パク・シネ主演の『シーシュポス: The Myth』は面白いのか

8

ネットフリックス、韓国ドラマの勢いがすごいですね。パク・シネとチョ・スンウの『シーシュポス: The Myth』と、ソン・ジュンギの『ヴィンチェンツォ』がダブルで始まりました。いずれも、覚えにくいし書きにくいカタカナタイトル・・・。春休みということもあり、二つとも見ています。

スポンサーリンク

『シーシュポス: The Myth』

JTBC 2021年2月17日から4月8日
(全16回予定)
2

キャスト

ハン・テスル:チョ・スンウ
ソヘ:パク・シネ

あらすじ

テスルは天才科学者で、
Q and T(quantum:量子とtime:時間)という会社の代表。
「取締局」というなぞの政府組織?や、
ブローカーのパク社長、なぞの女性ソヘなどから
狙われたり、守られたり。
ソヘは未来化から来たといい、
未来の韓国は戦争によって廃墟となり、
タイムマシンで過去に移動する人々が絶えないらしい・・・。

予告編
画像をクリックすると動画になります。
3/>

タイトルの意味

まず、シーシュポスってなに?ですよね。
ギリシャ神話に出てくる人物で、
神々を欺いた罰として、
巨大な岩を山頂まで押し上げるように命じられますが、
山頂に近づくと岩が落ちて、
エンドレスに岩を押し上げなければならない・・・

日本でいうところの「賽の河原を積む」ってやつですね。

ドラマのオープニングにシーシュポスの影が映されています。
1
真っ暗ですが、人と岩が見えますね。

ドラマは、
未来の戦争は、テスルが開発する技術に関係するらしく、
ソヘは戦争を阻止するためにテスルにかかわります。

主人公たちはおそらく、未来と現在を行き来するのでしょうが
どんなに努力しても未来はなかなか変えられず、
「無駄な徒労」を繰り返す=シーシュポスの岩のように。
ということなのでしょうか。

第4話まで見ての感想

主演に、チョ・スンウとパク・シネ
脇役に、ソン・ドンイル(応答せよシリーズのお父さん)とか、
チェ・ジョンウ(主君の太陽の秘書とか)とか、
結構、顔の売れている俳優さんたちがわきをかためています。

で、面白いのかどうか。

第4話まで見ての感想ですが、
うーーん、期待外れ・・・?

未来から来た人々を取りしまる取締局は、
人数も多く、技術もあるのに、
毎度毎度、テスルとソヘを取り逃がす。

ソヘは戦争後の未来を生き抜くために
武器をもち戦闘訓練もうけているようですが、
テスルはまったくの民間人。

この二人が、
組織的な包囲網を毎度くぐりぬけるのが、
ありえなさすぎて、没頭できないんです。

また、すでに第4話が終わったのに
取締局、ブローカー、ソヘなど、
テスルを狙う人々の「理由」が明らかにならない。

ドラマに集中するための、
最低限の情報は、さっさと開示してほしいですね。

スポンサーリンク

最後に主人公の名前について
主人公のハン・テスル 한태술

韓国の名前は、
おい、テスル!
のように、呼びかけるとき、
名前の後ろにとかをつけます。

パッチムのない名前+
서해+야 서해야!(ソヘヤ)
パッチムのある名前+
태술+아  태술아!(テスラ)

テスルは、呼びかけるとき、
テスラ!となるんですね。

テスラといえば、
ちょうど、今月末に公開される映画
9

今ではエジソンのほうが有名ですが、
エジソンのライバルだった、ニコラ・テスラ。

エジソンをしのぐ天才発明家です。
ハン・テスル・・・偶然ではないでしょうね。

今後、面白くなることを期待して、
もう少し見続けようと思っています。

こちらもどうぞ!

よろしかったらお願いします!

韓国語ランキング

自己紹介はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。
皆さまの韓国語の勉強に少しでもお役にたちますように!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2021年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

ページ上部へ戻る