イ・ジョンソク復帰第1作『ビッグマウス』視聴率も右肩上がりで好調ータイトルの発音についてなど

wine-glasses-gfe41abe6d_640

イ・ジョンソクさん、『ロマンスは別冊付録』のあと入隊し、2021年1月に除隊。映画『魔女part2』にも出ているらしいですが特別出演なので、復帰作というのはやはりこの『ビッグマウス』になるでしょう。

スポンサーリンク

ドラマ『ビッグマウス』

2022年7月29日~ MBC
1 (4)

キャスト
パク・チャンホ:イ・ジョンソク
(うだつの上がらない弁護士)
コ・ミホ:イム・ユナ
(チャンホの妻で看護師)

あらすじ
うだつのあがらない弁護士チャンホは、
ある日、市長からある殺人事件容疑者の弁護を頼まれるが、
気がつくと、稀代の詐欺師ビッグマウスとして刑務所に収監されていた。

予告編
(画像をクリックすると動画になります)
2 (3)

現時点ではディズニープラスでの公開なのですが、
このディズニープラスも強気で、
無料サービス期間が廃止されてしまったようです。

あまり動画サイトにお金をかけたくないのですが、
『ビッグマウス』の他にもソ・ジソプ主演『ドクター弁護士』もあり。
悩ましいです。
見たいドラマが2~3個重なったら、1か月のみ入会
などと自分でルールを決めて、しばらく様子を見てみようと考えています。

タイトル『ビッグマウス』について

チャンホは、勝率10%といううだつの上がらない弁護士ですが、
本当のオレはすごいんだぜ
次の仕事は必ず勝つぜ
などなど口では大きいことをいうので、
Big Mouth(ホラ吹き)といわれているのと、

世の中を騒がせている天才詐欺師Big Mouth
の二重の意味があります。

韓国語では、빅마우스と書きます。

英語のbig(ビッグ)は
日本の韓国語教科書では、
:語頭では、語中ではで発音する
と説明されています。
韓国語は、語頭では濁れないので、
bigbは、を使います。
ただ、韓国の「外来語表記法」によると、
はローマ字ので表記することになっています。

biggは、を使います。
ローマ字で表記するときは、パッチム
gでなくkで書きます。
のローマ字表記は[bik]です。

そして英語のmouth마우스ですが、
마우스をくっつけた빅마우스の発音は、

빅마우스 → [빙마우스]

ビッグマウスではなく、ビンマウスになります。

빅(pik)のパッチムㄱ(k)が、次の文字
마(ma)の子音ㅁ(m)とぶつかるからです。

good morning(グッドモーニング)が
グンモーニングと発音されるのと、同じですね。

スポンサーリンク

本当のビッグマウスは誰か

もともとの事件は、
ある論文を書いたために殺されたソ教授殺害事件
容疑者は、財閥NRフォーラムの実力者3人。
この3名の弁護を、チャンホは頼まれたわけです。

ソ教授が所属していた病院ではあやしい実験が行われていて、
その病院はNRフォーラムの傘下にあります。

さらに、NRフォーラムの実力者は詐欺師ビッグマウスに
100億ウォンをだまし取られていて、
ビッグマウスからお金を取り戻したい。

にくたらしい悪役ででてきたNRフォーラム実力者を演じるヤン・ギョンウォンさん。
「愛の不時着」のピョさん。
3 (5)

こうした背景のなか、
詐欺師ビッグマウスに仕立て上げられたチャンホは、
最初は「自分はビッグマウスじゃない!」と主張しますが、
ビッグマウスに成りすました方が、
刑務所の中で有利に身を守ることができると考えます。

そして本物のビッグマウスも、
チャンホが本物を演じられるように、助けます。

本物のビッグマウスは誰なのか。
最初は、チャンホが実はビッグマウス?
と疑ってしまいました。
それくらい、イ・ジョンソクが豹変するんですね。

第1話で無邪気だったチャンホ
3 (9)

第6話で騙されたふりして不敵に笑うチャンホ
3 (8)

でも、やっぱりチャンホはビッグマウスじゃないらしい。

では、本物のビッグマウスは誰?
チャンホに弁護を依頼した市長?
刑務所の中にいる誰か?
チャンホが育った孤児院が関係している?

登場人物すべてが怪しく見えてきます。
こういう謎解きもの、大好きです。

よろしかったらお願いします!

韓国語ランキング

自己紹介はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの韓国語の勉強に少しでもお役にたちますように!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る