【ネコの糖尿病】食事制限のため自動餌やり機を購入

cat-1099754_640

ネコの発病までは、こちら
糖尿病の宣告は、こちら
病院を変えて治療開始は、こちら

スポンサーリンク

自動餌やり機の導入

糖尿病の療養生活が始まりました。
今まで、エサは適当にお皿にいれていました。
なくなれば足し、
出かけるときには多めに入れて。
一日に何グラム食べているのか、把握のしようもありません。

これからは、減量のため、糖尿病食を一日85グラム
と指定されました。

お皿にエサをいれると、瞬時に平らげてしまいます。
一日に何回かにわけて与えるとなると、その時間に家にいなければならない。

調べてみると、「自動餌やり機」という便利なものがあるらしい。
いろいろなタイプがありますが、
お値段と、回数と、停電対応(電池式)を考えて、これにしました。

【あす楽】オートマチックペットフィーダー(ブルー)愛犬や愛猫などの自動ペットえさやり器●時計時刻で給餌時間を4回までセット可能!●餌の時間にボイスメッセージ再生機能搭載!●ペットの健康管理にや旅行に最適!【あす楽対応_関東】

価格:4,968円
(2016/12/2 14:08時点)
感想(6件)


2014年6月に購入して、まだ電池交換していないので、電池の持ちもいいです。
ただ、4回分しかないので、1回を手動にして5回、エサをあげています。

85グラムのエサを5等分して、
朝7時・・・エサの皿に入れる。
朝11時、昼3時、夜7時、夜11時の4回は機械で。

それからついでに、
病気になると、病院に通うために、キャリーケースをよく使うようになります。
ネコ用のかわいらしいキャリーケースは、たいがい「3キロまで」という
制限がついていて、8.8キロのネコには、とてもとても・・・。

うちのとにているもの。

ドギーマン イタリア製ハードキャリー DOGGY EXPRESS M ブルー 犬 猫用キャリーバッグ 航空機対応(8kgまで) 関東当日便

価格:3,080円
(2016/12/2 14:26時点)
感想(12件)


「8キロまで」とあります。

最大級に太っていたときは、手提げを持たずに抱えていました。
今は8キロきっていますが、習慣になってしまい、ほとんど抱えて運んでいます。

空腹が我慢できないネコ

うちのネコは、食い意地が張っているというか、腹ペコ型というか、
食事制限による「被害」はすさまじいものです。

テーブルの上に置いてあるお菓子類は、袋を破って食べてしまう。
乾物を入れてあるドアも開けて、素麺パスタなどバリバリ食べてしまう。
コメの袋も、生鮮食品を冷蔵庫に入れる間のスキをついて、破られてしまいました。

ごみ箱もあさられます。
フタのついているごみ箱は大丈夫でも、部屋にある小さなゴミ箱に、
子ども達が食べた後のお菓子の袋が入っていたら、必ずひっくり返されます。

うちでは、クッキーもパスタもパンも、すべて冷蔵庫に避難が基本。

米がもったいないとか、素麺が一袋無駄になったとか、
そういうことより、
「ネコのクオリティオブライフ」は、どうなんだろうと悩みました。

お腹いっぱい食べて幸せ感じて、少し短い寿命を生きるか、
長く生きられても、常に空腹で満たされない人生を生きるか、

病院の先生にも聞いてみましたが、
「・・・分かりません」
だそうです。

とりあえず、
体調不良より健康がいいでしょう、ということで、
糖尿病治療とダイエットを続けています。

私に余裕があるときは、ごみ箱あさろうとしたり、テーブルに乗ってきたりしたら、
おもちゃの猫じゃらしで遊んで、気を紛らわせてあげます。
最近は、年寄っぽく、お昼寝の時間が長いので、それほどひもじくないようです。

一回だけでいいので、ネコに人間の言葉をしゃべってもらいたいです。
「病気とダイエットと、どちらがつらい?」
と聞いてみたいです。
IMG_11

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る