『スペース・スウィーパーズ』宇宙CGの評価が高い!映画館で見たかった!!

sun-581299_640

去年から前評判が高く、劇場公開を心待ちにしていましたが、コロナ禍のせいでなんと!ネットフリックスでの公開。宇宙スケールの映像勝負な映画だけに、なんでネットフリックス??という疑問がこみ上げてきます。映画館でみるべき映画なのに。

スポンサーリンク

『スペース・スウィーパーズ』

2021年2月5日ネットフリックスにて公開
6
監督:チョ・ソンヒ

キャスト
テホ:ソン・ジュンギ
チャン船長:キム・テリ
タイガーパク:チン・ソンギュ
バブス:ユ・ヘジン(声の出演)

あらすじ
2029年、地球はほとんど住めなくなっていて、宇宙空間に選ばれた人々だけが暮らしていた。
宇宙船「勝利号」は、宇宙のごみを回収する仕事で稼いでいたが、船の修理代やら税金やらで借金ばかりかさむ。
ある日、テホは迷子の少女を船に連れて帰るが、
その子は捜索中の人型水素爆弾らしい!?

予告編
(画像をクリックすると動画になります)
7

韓国初の宇宙映画

CGが話題になった映画といえば「神と共に」などがありますが、
宇宙版CGは初めてで、出来栄えもすばらしいということで話題を集めています。

製作費240億ウォン!と、「!」マークつきで紹介されていました。
240億ウォン、円換算すると23億円。
高いのか?安いのか?

CGで思いつくのはマーベルですが、最近の者でいえば
アベンジャーズ/エンドゲームの製作費
3.56億ドル、円換算で376億円

日本のCG映画は思い浮かばないので検索したら、
キャプテンハーロック(2013年)の製作費
3000万ドル、円換算で32億円

これは・・・
240億ウォンという低予算でこのクオリティ!
という意味の「!」マークなのでしょうか。

ストーリーの評価

日本人の友だちで『スペース・スウィーパーズ』を見た人たちは、
おしなべて「おもしろかった!」と高評価でした。

韓国での評価で目につくのが、
新派とおならとクリシェ

新派は、お涙頂戴的な、泣かせようという意図が丸見え
という時に批判的に使われる言葉です。

今回も、テホとその子どもとのエピソードが「新派」だと
批判されていました。
しかし、そのわりに、泣けなかったけど・・・

ソン・ジュンギは、どうしてもスレた役が似合わない、
というか、お顔がきれいすぎるし、良い人イメージが強いんですよね。

スポンサーリンク

もう一つの「おなら」。
昔の韓国映画は、
うん〇をもらしちゃったとか、つかんじゃったとか、
必ず下ネタで笑いをとるというのが定番でした。
それを、宇宙に行ってまで「おなら」ネタを使うのか!
いい加減、おならネタ、卒業しようよ!
という批判が目につきました。

最後のクリシェ(클리셰)は、
使い古された描写という意味のフランス語です。

地球が住めなくなって、地球外居住地にはエリートしか住めない、
主人公のピンチに、仲間たちが応援に駆け付ける
死ぬ覚悟でぶつかり、超人的力で助かる

などなど、前にも見たような場面が続きます。
ストーリーは、展開が読めてしまうもので、
目新しいものではありませんでした。

まあ、映像を楽しむ、CGに力を入れた作品
ということで、ストーリーは二の次だったのかもしれません。

バブズの名前について

宇宙船勝利号の乗組員で、軍事用につくられた人工知能ロボット、バブズ。
8 (2)
日本語字幕では「バブズ」とでてくるけれど、
韓国語がわかる方は、バブズじゃない!と気になりますね。

韓国語では、
업동이 オプトンイ
と言っています。

업두이(オプドゥンイ)の方言だそうです。
家の前に捨てられた子ども、という意味で
日本でいう「橋の下の子」みたいな感じでしょうか。

英語のBubsは「子ども」らしいです。

ソン・ジュンギのテホと、
キム・テリのチャン船長が、いまいちハマらなかったので、
(お二人とも、熱演は伝わってくるのですが)

オプトンイ(声:ユヘジン)と、タイガーパクの印象が
強く残りました。
特に、移植後のアプトンイは、最高でしたね。

よろしかったらお願いします!

韓国語ランキング

自己紹介はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの韓国語の勉強に少しでもお役にたちますように!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

ページ上部へ戻る