウォンビンでした。
サブ病、年季はいってます・・・

スポンサーリンク

『スタートアップ』でのサブ病

『スタートアップ』では、今のところ、
ジピョンとソ・ダルミの祖母とのご縁があるため(詳細はこちら
ナム・ジュヒョク演じるドサンより、ジピョンに物語上の比重が置かれている感じがします。

そうすると、当然「ジピョン押し」も増えるわけで、
主人公はナム・ジュヒョクなのに!バランス悪い!
という不満?の声が高まっているとか。

結局、どうせ、主人公同士が結ばれるとして、
ジピョンは、きっと、とてつもなく格好良く身を引くのだろうな
と思うと、今から、ドキドキします。

ずっと笑っていて欲しいと願う。
9 (2)

一方で、ソ・ダルミとドサンの初々しいカップルも、
みていて、とっても可愛らしい。
10 (2)
ダルミに抱き着かれて、うれしいドサン。
抱きしめていいものか、迷うドサンの腕がかわいくて、かわいくて。

よろしかったらお願いします!

韓国語ランキング

自己紹介はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの韓国語の勉強に少しでもお役にたちますように!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

ページ上部へ戻る