【ネコの糖尿病】そして、今の様子

cat-1053846_640

糖尿病発病から2年たった2015年3月に、インスリン注射が一日1回になり、注射時間に縛られる生活から、かなり楽になりました。(前回分はこちら

スポンサーリンク

1日1回のインスリン注射

注射を一日1回、3目盛り。
5月の検査では、若干数値が下がりました。
IMG_2525

低血糖の恐怖がありますので、一回の量を2目盛りに減らすことに。

そもそも糖尿病とは

体内のインスリンが不足して、血糖値が上がる、という程度の知識です。
うちのネコの場合、最初の検査で、
「膵臓の病気の可能性もある」
と言われました。

インスリンは膵臓で作るので、膵臓の病気の症状として血糖値が上がった
ということが考えられるそうです。
膵臓かあ・・・。
原因を追究するために、詳しい検査をしますか?
と聞かれましたが、
検査は体への負担もあるので、やめておきました。

IMG_2528

なぜ症状がおちついたか

インスリンを注射していると、その刺激をうけて、
膵臓が再びインスリンを作り出すことがあるそうです。
完全に膵臓が壊れているわけではなければ、そういうこともあるんですね。

また、病気の原因の一つ、肥満の解消も大きく作用しているようです。
8.8キロから、現在6キロ。
ネコで6キロはまだ重量級ですが、
大きいネコなら、適正体重なのかもしれません。

10月から2日に1度に

1日1回2目盛りの注射でも、血糖値は上がりませんでした。
毎月の検査で数値が安定しているので、
今度はなんと、インスリンの注射を2日に1回に減らすことにしました。

回数減るのはうれしいのですが、2日に1度。
忘れそうです。

スマホの「リマインダー」という機能を利用しています。
IMG_2527

仕事柄、朝の出勤時間が一定していないので、
一番朝早い出勤時間が9時なので、
かならず在宅しているぎりぎりの時間=朝8時45分
に設定しました。

検査は、注射を打たない日に行いました。
実質的に、インスリン注射の効果は切れているはずです。
2015年の12月の検査でも、正常値の範囲内。

毎月病院に通って検査をしていましたが、
検査も2か月に1度にしましょう、ということに。

スポンサーリンク

病院の費用

一回の検査で、最低かかる費用(税抜)。
再診料     700円
一日入院   1500円
採血      800円×4回
検査      500円×4回

これに、必要に応じて、
インスリン1本  2000円
注射針     40円×14本(1か月分)
満腹感サポート(餌)  3750円

などがかかりますので、
1回のお支払は、1万円ちょっとかかります。

餌は、一日60グラムあげているので、
満腹感サポート2キロが、だいたい1か月でなくなります。

通院は2か月に1度になりましたが、毎回
「何か変わったことがあったらすぐに来てください」
と言われます。
「変わったこと」とは、「いつもと違うこと」ですが、
糖尿病の症状である、
水をたくさん飲む
おしっこの量が増える
を、一番警戒しています。

自宅検査キット

最初に糖尿病と診断されたとき、病院から、
ケトダイアスティックス
というものをもらいました(買いました)。
IMG_2500

スティックにおしっこをかけて、血糖値を測る検査キットです。
IMG_2498

色で血糖値を測ります。
ケトンというものが尿にでていたら、かなり危険だそうです。
IMG_2499

最初のころは、まっ茶色でした。
今はきれいな水色か、うっすら緑になる程度です。

これ、人間用だったと今知りました。
あくまで自宅用なので、
軽い参考程度に思ってください、と言われました。
尿に糖がでていなくても、血液検査では数値が高いことがあるそうです。

糖尿病は治る?

このまま、インスリン注射も必要なくなりますか?
と病院の先生に聞いてみましたが、
もうしばらく注射は続けましょう、と言われました。

ネコの糖尿病は「まれに」治ることもあるそうです。
でも、やっとここまで安定してきたので、
今のところ、現状維持がベター、という判断です。

うちのネコの肉球
IMG_0329

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る