『2度目の二十歳』で見る韓国の大学でかかる費用

bouquet-1720296_640

『2度目の二十歳』第11話

ノラ(チェ・ジウ)は、大学教員の夫ウチョルから離婚を言われ、会話の水準を合わそうと大学に入るが、自立するにつれノラ自身が離婚したいと思うようになりました。


不要になって捨てたゴミでも、誰かが拾うととたんに捨てたのが惜しくなる、という話も聞いたことがあります。
この夫ウチョルがさまにそうなのでしょう。
1hira1
元々、夫ウチョルが浮気中の女性と結婚したくて言いだした離婚ですが、妻が離婚に積極的になったとたん、「まってくれ」と言いだす始末。

一方、ノラはアルバイトも掛け持ちして、経済的自立も画策中。
1hira2

大学生活でかかる費用

離婚協議中なので、大学の費用も自分で払うため、必要経費を計算中。
1in2
手帳の中身
<앞으로 할 일>
1.방학때 할 알바 구하기
2.2학년 때 전공할 학과 정할 것
(국문과, 영문과, 독문과
철학과, 심리학과, 사학과)
3.대학 총 비용
(한학기 등록금 350만원
+책값 20만원=370만원
×7학기 =2590만원
*추가 식비 20만원
교통비 8만원, 핸드폰비 5만원
기타 7만원 = 한달 용돈 40만원
1년 480만원 × 4년 1920만원)
총 4510만원

<これからやること>
1.夏休みのアルバイトを探す
2.2年生の専攻学科を決める
(国文科、英文科、独文科
 哲学科、心理学科、史学科)
3.大学の総費用
(一学期の学費 350万ウォン
+教科書代20万=370万ウォン
×7学期=2590万ウォン
*追加 食費20万ウォン
 交通費8万ウォン、携帯代5万ウォン
 その他7万ウォン=1か月の小遣い40万ウォン
1年480万ウォン×4年 1920万ウォン
総額 4510万ウォン

スポンサーリンク

大学の学費

1学期350万ウォンで、それがあと7学期
ということは、
4年間が8学期で、最初に1学期は入学金とともに支払い済み
ということでしょうか。
半年で350万ウォン、1年で700万ウォン。

韓国の主要大学の学費を調べてみると、
(2015年、人文社会系の学部、端数切捨て)

延世大学  807万ウォン
高麗大学  715万ウォン
ソウル大学 497万ウォン

ノラの通うウチョン大学の学費は、私学にしては若干安めの設定ですね。

経費を計算したあとで、ノラは

최소한으로 뽑았는데도 4500만원을 넘네
最小限で計算したけど、4500万ウォンを超えるわ

と言っています。
日本と同様、教育費の負担は大きいですね。

それでも息子

最初は憎たらしかった息子も、いつの間にかお母さんのよき理解者になりました。
1hira3
せっかくもらった初給料のなかから、息子にお小遣いを渡します。
自分の食事を削ってでも、息子が第一。
韓国らしいなあと思いました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る