『キルミーヒールミー』最終回 ラストシーンの日向ぼっこに紛れ込んでいることわざ

thimble-2372342_640

児童虐待という重い重いテーマをとても丁寧に、しかも恋愛ストーリーでまとめ上げるなんて。19話と20話で涙マックスでした。

スポンサーリンク

『キルミーヒールミー』ラストシーン

推理小説は好きですが、後ろから読む性質ですので、このドラマももちろん!途中で我慢できなくなってあらすじ検索しました。MBCの番組クリップ動画を探し、このラストシーンでハッピーエンドを確認して安心していました。

それと別に、この場面には、翻訳者泣かせだなあというセリフがあるので、
GYAO!の配信が別の意味で待ち遠しかったです。

チャ・ドヒョンは、多重人格を告白して財閥運営の一線を退き、完治までリジンの実家のお店を手伝いながら過ごしています。

ひなたぼっこ?

休暇をとって、リジンが実家に戻ってきた日。
「何しているの?」の問いに、
1
字幕:ひなたぼっこ。
セリフ:신선놀음

うーーん、
신선は、漢字で神仙と書き、仙人
놀음は、놀다(遊ぶ)という動詞の名詞形です。
신선놀음は、仙人の遊びという意味になります。

多重人格を克服して、親子関係も克服して、
財閥の抗争からも解放され、
そりゃあ、仙人の境地でしょうね、チャ・ドヒョンさん。

そして、あとのセリフにも続くのですが、
日本語字幕は、ばっさり、この単語、捨ててますね。

ちなみに、「ひなたぼっこ」は韓国語だと、
そのものずばり、일광욕(日光浴)ですかねえ。
あとは、
햇볕에 쬐다(日差しにさらす)と動詞を使った表現とか、
광합성(光合成)するという比喩で表現したり。

足袋の足

2
字幕:恋人が来たのに、出迎えもせずに
セリフ:여친이 오프나왔는데 버선발로 나와 맞이하지 못할 망정
直訳:恋人の休暇に駆けつけもせず、

오프=オフ=休暇
韓国語の発音で「オプ」となるので、分かりにくいですね。

버선は、韓服(チマチョゴリ)を着るときに履く足袋です。
버선발は足袋の足、つまり靴を履いていない状態、つまり、
靴を履く間もなく飛び出していく=急いで駆けつける
ということでしょうか。

仙人の遊びのことわざ

3
字幕:寝てていいわけ?
セリフ:혼자 신선놀음이야?
直訳:一人で仙人の遊び?

4
字幕:ほかの男のもとに行っちゃうわよ。
セリフ:그러다 도낏자루 썩는다.
直訳:斧の柄が腐っちゃうよ。

ここは、前提となることわざが存在します。
「標準国語大辞典」によると、

신선놀음에 도낏자루 썩는 줄 모른다
仙人遊びに、斧の柄が朽ちるのも気が付かない。

어떤 나무꾼이 신선들이 바둑 두는 것을 정신없이 보다가 제정신이 들어보니 세월이 흘러 도낏자루가 다 썩었다는 데서, 아주 재미있는 일에 정신이 팔려서 시간 가는 줄 모르는 경우를 비유적으로 이르는 말.
ある木こりが、仙人たちが打つ碁を見るのに夢中になっているうち、気が付くと斧の柄が腐るほど時間が経っていた、という話から、面白いことに夢中になって知らないうちに時間が過ぎてしまうことを、たとえていう言葉。

他人が打つ碁の見物で、そんなに夢中になれるものなのですかね。
ワールドカップ観戦とか、フィギュアスケート観戦を想像すれば、
時を忘れる見物というのも納得できます(私はいずれも見ないけど)。

それでもさすがに、文字制限のある字幕に「斧」の話を盛り込むのは無理でしょうね。

5
字幕:浮気する気か?
セリフ:요즘 바람 난 것 같은데.
直訳:最近、浮ついてるみたいだけど?

チャ・ドヒョンがここで「浮気」話を持ち出していて、原文の方が唐突です。
仙人と斧の話をあきらめた分、字幕の方が会話の流れが自然になっているような気がします。

スポンサーリンク

ラストシーンの動画


リジン:여기서 뭐 해?
ドヒョン:신선놀음
リジン:여친이 오프 나왔는데 버선발로 나와맞이하지 못 할 망정 혼자 신선놀음이야? 그러다 도낏자루 썩는다.
ドヒョン:요즘 바람 난 것 같은데?
リジン:방금 질투한 거지.그치, 맞지?
今、嫉妬したでしょ、でしょ!

ドヒョン:껴, 내 눈 앞에서.
僕の目の前ではめてみて。

リジン:일할 때 방해되는데.
仕事の邪魔になるんだけどな。

ドヒョン:빼기만 해.
外しちゃだめだぞ。

リジン:커플링은 세상에서 가장 달콤한 수갑이라고 하던데. 나 수갑 찼다!
カップルリングはこの世で一番甘い手錠なんだって。手錠かけられた!

<ナレーション>
누구나 마음속에 어두운 지하실이 있다. 외면하고 방관하면 그 어둠이 짙어진다. 용기 내어 내려가 불을 켜야 한다. 혼자가 무섭다면 누군가의 손을 잡으면 된다. 당신과 함께라면 무섭지 않다.
だれにも心の中に暗い地下室がある。無視や傍観は闇を深くする。勇気を出して降りて行って、電気をつけなければならない。一人が怖いなら誰かの手を握ればいい。あなたと一緒なら怖くはない。

ーーーーーーーーーー
児童虐待を扱っていますが、テーマは「赦し」なんでしょうね。
自分も被害者ではあるけれど、相手を助けられなかった自分を赦し、
そのために、過去を直視して加害者の大人と向き合う。

号泣しました。しばらく反芻しながら泣きます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • NICO
    • 2017年 8月 13日

    こんにちは(´∀`)

    このシーン、『놀』だけが聞き取れたので( ̄∀ ̄)
    『~遊び』って言ってるのかな~くらいにぼんやりと思っていました。
    かなり小難しいこと言ってたんですね。
    それにしても韓国ドラマのセリフには、こんなことわざがよく使われていますが、韓国で観ている皆さんは理解できているんですねぇ。
    日常でこんな風に使われているのに、改めて驚きます。

    この『キルミーヒールミー』が韓国で放送されていた頃、ちょうど私は話題ドラマだった『秘密』を観始めた頃でした。
    初めてのチソンさん・ジョンウムさん作品で、前半はチソンさんがものすごくヤなヤツで…(´艸`)
    だけどストーリーが面白くてどんどん観てしまう、そんなドラマだったんですよね。
    その後、チソンさん祭りに突入した私ですが、ガマンできず『キルミーヒールミー』も1話だけを字幕なしで観て、こちらも続きが早く観たい!と思ったものでした。
    キャスト選びに難航したドラマでしたし、重い内容でしたが、本当に良い作品でしたよね♪
    私は以前にも書きましたが、年末の演技大賞まで見届けたので、とてもアツい2015年でした~(*≧∀≦*)

    そして、最終話のヨナがリオンに会いに行くシーン。
    MBC動画をご覧になったかもしれませんが、ヨナが『오빠~힘내세요~♪』と歌うシーンがあるのに、がっつりカットされていましたねㅠㅠとても可愛いヨナだったのに…。
    でも私が初めて観たのは、友人に録画してもらったKNTVの日本初放送分で、実はこの時の放送には入っているんです。
    その後に放送されたものはカットされているようですが…。残念です~。

    それと、最終話に出てくるオメガファンのアン・ヨナ役の少女時代のユリさん。
    『被告人』にも出演されています~
    今度はチソンさんに協力する国選弁護人の役でしたよ(´∀`)
    国選弁護人役経験者のイ・ボヨンさんのお話を聞くため、チソン家に遊びに行ったとか…(´艸`)

    余韻もいいドラマが終わってしまうと気が抜けますね(´艸`)私、何度も観てるのに…ㅋㅋㅋ
    でもいいドラマは何度観ても飽きませんね♪

    話は全然関係ありませんが、チ・チャンウクさん、いよいよ明日入隊ですね。
    大事故・大事件・有事がないことを祈りたいですね(´∀`)

    ※8月7日のコメント欄のカワトシさま分、今日初めて読みました(・∀・)
    アメブロの方でお返事しておきますね。すみません。

      • sokjon2016
      • 2017年 8月 13日

      NICOさま
      コメントありがとうございます!
      そうなんですよね、ことわざの登場頻度が高いですよね。
      あと、バラエティなどを見ていると、四字熟語が字幕で結構でてきます。
      漢字でかいてくれれば見当がつきそうなものも、ハングルだとわからないものが多いですね。
      私は今頃になってチソン祭りです(笑)。
      「キルミーヒールミー」、ほかの人がしり込みした役でも、
      チソンさんは「自信があった」と言っていて、すごいですよね~。
      「被告人」を見始めましたが、これはオム・ギジュンの迫力もすごいし、さすが話題作です。
      そのユリさん、「お話聞くため」は言い訳にしか聞こえませんね~(笑)。

      そして!ヨナの歌がカットされているのに、気が付きませんでしたったった。
      なんてことでしょう!(笑)。
      本当に、いいドラマは見るたびに、発見もありますし、
      繰り返しみてしまいます。

      私が韓国ドラマを見始めたころの作品つまり、教材にしてきた作品に出てきた人たちが、次々に入隊していきます。
      「相続者たち」のイ・ミノ、「主君の太陽」のソ・イングク、「ヒーラー」のチ・チャンウク、「ピノキオ」のイ・ジョンソク、教材では使わなかったけれど「ミセン」のイム・シワン、カン・ハヌル、「プロデューサー」のキム・スヒョン、「六龍」のユ・アイン。
      心底、さびしいですが、逆に2年後がめちゃめちゃ楽しみです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る