映画『暗殺』猟奇的じゃないチョン・ジヒョンが主演

sunset-203188_640-1

なかなか予定が合わず見られなかった「暗殺」、やっと見てきました。

スポンサーリンク

キャスト

1hira1
公式HPより

監督:チェ・ドンフン
チョン・ジヒョン:アン・オギュン(独立軍狙撃手)
イ・ジョンジェ:ヨム・ソクチン(日本軍のスパイ)
ハ・ジョンウ:ハワイ・ピストル(雇われ殺し屋)
チョ・ジヌン:チュ・サンオク(独立軍速射砲)
チェ・ドクムン:ファン・ドクサム(独立軍爆弾職人)

予告編動画

あらすじとみどころ

1933年、韓国臨時政府は日本政府要人と親日派を暗殺するため、独立軍最高のスナイパーと言われるアン・オギュンら3人から成る暗殺団を上海に召集する。
しかし、臨時政府の警務隊長ヨム・ソクチンは、日本政府の密偵で、「ハワイ・ピストル」と呼ばれる殺し屋に暗殺団の殺害を依頼する・・・。

見どころ1.チョン・ジヒョン

1hira2
チョン・ジヒョンといえば、「猟奇的な彼女」でも「星からきたあなた」でも、ぶっとんだキャラクターを演じている時の印象がつよく、今回の「寡黙なスナイパー」が意外でした。
さらに、独立軍狙撃手(影があって寡黙)と、暗殺標的の娘・満子(お金持ちのお嬢様)との二役というのも見どころです。

見どころ2.1930年代の街並み

三越百貨店やカフェなどで、韓国語、中国語、日本語が話されている様子に、あらためて、植民地支配ってこういうことなんだなあと思いました。
モダンな建物に、時代劇とも現代劇とも異なる、はざかいの時代を感じます。

見どころ3.親日家と裏切り者

戦争ものというと、日本軍の悪行がクローズアップされますが、今回の「標的」は親日派と日本軍に寝返った密偵です。さらに、予告編にもあるように
「二人暗殺したところで独立できるわけじゃない」
「それでもこうして戦った人間がいることを知らせたい」
というところがテーマです。
従来の「敵vs味方」のような二項対立じゃないところが興味深いです。

スポンサーリンク

見どころ4.豪華なキャスト

以前は「豪華なキャスト」と言われてもどこが豪華なのかわかりませんでしたが、最近ドラマを見るようになったので「豪華さ」も少しわかるようになりました。

特筆すべきはこの方。
1hira3
武士ムヒュル!!「根の深い木」
今回は、独立軍の速射砲(ソクサポ)でした。

今回惚れたのはこの方、ハ・ジョンウ
1hira4
名前が「ハワイ・ピストル」、闇の殺し屋。
冷酷な顔をして、人情というか情熱というか・・・好みです♡

あと、「君の声が聞こえる」のチャン・ヘソンのお母さん、
つまり「ピノキオ」のソ・ボムジョのお母さんが、
独立軍の集うカフェのママでした。

歴史に名が残っていなくても、こういう人たちが歴史を作ってきたんだ、
という暖かいリスペクトのまなざしを感じます。
2015年公開の映画のなかで、興行成績第2位だったというのも納得です。
「暗殺」は2位。では1位は何だったのかは、こちらに。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る