『怪しいパートナー』第5話 ジウク、ユジョン、ウニョクの過去

bloom-1835391_640

登場人物の過去が、すこしずつわかってきました。

スポンサーリンク

これまでのお話

地方検察庁長の息子ヒジュンが殺害され、ヒジュンに振られていたボンヒが容疑者として起訴されたが、ジウクが新たな証拠などをもとに起訴取り下げに。
ジウクは検事をやめて弁護士に、ボンヒも弁護士事務所を開設するが、地検長はそれぞれに嫌がらせをする。
ヒジュン殺害の真犯人がボンヒに接近、ボンヒはジウクの家に居候する。

ジウクの元カノ登場

前回、ジウクの家に元カノが訪ねてきたところで終わりました。
ジウクが元カノを歓迎していない様子をみて、ボンヒ登場。
1hira6
腕を組んで「자기야~(あなた~)」と恋人のふりをします。

ヒジュンに振られた時、かばってくれたお礼だと言いますが、
ジウクは迷惑。

ボンヒとの共同生活では、ジウクが料理を作ってあげます、上手だから。
1in2
元カノ、ユジョンが浮気したことで別れたと話し、ボンヒは、
나쁜 년!(悪い女)と悪口を言って慰めてあげます。

真犯人、接近

真犯人っぽい人は、なぜか鑑識係として働いています。
ボンヒの事務所に犯人が来た時の鑑識にも来ていたので、ボンヒは鑑識係に会って詳しい話を聞きました。
1in3
帰り際、「送っていくよ」と言われたところに、ジウクが登場して、危機回避。

ボンヒが「自分にとても親切だ、もしかしてジウクさんも私のことを…?」と言いかけたところで、
3
ボンヒの頭に手をのせ、「これは人類愛だ」。

ボンヒは辞書まで引いて確認。
1in4
画面:인류애:인류 전체에 대한 사랑
人類愛:人類全体に対する愛。

ちなみに、인류(人類)の発音は、側音化がおこり、
[일류](イルリュ)となります。

スポンサーリンク

ジウクの家を出たボンヒ

ジウクが、ボンヒの裁判を担当したことから、相当な不利益を被っていることを聞いたボンヒは、これ以上迷惑をかけられないと、
弁護士事務所を閉め、ジウクの家を出ていきます。

ボンヒの存在を家のあちこちで感じ、一人でご飯を食べるのがさびしいジウク。
3busaku2

ボンヒは、親戚のテコンドー教室で講師をしていました。
ジウクがボンヒを連れ戻しに来ます。
3busaku3
以前、ボンヒが「接見弁護士」の面接を受けた時、酔った状態で
「俺のところに就職しろ」
といったじゃないか、とか、真犯人を捕まえるためだとか、
説得します。
真犯人をおびき寄せるための人質だ、とも。

ジウクは父親代わりの弁護士事務所に所属していたのですが、辞表を出して独立準備をしていました。
ボンヒを連れて自宅に戻ると、関係者一同、独立阻止のために文句言いに来ていました。
abstract-1342498_640
なんだかんだ、みんないい人っぽいんですが。

三人の過去

夜、ウニョクが話をしたいと言って、二人で夜道を歩きます。

ウニョクはユジョンを好きだったけれど、ユジョンはジウクを選び、
ユジョンを諦めきれなかったウニョクは一度の過ちを犯す。
あやまるウニョクに、ジウクは「一生ゆるすつもりはない」と。

でもユジョンとジウクとウニョクは、幼馴染でした。
ジウクのお父さんが亡くなった後も、この二人が支えてくれたようで。
この二人だけが友達だったと、回想。
ain

そんな話をしているときに、高校生の不良たちに絡まれ、
30人対2人のケンカとなってしまいます、が、
ヒーラーやK2のようなアクションシーンにはならず、
怪我してボンヒに手当をしてもらいます。
apple-1644393_640

あらたな殺人事件

そんな中、例の鑑識係があらたな殺人事件を起こします。
animal-1836644_640
유명 쉐프 사망소식에 국민들 큰 충격
有名シェフ死亡の知らせに国民大きな衝撃

次回予告では、この殺人事件の容疑者として捕まった青年が、
ボンヒに弁護を頼むという展開に。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る