『The K2』第11話チ・チャンウクをめぐる愛と嫉妬

cosmos-field-950004_640

ついに大統領選をめぐり水面下で武力戦争が勃発。

パク・グァンスの敗北

チャン・セジュンとパク・グァンスで争う大統領選挙。
チャン・セジュンの妻は財閥の娘チェ・ユジンで、JB財閥の警備会社JSSを使ってパク・グァンスを暗殺をしかける。

警察総長に「暗殺計画がある」と情報を流し、総長からパク・グァンスに「自宅は危険」と伝わり、パク・グァンス一行は秘密のアジトへ。
警備が手薄なアジトで、JSS先鋭部隊が待ち伏せをする、という計画。

しかし、アジトの警備員に紛れ込んだジェハとJSS隊長は、「食事はしたか?」の暗号にひっかかり、あっという間に銃撃戦に。
1hira1

右側のJSS隊長が撃たれてしましますが、JSS側が圧倒的に優勢です。
パク・グァンスを追い詰めるジェハ。


ジェハ:잡았다, 이새끼야.
捕まえた、この野郎。

しかしPTSDのため、ジェハは人を殺すことができない。

パク:잠깐, 내 말 들어보게.나를 죽여도 여기서 자네 살아나갈 수 없어.
ちょっとまて。俺を殺してもお前は生きてここから出られない。

回想アンナ:꼭 살아서 돌아와.명령이야.
必ず生きて帰ってきて、命令よ。

パク:얼만가, 나를 죽이고 받기로 한 돈이.얼마나 받기로 했는지 한번 불어보게.내가 두배로 줄게.
いくらだ、俺を殺して受け取る金は。いくら受け取るのか行ってみろ。その二倍払うから。

回想ユジン:총알만이 사람을 죽일 수 있는 게 아냐.
人を殺せるのは銃だけじゃないのよ。

ジェハ:하하하, 잘 아시네요. 용병들이 제일 좋아하는 말이 뭔지.
ははは。よく御存じで。傭兵が好きな言葉が何なのか。

ジェハはまず、仲間を安全にここから出してくれと要求し、撃たれたJSS隊長たちは助かった。

そして交渉を始める。
パク・グァンスはジェハが傭兵だったことを知っていたが、人を殺せないことは知らないようだ。殺せないとしたら、さてどうするか。

「二倍の金をやる」の言葉に心動かされたふりをして、ジェハはチェ・ユジンに電話し、パク・グァンスを政治的に抹殺する方法を指示させる。
1in3

チェ・ユジンの要求は、
会計監査で検察に拘束されているチャン・セジュンの解放と、
大統領の与党への即時入党。

ジェハはパク・グァンスから現金で一万ドルを受け取る。
「君はブラックストーンにいたんだって?」
「議員さんもブラックストーンで稼いだんですか?この金も油の臭いがしますね」
「いや、血の臭いだろう」

命が助かったと安心したパク・グァンスは、
実は君に会いたかったんだ。チェ・ユジンの側近だろう。次は俺が先に君を雇うよ
といって、パク・グァンスとジェハの握手シーン。
1hira3

パク・グァンスのほかにもう一人の敗者。
JSSの隊長にジェハ殺害を命令していたチェ・ユジンの秘書。
1hira4
JSS隊長はジェハに命を救われたので、秘書の命令を無視。
チェ・ユジンにもジェハ殺害命令はばれていて、
ジェハに手を出したら、あんたを殺すわよ」とまで言われ。

戦争後の愛憎模様

検察から解放されたチャン・セジュンは、チェ会長(ユジンの異母弟)から、毒ガスでアンナが殺されそうになった話を聞き、ユジンを殴ります。


セジュン:안나는 건드리지 말라고 했지. 안나가 잘못되면 우리 계약도 끝이다고. 내가 대통령이 안되면 넌 아무것도 아니야, 최유진!
アンナに手を出すなと言っただろう、アンナに何かあったら、お前との契約も終わりだ。大統領になれなかったら、お前もおしまいだ、チェ・ユジン!

ユジン:알았어요. 안나는 그냥 놔버려 둘게요.
그러니까 당신은 대통령하기 싫은 거죠.
わかったわよ、アンナは放っておくわ。
あなたは大統領になりたくないのね。

殴られて一瞬ひるんだもののユジンは、
あなたもパク・グァンスも違いはないから、パク・グァンスと契約したっていいのよ、あなたの首と引き換えに
と反撃。

ユジン:欲のために私と結婚した、私はあなたを愛していた、
でも、違った。
あなたは私の嫉妬と怒りを利用して、あんなに愛していたオム・ヘリン(アンナの母)を殺したのよ。

ジェハとアンナのラブラブ

一仕事終えた打ち上げに、アンナも参加。
1hira5

打ち上げの店の前をユジンが車で通りがかり、JSSメンバーやアンナと親しく食事しているジェハを見て、嫉妬。
1in4

パク・グァンス暗殺計画が失敗したらJSSメンバーみな処分されることになっていたので、JSS隊長はジェハに「ありがとう」と。
それに対してジェハは「らしくないな、ヒョン」!!!
感激した隊長がジェハにだきつく!!!
1hira6
男同士の感情表現シーン、好きです。

皆、酒飲んで運転手がいないので、全員がアンナの家に泊まることに。
いびきがうるさくて眠れないジェハと、
前日のブランケットキスを思い出して眠れないアンナ。
アンナは、怪我していたっぽいジェハを呼び出して、治療。


アンナ:あなたは私のものなんだから、無茶しちゃだめよ。

その後、屋根の上で毛布にくるまって、
ジェハ:落ち着いたらスペインで暮らそうか
アンナ:逃げ出したかった場所だけどあなたと一緒なら。

アンナ:スペインで何をしていたの?
ジェハ:守れなかった人の殺人の濡れ衣で逃げていた。
アンナ:愛してた人なの?だから悪夢を?
1in2
ジェハ:今まで守る人がいなかったけれど、守りたい人ができた。これから幸せになれそうな気がする。

今後の計画

翌日、ジェハはクラウドナインに呼ばれ、
パク・グァンスがお金について「血の臭い」と言ったこと、
ジェハにグァンスが接近してきたら、親しくしておく、
など打ち合わせ。

アンナはチェ会長と母親のお墓に行くことに。
そして、ユジンは秘書に「あなたの仕事をして、ジェハには気づかれないように」と指示をだす。
第11話終了。

常に傷が絶えないジェハ。
1hira2
ーーーーーーーーーーーー
『The K2』のほかの記事
basil-320736_640

チェ・ユジンは、父親にも夫にも愛されなかったので、自分を無条件守ってくれる絶対的な存在が欲しいのでしょうね。
ユジンも夫セジュンも、心に傷を抱えていて、その傷の癒すために他人を傷つけているような。被害者である部分は救われてほしいけれど、加害者である部分は裁かれるべきで・・・。
この二人は、どういうラストを迎えるのでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る