『82年生まれ、キム・ジヨン』原作小説と映画の比較

christmas-balls-2995437_640

今年の話題作は、映画では『パラサイト』と『82年生まれ、キム・ジヨン』でしょうか。映画版の『82年生まれ、キム・ジヨン』、ネットでの評価を眺めて見ると、「想像以上によかった」、「夫からの視点があることで、より共感得られる」などなど、「小説よりよい出来」だそうです。とりあえず、映画と小説と、両方みてみました。

スポンサーリンク

小説『82年生まれ、キム・ジヨン』

4 (2)
チョ・ナムジュ作
斎藤 真理子訳

「キム・ジヨンさんに、おばあさんや友達の霊が憑依する話」
というのが宣伝文句ですが、
小説では、「憑依」はあまり出てきません。
キム・ジヨンさんの生い立ちが淡々とつづられているだけ。
精神科の医者が、治療のために本人から聞き取った記録、
という体裁です。

「女性だから」という理由だけで「なんとなく損」な扱いを受ける。
本人にも、差別されているというはっきりした感覚はなく、
「そういうもんだから」として受け入れてしまう。

でも、82年生まれくらいになると、
「ちょっとまって、それっておかしくない?」と言える人もいる。

キム・ジヨンさんは、
相手の男性に「言ってやりたい」言葉を飲み込むことが多いけれど、
夫には、ちゃんと「それはおかしい」と言えている。

子どもを産んだ時に、
女性は、仕事を諦めたり、自分の時間を諦めたりするけれど、
夫のあなたは、何を諦めるの?

洗濯や子育てを手伝う、手伝うって言わないで。
私だけの仕事じゃなくて、あなたの仕事でもあるのよ。
というように。

確かに、こういう経験をしている人たちは、
たくさんいるんだろうな、と説得力があります。

物足りなかった点

私は、結婚・離婚・子育ての経験があるので、
男から受ける差別より、女性から受ける差別の方が強烈でした。
同じ立場の女性が、
「離婚するから苦労するんじゃん」とか
「経済的に大変なら子供を大学に行かせなければいい」とか、

「普通の」「ちゃんとした」女性たちから
下に見られているわけです。

だから、
この小説は、
82年生まれのキム・ジヨン=ごく一般的な女性
が経験するごく一般的に受けている女性であるがゆえの不利益
を描いているのはわかるのですが、

ごく一般的な女性が、差別されていながらも、
ごく一般的に、無意識のうちに、差別する側にもなる、
というところまで描いてくれていたらな・・・
という部分がちょっと、残念でした。

スポンサーリンク

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』

2019年10月公開(韓国)
4 (3)
映画は、小説より「憑依」が物語の中心になっています。
妻の「憑依現象」に悩む夫(コンユ)の立場からの描写が多い分、
男性からも支持や共感を得られるようになっています。

しかも、コンユも、板挟みのしんどさや、
女性蔑視発言を聞かされる男性の居心地の悪さや、
「男の生きずらさ」もそれなりにある、ということを描いていました。
「それなり」ですけれど。

実際、この作品を批判する人たちの中に、特に男性は、
軍隊に行くのは男性だけ、
男らしさを強要されるのもつらい、
などなど、「男だから」という理由だけで、
男たちもつらいんだ、と主張します。

「男らしさ」と「女らしさ」は合わせ鏡ですから、
「女だから」という差別がなくなれば、
「男だから」という窮屈さもなくなるんじゃないかと思います。

映画の中の「夫のコンユ」を見ていると、
「それなり」であはりますが、苦しんでいるので、
女性が生きやすい社会は、男性にとっても生きやすいのだ
ということがちゃんと伝わってきます。

ああ、なるほど「小説より映画の方がよかった」
と言われているのも、納得です。

よろしかったらお願いします!

韓国語ランキング

自己紹介はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの韓国語の勉強に少しでもお役にたちますように!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

ページ上部へ戻る