『雲が描いた月明かり』男装ドラマというジャンル

rose-2378156_640

やっとやっと『雲が描いた月明かり』、市民講座の受講生の方にお借りして、パク・ボゴムの魅力にやられています。ちょうどGYAO!で『善徳女王』を並行して見ているので、男装の麗人ばっかりだなあ、というのが気になりました。

スポンサーリンク

男装ドラマというジャンル

『コーヒープリンス1号店』、『イケメンですね』、『トキメキ☆成均館スキャンダル』などなど、思いつくままにドラマのタイトルをいれて検索したら、
남장 드라마 男装ドラマ
というキーワードが出てきました。

女性をターゲットにしたドラマなら、イケメン男性に囲まれる「ハーレム」を描くという狙いがあるのでしょうけれど、それにしても多すぎます・・・。

男装ドラマについての解説が、ハンギョレ新聞2016年9月13日の記事にありました。ざっくり、要約を紹介します。
1

「男装ドラマ」みにる悲しい女性の現実

韓国ドラマを見ていると、「出生の秘密」なみによく出てくるのが「男装の女性」だ。
2007年の「コーヒープリンス1号店」、2009年の「イケメンですね」、2010年の「トキメキ☆成均館スキャンダル」など、この10年でなんと20作品以上がある。
いい加減、食傷ぎみにもかかわらず、男装ドラマの多くは成功している。

スポンサーリンク

時代劇の男装、女性差別への反旗

「風の絵師」(2008年)では、画家になるために男装をした。「成均館スキャンダル」では、女は勉強するなという時代に、勉強するために男装をした。「済衆院」(2010年)では、医師試験をうけるために男装した。
女性が抑圧された時代、家父長的社会における女性の限界を克服するための方法が男装だった。

また、「雲が描いた月明かり」では逆賊の娘という事実を隠すために男装し、「善徳女王」でもやはり双子であった事実を隠すために男装する。
生き残るために、運命に逆らう女性たちである。

家父長制という欲圧的な社会のなかで、反旗を翻す主体的な女性。それ自体がドラマ的要素であり、さまざまな障害や苦難が予想されドラマに緊張感を与えてくれる。
5

現代の男装ドラマ

時代劇だけでなく、現代を扱うドラマでも男装がもてはやされる理由は何だろうか。時代劇で男装の女性たちは身分制や儒教的習慣と戦ったが、この時代の男装の女性が戦っているのは、経済的な問題、つまり就職難だろう。
3
「コーヒープリンス1号店」では、男子職員のみのカフェに就職するために男装した。「雪蓮花」でも学費をかせぐために髪を切って男装した。
実際に、アンケートで韓国企業の人事担当者の半数が「女性より男性を採用したい」と答えているという。

現代ドラマの男装は、女性の雇用不安そのものであり、男女の性別役割分業の現実が旧態依然であることの傍証だろう。

「花ざかりの君たちへ」「ネイルサロン・パリス」のように、好きな男性に会うために男装し、転校までするという、恋愛に積極的な女性という最近の若者世代を反映した男装ドラマもある。
4

同性愛を抵抗なく描く

時代的な要求として、同性愛をドラマに取り込むために男装を活用することもできる。男性主人公が、相手が男性だと分かっていながら惹かれてしまう自分自身に戸惑い、悩む複雑な感情プロセスに面白さがある。その分、男性主人公が魅力的でなければ成功しないともいえる。

男装である必然性

2
男社会に入るための手段や、ロマンスの装置としてのみ男装が使われている場合は残念に感じる。差別や困難に立ち向かうために男装しているのに、結局ロマンスが展開していくと、あっけなく「女性らしい女性」に戻ってしまう。

「成均館スキャンダル」では女性主人公の生きざまがよく表れていた。「学問に男も女も関係ない。女も人間でありたい」という叫びが胸に響いた。

「雲が描いた月明かり」は、ロマンスを描くことに力がはいっていたので、男装しなければならない理由や事情をもっと掘り下げれば、より深みのある作品になっただろう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • NICO
    • 2018年 3月 13日

    こんにちは(´∀`)

    『雲を描いた月明り』は、まぁ~ツッコミどころ満載なドラマでしたけど、ボゴムくんとユジョンちゃんの可愛さにまぁいいっかと思いながら観た作品でした( ̄∀ ̄)
    あまり共感してもらえないんですけど、ジニョンくんが時代劇の時のパク・シフさんに似ている気がして仕方なかった私です(´艸`)
    クァク・ドンヨンくんは『棚ぼたのあなた』での真面目なおとぼけ劣等生の役が忘れられず、今回の役とのギャップが面白かったです~

    ドラマの中ではたいてい、男装していることが長いことばれないことが多いですよね~
    ありえん。どう見ても女の子にしか見えない。といつも思ってしまいます(´艸`)
    ユジョンちゃんは特に、華奢すぎて男には見えないよ~と…ついついツッコミ…( ̄∀ ̄)
    まぁ、ドラマが成り立つためには目を瞑って観てますけどもねww

    最終回、あのドラマのあの人が、その役柄の扮装で出てきますよ~
    ほんのちょっとなので絶対に見逃さないでくださいね~(´艸`)
    最近の市民講座の教材ドラマでしたかね~?ウフフ

      • sokjon2016
      • 2018年 3月 14日

      NICOさま、
      コメントありがとうございます!
      今は市民講座、「応答せよ1988」を教材にしています。
      わたしがあまりに「ボゴム!ボゴム!」というので、受講生の方が
      「雲が描いた~」を貸してくださいました(笑)。

      テクで惚れて、ボゴムをもっと見たい!というファンのために作った作品ですよね。
      ありえない設定ばかりだけど、ボゴムのいろいろな表情がみれるからいいや、という。

      「ビョンヨン」も素敵で、ただ、今13話までみたのですが、もしや???
      と、途中で死なれたら立ち直れそうもないので、
      最終回までしっかり「予習」しました。
      予習するとカメオもちゃんとでてくるので、ポンダンポンダンのカメオも
      ちゃんとチェックしました!

      妄想ファンタジーとでもいうのでしょうか、
      たまには、こういう潤いが必要ですね(笑)。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る