『The K2』第1話、ユーチューブで見ました!あらすじ紹介

bouquet-15308_640

ユーチューブのおすすめに、なんと『The K2』のフルバージョンがでてきました!

スポンサーリンク

『The K2』第1回。
ざっくりあらすじだけですが、ネタバレありです。

修道院のアンナ

子供のアンナが、母親が倒れている場面を見つけるところから始まります。
誰かに連れられて、スペインの修道女に。
1hira1

大人になったアンナが修道院を脱走して、スペインの町中を走ります。
その頃、ジェハは血まみれでベッドに横たわっていました。
かろうじて起き上がると宿を出て、人目を気にしながら歩いていきます。

走るアンナと血まみれのジェハ。セリフありません。

そして地下鉄の駅で、アンナとジェハが出会い、アンナが「助けてくれ」と懇願。
逃亡者風のジェハは、トラブルに関わりたくないので振り払いますが、
結局、アンナを追う男をやっつけて助けてあげました。が、
結局別の追ってがきて、アンナは修道院へ連れ戻された模様。

看板屋のジェハ

ジェハは韓国に帰ってきて、看板屋をやっているようです。
真夏の作業の合間、くつろぐジェハ。
1hira3

大統領候補の垂れ幕を直す作業をたのまれて出向いたのですが、
時間外だということで追い返されそうになったところ、
掃除のおばさんが「無駄足になっちゃかわいそうだ」と助けてくれました。

垂れ幕修理作業中
1hira4

偶然、大統領候補チャン・セジュンの浮気場面を目撃してしまいます。
さらに、暴漢がビルに押し入り、さっきの掃除のおばさんが頭を殴られてしまい、思わず、ガラスを割って、暴漢たちと戦い、おばさんを助けます。

ガラスを割る場面と、話題のアクションシーン。

スポンサーリンク

大統領選候補者同士の対立

チャン・セジュンの浮気は日常的なものだけれど、
暴漢は、チャン・セジュンを陥れる勢力によるものだったようです。

チャン・セジュンの妻ユジンは財閥の娘で、夫を大統領にするための画策に余念がなく、浮気現場をみた「看板職人」を抹殺しようと指示をだします。
チャン・セジュンの警護員チュ室長は、ジェハの傭兵時代を知る人物で、逆に隊員たちが全滅するのではと心配します。

ジェハの家に暴漢が押し入りますが、全員ジェハに制圧。

チャン・セジュンと妻ユジン。
1hira5
チャン・セジュン
그 아이가 잘 못되면 우리 계약도 끝인걸 알죠?
アンナに何かあったら、俺たちの契約は終わりだって、わかっているよな?

ーーーーーーーーーーーーーーー
まだ色々謎が多いです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • ぽむ
    • 2016年 9月 27日

    ああ!かっこいい!
    いつもドラマのその人に嵌っていると思うのですが
    チャンウクくんは見れば見るほど、知れば知るほど
    彼自身に嵌ってしまいそうです。

    ヒーラーをようやっと脱出し、今は『ペクドンス』を見ています。
    ブロガーさんなどユ・スンホが本来の主役では?などと書かれていて
    そうかもと思いつつ見ていましたが泣きのシーンの彼を見ていると
    ぐっと自分にも母性本能あったんだあと思うほど可愛く感じました。
    昨日のブログに書いてられたようにこの辺りでアクション開眼でしょうか。

    ジョンソクくんはやはり『君の声が聞こえる』が一番好きです。

    ところで!
    わたくし…
    石田ラー?
    出版されているご本をあれから書い足して!
    まずはmp3に落として聞いております。
    本も開かないといけないですが…

    ブログ更新楽しみにしています^^

      • sokjon2016
      • 2016年 9月 28日

      ぽむさま
      コメントありがとうございます!
      そうなんですよね、私もあくまで「ヒーラー」という作品が好きなのですが、
      チ・チャンウクが好きになっているんですよね。
      「ペク・ドンス」、確かに共演の人たちも芸達者がそろっていますね。
      彼の顔立ちで時代劇は似合わないんじゃないかと思いましたが、
      『奇皇后』でも評判よかったから、違和感ないのですかね。

      そして!書籍のご購入、ありがとうございます~(涙)。
      これ以上のうれしいことがあろうかと、人生、頑張れそうです。
      また、今後ともよろしくお願いいたします!

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る