人気ドラマ『その年私たちは』ほのぼのヒーリングドラマの深読み解説

windows-gb5f10cd07_640

ネットフリックス公開の『その年私たちは』が終わってしまいました。『不可殺』(刺したり刺されたりの血みどろ)と平行して見ていたので、『その年私たちは』が一層、爽やかな楽しみでした。

スポンサーリンク

『その年私たちは』

ドラマの概要はこちらに。
予告編、登場人物の解説など。

高校から大学にかけて付き合っていた二人が、
ヨンスがウンに一方的に別れを告げて
5年後に再会、
お互いのトラウマを克服していく物語です。

深読み解説

韓国でもたいそうな人気で、

服装や持ち物が意味するものは?
人物を写す角度や背景の意味は?
伏線から考える今後の展開は?

などなど、いろんな人たちが解説していました。
ドラマと併せて、ドラマ解説ユーチューバーたちの
自己流の解説を見るのも楽しみでした。

ネット上で公開している自己流解説のことを

뇌피셜 ノェピショル =個人的見解
といいます。
(脳=自分の脳内)
오피셜(オフィシャル=公式見解)

いろいろな뇌피셜の中で、
なるほど~!
と思ったものをいくつかご紹介します。

チェ・ウンの黄色い服

チェ・ウン(チェ・ウシク役)は、
幼少時に父親から捨てられ、現在の両親は養父母になります。
養父母は限りなく愛情を注いでくれますが、

失望されたらまた捨てられるかも
という不安を常に抱えています。

また、今の幸せな環境は、本来は
養父母が失った実の息子が享受するはずだったもの
という「借り物人生」という後ろめたさも持っています。

捨てられる不安
借り物だから何も欲しない
というのがチェ・ウンの克服すべき課題。

このトラウマや課題を象徴するのが、
黄色い服です。

3 (4)
父親に捨てられた時に来ていた黄色い服。

例えば、最終回で、
絵の勉強を深めるために留学を決意しますが、
1人じゃだめだからヨンスと一緒に行く
という選択をします。

NJさんに暗に批判されたた時のチェ・ウン。
黄色い服が、過去にとらわれていることを表しているようです。
1787

スポンサーリンク

ヨンスとウンの進む方向

最終回、ついに一人で留学に旅立ったウンが、
ヨンスに「愛している」と言うために一時帰国した時。

6 (4)
電話で話をしながら、
後ろを振り買ってみると、本人がいる
という場面。

これって、14話でも、
ヨンスは、迎えに来られることを嫌がっていたけれど
本当は来てほしかったことが分かる場面でも、
後ろを振り返ってみると、本人がいる
という同じシーンがありました。
5 (3)

同じシーンが繰り返される
というのは、演出意図があるはず。

後ろを振り返るヨンス
ずーっと自分は孤独だと思っていたけれど、
実は常にだれかがそばにいてくれた
という過去に気がつく。

前に進むチェ・ウン
ずーっと過去に縛られていたけれど、
ようやく愛されている自信をもって
一歩前に踏み出す。

ということを象徴しているのでしょう。

車線変更するジウン

チェ・ウンの親友、ジウン(キム・ソンチョル役)も、
母親から邪魔者扱いされている
というトラウマを抱えています。

人間関係の外側にいる観察者だ
という立ち位置がまさに
ドキュメンタリー制作者。

それが、職場の後輩チェランからの告白をうけて、
運転中のジウンが車線変更しました。
7 (2)

車線変更の後、車を止めたりするわけでもなかったので、
?と思って記憶に残ったのですが、
そのあと、母親の余命宣告をきっかけに、

ドキュメンタリーのインタビューを受ける立場になっていました。
傍観者から当事者への車線変更
だったんですね。

よろしかったらお願いします!

韓国語ランキング

自己紹介はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの韓国語の勉強に少しでもお役にたちますように!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る