アマゾンプライム『もうすぐ死にます』ウェブ漫画原作のドラマ

christmas-8383920_640

久しぶりにアマゾンプライムを開いたら、ちょうど公開されて直ぐだったので『もうすぐ死にます』がトップに表示されていました。前半の4話、一気に見ました。

スポンサーリンク

『もうすぐ死にます』

2023年12月15日公開
2 (2)

キャスト
チェ・イジェ:ソ・イングク
死:パク・ソダム

あらすじ
就活に失敗し、投資詐欺にもあい、
家賃滞納で下宿まで追い出されたイジェは、建物から飛び降りた。
死んだはずのイジェは、目を覚ますと「死」と対面し、
死を軽く見た罪として、12回生まれ変わることを強要される。
しかもその人物が死ぬわずか前の時点に生まれ変わるので、
死の苦しみを12回味わうのだが、
もし生まれ変わった人物の死を回避できれば、
そのまま生きることができるという。

『もうすぐ死にます』見どころ

主人公はソ・イングクですが、
生まれ変わりの人物を演じる俳優さんが、豪華です!

1回目の生まれ変わり、財閥3世を演じるのが、
スーパージュニアのシウォン

3回目の生まれ変わり、高校生を演じるのが、
「椿の花咲くころ」「財閥家の末息子」などのキム・ガンフン

5回目の生まれ変わり、ボクシング選手の卵を演じるのが、
「還魂」のチャン・ウクだったイ・ジェウク

7回目の生まれ変わり、モデルを演じるのが、
「ザ・グローリー」「悪い母親」のイ・ドヒョン

みんな「特別出演」だそうです。

スポンサーリンク

原作はウェブ漫画

原作ウェブ漫画のポスターがこちら。
2 (3)

このそっくり感は、
ドラマは原作に忠実なのだろうか、と思いますね。

主人公イジェは、生まれ変わった人物の死を、
12回とも回避できなければ地獄に落ちます。
ドラマですから、どこかで回避できるのか?どうやって?
と期待してしまいます。
原作マンガではどうなのだろうか…?とネタバレしたくなりますが、

原作があっても、ドラマでは結末が替わることも、ままあります。
「財閥家の末息子」もそうでしたね…。

『もうすぐ死にます』では、公開されている第4話までで、
原作とかなり異なっています。

まず、タイトル。
原作:이제 곧 죽습니다 (もうすぐ死にます)
ドラマ:이재, 곧 죽습니다(イジェ、すぐ死にます)

最初の二文字
이제(もう)
이재(主人公の名前、イジェ)
(いずれも音が「イジェ」で同じなのです)

そして、
ドラマではかなり役割の大きいパク・テウという人物
原作には登場していないそうです。

主人公イジェの不幸の始まりである、就活での失敗。
目指していた大企業(財閥)の御曹司がパク・テウです。

イジェが一番最初に生まれ変わったのが、
パク・テウの弟でした。

イジェが5回目に生まれ変わったボクシングの卵は、
パク・テウの起こしたひき逃げ事件の身代わりとして
刑務所に収容されていました。

そしてイジェが7回目に生まれ変わったモデルは、
パク・テウによって殺されます。

イジェが生まれ変わりながら、どこかで、
パク・テウにも罰が下るはず、だと思いますが、
それによって、イジェの「生まれ変わりという罰」にも、
なんらかの影響がおきるのではないか???

実は、我慢できずに、
原作マンガのラストシーンを検索してしまいました。
(推理小説は後ろから読みます笑)

分かりやすいハッピーエンドというものではなかったので、
ドラマバージョンのラスト、
原作と違うといいなあと期待しています。

後半は1月5日に公開予定だそうです。

よろしかったらお願いします!

韓国語ランキング

自己紹介はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

2024年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

ページ上部へ戻る