『ヒーラー』チ・チャンウク世代vsユ・ジテ(ムンホ)世代、世の中に対する考え方の違い

christmas-935462_640

ドラマ『ヒーラー』は、ヒーラー(チ・チャンウク)の若者世代と、その親の世代の物語です。政治意識というか社会に関わる態度の違い、ギャップがうまく描かれているなと思って見ていました。私はもちろん「親の世代」側です。

スポンサーリンク

유지태(ユ・ジテ)の魅力

そんなにハンサム顔じゃないけれど、
ものごし、立ち姿、しぐさ、ちょっとした表情が「格好いい」んです。
この動画の最後の笑顔、ぜひ見てください。

『ヒーラー』第18話 権力との戦い・大詰め

ソウル市長候補のムンホの兄・ムンシクと、そのバックについている
大企業オメガの支配者。
これら権力の闇を暴く証拠集めのため、ネットニュース「サムデイ」では
徹夜作業が続いています。

共に戦う仲間たちの写真を撮るムンホ。
1hira1

会議室のようなところに入ると、
ジョンフと、ジョンフの膝枕で眠るヨンシンが。
1hira2

ムンホ
니들 너무 당당하다.
大したもんだな

ジョンフ
채영신이 다른 사람 있는 데서 못 자요.
ヨンシンは他人のいるところでは寝られないんですよ

ムンホ
넌.
お前は?

ジョンフ
난, 다른 사람이 아니니까.
他人じゃないから

ムンホ
여기 봐.
こっち見て

1hira4
ジョンフ
사진 남기는 거 안 좋아하는데.
写真とられるの、嫌なんだけど

ムンホ
난 걷기 시작할 때부터 사진 찍는 거 좋아했거든.
俺は歩き始めた時から写真撮ってたよ

確かに、ジョンフやヨンシンのお父さんが写っている写真は、
ムンホが撮ったものでしたね。

軍事独裁政権時代に、真実を報道しようとがんばっていた
ジョンフやヨンシンの親たち。
真実の報道のために、取材用カメラがあり、
彼らの「年の離れた弟」ムンホは、カメラに興味を持ったのでしょう。

ヨンシンのお父さんが殺された1992年とは

ちなみに、私が生まれたころの韓国の大統領は、
朴正煕(パク・チョンヒ)在任:1963年から1979年

その後も軍人出身の大統領が続きます。
全斗煥(チョン・ドゥファン)1980年から1988年
盧泰愚(ノ・テウ)1988年から1993年

ヨンシンのお父さんが殺された事件が1992年。
盧泰愚(ノ・テウ)時代です。
ソウルオリンピックを経て、経済成長はしたものの、
経済優先のために、企業を守るために、いろいろな情報は、
政府が統制していた、という時代でした。

ノ・テウの次の金泳三大統領で、軍事政権が終わります。

スポンサーリンク

チ・チャンウク世代の意識

ジョンフ
근데요.
あの

ムンホ
어.
ん?

ジョンフ
사장님. 그 어르신이란 놈하고 지금 싸우자는 거죠.
御大って奴と戦うんでしょ?

1hira3
ムンホ
그렇지.
そうだよ

ジョンフ
그럼 영신이 또 위험해지나?
じゃ、ヨンシンがまた危ない目に?

ムンホ
모르겠어. 데리고 멀리 갈래?
さあ、どこか遠くに逃げるか?

멀리 가면 남들처럼 살기 더 쉬울텐데.
人並みな生活ができるように。


ジョンフ
망설이는 중.
迷っている。

ムンホ
왜.
どうして?

ジョンフ
내가 왜 망설이나,생각해봤는데. 사장님 때문인 거 같아.
なぜ迷うのか、ムンホさんのせいじゃないかと。

혼자 냅두고 우리끼리 가기가 맘에 걸리네.
自分たちだけ逃げるのも、気が咎めるんで。


ムンホ
감동인데.
感動したよ。

1hira5
ジョンフ
근데 나.
でも。

ムンホ

ん?

ジョンフ
이제 얘 없으면 안 돼.
俺にはヨンシンが必要なんだ。

그래서 얘 때문이라면 사장님 버릴 수도 있어.
だからムンホさんより、ヨンシンを選ぶかもしれない。


ムンホ
괜찮아.
OK。

個人の幸せと社会正義

ジョンフは、そもそも無人島を買うために「便利屋」をやっていました。
その後は、ヨンシンを守るために戦い、
ヨンシンへの想いが通じた後は、二人で静かに暮らすために戦いました。

ムンホとその兄たちは、軍事政権に生きてきたので、
「自由」を求め、「民主化」のために生きていました。

今もムンホは、実現できなかった「社会正義」が一番の動機でしょう。

ジョンフの個人の幸せと、ムンホの社会正義は対立するものではなく、
ジョンフの「静かな暮らし」のためには、社会正義の実現が必要だ、
ということですね。
でも!自分優先だからね、というのが若者世代らしい。

私はジョンフらの親たちが生きた世代と同じです。
この、ムンホがジョンフを見る「まなざし」と同じ気分です。
1hira6

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る