映画『網に囚われた男』これが現実ですが絶望しかないラスト

network-586177_640

鬼才とか異才といわれるキム・ギドク監督の『網に囚われた男』を見てきました。

スポンサーリンク

『網に囚われた男』キャスト

1hira6
原題:그물(網)
脚本・監督: キム・ギドク
ナム・チョル:リュ・スンボム
オ・ジヌ:  イ・ウォングン
取り調べ官: キム・ヨンミン
室長:チェ・ グィファ
チョルの妻: イ・ウヌ

予告編

あらすじ

北朝鮮で、貧しいながらも妻子と幸せに暮らす漁師のチョル。
ある日、エンジンの故障から、南北の境界線を越えてしまう。
1in2

スパイの疑いで取り調べをうけますが、取調官は、
朝鮮戦争で北の兵士に家族を殺された恨みや、
過去のスパイ事件で失敗したトラウマなどから、
拷問で無理やり自白させようとします。
1in3

無茶な取り調べに腹が立つのですが、チョルが潔癖を主張するほどに、
兵役で特殊部隊にいた事実などが明るみになり、かえって不利になります。
まさに網にかかったサカナの状態。

実際にスパイではないので、証拠は出てきません。
上司は、転向・亡命を進めることにします。
1in4
「独裁国家で暮らすことは不幸だ」
「豊かな韓国に一人でも脱出させてあげたい」
という善意にみちた人です。

明洞を見物させますが、チョルのみた「豊かなソウル」とは。
3
山盛り残った食事の食べ残しや、まだ使えるパソコンが捨てられていたり、
体を売って弟の学費を稼ぐ女性にも出会います。

明洞見物のときの映像がマスコミに流れ、それが北にも知れ、
結局、チョルは北に帰されることになります。

チョルに対して唯一、スパイではないと信じて人間的に向き合ってくれた護衛官のジヌ。
3busaku2
北に帰るチョルに、
娘へのおみやげとしてクマのぬいぐるみと、
ドル紙幣を餞別として贈ります。

スポンサーリンク

ようやく北に帰れたチョル。
表面上は、資本主義の誘惑に負けなかった英雄扱いですが、
南で何を見たのか、南からスパイの誘いはなかったか
など、韓国で受けたとまったく同じ拷問的取り調べを受けます。

韓国の取調官は、でっち上げ捜査が新聞沙汰になり、
北への憎悪と歪んだ愛国心で人格崩壊・・・

北朝鮮の取調官は、チョルが隠していたドル紙幣を横取りし、
金日成思想より私腹を肥やす腐敗ぶり・・・

チョルは、韓国にも北朝鮮にも絶望します。

やっと家族の元に帰れましたが、
深く深く絶望すると、愛や希望を持てなくなる。
あれほど戻りたかった家族も壊れてしまう。

チョルは、兵士らの制止を振り切って海に出て、撃たれて、
終わり。

感想

キム・ギドク監督は、以前にも南北分断を扱った『レッド・ファミリー』という映画を作っています。
3busaku3

『レッド・ファミリー』は、コメディ要素もあり、ラストに若干、希望を残した作品でしたが、
それに比べると『網に囚われた男』の希望の無さが目立ちます。

かすかに希望を残したのは、チョルを最後まで信じた護衛官のジヌでしょうか。
でも、彼がチョルにプレゼントした、
クマのぬいぐるみとドル紙幣は、
チョルにとって救いや助けにはなりませんでした。

一番「嫌な感じ」なのが、韓国の取調官がチョルを疑うときに使った
潜在的スパイ
という言葉です。

今はスパイだと断定できないけれど、今後スパイになる可能性があるから、
今のうちに予防的措置を取るべきだ、と。

脱北者や、北に親戚がいる人、親北的発言、関心を持つことだけで
潜在的スパイ
の烙印を押されかねない社会。

共謀罪だの愛国教育だの、日本でも同じような息苦しさを感じます。

妙なリアリティと、既視感、予感、無力感などが混ざり合って、
絶望のラストがますます重くなりました。
それだけ、現在の闇がうまく描かれていたのだと思います。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る