【ちょっとひと息】なんでも韓国料理にしてしまうヤンニョム

chilli-peppers-889873_640

料理が得意というわけではありませんが、だからこそ「私にも作れる=誰でも作れる」ということで、ご紹介します。

スポンサーリンク

便利なヤンニョム

ヤンニョム(양념)は、韓国の合わせ調味料のようなものです。
普通の家庭料理に、これを入れるだけで、なんでも韓国料理に変身します。
和えてもいいし、煮てもいいし、炒めてもOK。

基本的な材料

以下の材料がそろわなくても、いくらでも替えがききます。

粉唐辛子
玉ねぎ・大根・にら・にんじん・長ネギ
にんにく・生姜
ごま油・すりごま
ナンプラー・甘酒

vegetables-573961_640

粉唐辛子

韓国食材店にいくと、粉唐辛子は「粗さ」がいろいろ取り揃えられています。
「中くらい」でいいと思います。

ちなみに、唐辛子は韓国語で고추、粉が가루
粉の唐辛子は、고춧가루
고추の下にパッチムが入り込みます。

形容詞の「粗い」は굵다なので、
粗い粉唐辛子は、굵은 고춧가루
唐辛子
形容詞の「細かい」は가늘다
細かい粉唐辛子は、가는 고춧가루
といいます。

野菜

野菜は、上のリストは「推奨」程度です。
たいがい冷蔵庫に入っている玉ねぎとにんじんがあればOK。
ちなみに、
ネギは韓国語で、
玉ねぎは파(파)といいます。

うちは、ほかの料理にもナンプラーをよく使うので常備されていますが、
わざわざ買うのなら、網えびの塩辛の方がよいでしょう。
焼肉屋さんや、食材店で買うことができます。
IMG_2540

甘酒

甘酒は、甘味とコクのために入れます。
砂糖に変えてもいいし、ご飯をすりつぶしたものを入れてもいいし、
蜂蜜いれる人もいるようです。

うちは「食べる点滴」といわれて流行したころから、麹で甘酒を作っています。
麹さえ手に入れば、作るのは極めて簡単です。
炊飯器でお粥を作って、そこに麹を入れてまぜて、6時間おくだけ。
お湯で薄める用に、こってり濃く作るので、
甘酒として飲むよりも、お砂糖替わりに料理によく使っています。

作り方

野菜を千切りにして、その他の材料と混ぜるだけです。
分量は、すべて適当・・・というか、
学校の調理実習以降、計量スプーンを使ったことありません・・・。

野菜を切ります。
IMG_2537
玉ねぎ、大根、ニンジンです。

その他材料をいれます。
IMG_2538
この写真だと粉唐辛子がかくれてしまいましたが、
唐辛子の粉は野菜がかくれるくらい。
右側のスプーンにくっついているのが、甘酒です。

にんにく・生姜はおろします。
今回は、にんにく5粒、生姜は大きい生姜の3分の1くらい。
その上に、ごま油、甘酒、すりごま、ナンプラーを入れて、
よくなじむまで混ぜます。

IMG_2539

ちょっとなめてみて、お好みの味に調整します。
ナンプラーや塩辛を増やしてしょっぱさをプラスしたり、
辛すぎる場合には、野菜を増やしたり。

スポンサーリンク

使い方

和え物など、生で食べるものは、フレッシュなうちに。
1週間くらい時間がたったら、なるべく加熱して食べます。
うちでは、次のように使っています。

*塩でくったりさせた野菜にヤンニョムあえれば、即席キムチ
白菜はもちろん、大根(千切りにすると短時間でOK)、きゅうり、
意外なところでは、青梗菜がおいしいです。

千切りダイコンを和えてみました。
IMG_2545

*醤油にヤンニョム足せば、チヂミのたれ。
さらにコチュジャン足したり、いくらでもオリジナルが作れます。

*インスタントラーメンにヤンニョムいれれば、辛ラーメン。
鍋に麺を入れるときにヤンニョムも一緒に入れると、十分加熱できます。
スープをどんぶりに入れて熱湯注ぐタイプのものは、熱湯注ぐときにヤンニョム入れます。
IMG_2541

*トン汁にヤンニョムいれれば、チゲ風
うちは子供たちが嫌がるので、お椀によそってから、自分の分にだけ
ヤンニョムいれて楽しんでいました。

*市販の素で作った麻婆豆腐にヤンニョムを追加すれば、より辛い麻婆豆腐
ほかにも、回鍋肉にも合いますし、基本、中華料理とは相性いいと思います。

レンコン・ニンジン・豚肉・こんにゃくの煮物に、
ヤンニョムを追加してみました。
IMG_2542

これらの料理の写真をとったら、またアップしていきます。
(料理の写真は、なかなかきれいにとれないんですよね・・・)



スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る